2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.27 (Tue)

テノール歌手、ウィーンに酔う。コラー・ピルス/ドゥンケル/スタロブルノ

おばんでございます


前回アップしたウィーン滞在記
ちょっと時間が経ってしまいましたが
続けるとしましょうか


さて・・・



2813Kai.jpg

のっけからゴキゲンな写真ですみません


「あれ?ビールじゃないの?」

なーんて声が聞こえてきそうですが


ウィーンの素晴らしい文化の一つ
「ホイリゲHeurige」
(ホイリガーHeurigerともいいます)


ウィーン郊外にある小さなワイナリーが
その年作られたワインを提供する、という
ビアガーデンもといワインガーデンです


「てかね、ウィーンを離れて戻ってくると
すぐにココ行くよ?俺」

…とウィーン在住の友人の言葉を間に受け


「じゃー連れてってー」


と全て丸投げして連れてってもらいました、
ホイリゲ!


路面電車にしばらく乗って
グリンツィングGrinzingという地域へ


駅から少し歩いて

ベートーヴェンの住んでいた家?を
音楽家のくせに
見ないで通り過ぎ

「マイヤー・アム・プファープラッツ」へ


IMG_2759.jpg

入り口はこんなです。
ちょっと入るのをためらう・・・?



門をくぐると、中庭がビア…じゃなかった
ワインガーデンになっています。


IMG_2760.jpg


飲み物はウェイターに注文し、
食べ物はお店の中に惣菜屋的なものがあるので
そこへ買いにいきます。


今回はチーズプレートとロールキャベツ、
サラダを数種類とスペアリブを選択


・・・で、冒頭のようなご機嫌な状態に
なるわけです


IMG_2813.jpg

友人ぞえが美人3人+イケメン1人を
急遽集めてくれて、とっても楽しい宴会


もうね、料理もワインも絶品(゚д゚)ウマー


みんな最初は探り探りワインを一本ずつ注文してましたが
ナンダカンダで最終的には3リットル
飲み干していました( ゚д゚)



ミュンヘンに戻ってきてからも
「いつまたあそこへ行けるか…」
スケジュールを眺めてしまっています(笑)


なんですが


ここにはビールがない!(´・ω・`) ショボーン


ワイナリーなんだから当然ですね


なのでウィーンにある小さなワイナリーでなく
小さな醸造所のビールをご紹介します
(あれ、これって前回と同じ・・・?)



で、今日のビールです。


コラー・ピルス
Kolar Pils

Kolarにて2、9ユーロ也

IMG_2773.jpg

コラーKolarという醸造所/レストランは
1987年創業。ウィーンの中でも最も古い建物の中で
営業しています。

IMG_2768.jpg


とってもフンイキの良いお店です。
「フラーデン」というピザの変化球みたいな物を
釜で焼いて出してくれるんですが、これまた美味い!


IMG_2771.jpg

美しい黄金色、ピルスにしてはやや甘め?
甘辛バランス良く後味フルーティ。





コラー・ドゥンケル
Kolar Dunkel

Kolarにて3ユーロ也

IMG_2772.jpg


おお、真っ黒です。カラメルの香り。
そして甘い…甘すぎる!十万石饅頭!!
少し水っぽくもあるので好みが別れるカモですね





スタロブルーノ
Starobrno

Kolarにて3ユーロ也


IMG_2769.jpg

これはこれは、珍しいチェコのビールです。
しかも樽生!!

チェコ第二の都市・ブルノに居を構える
1872年創業の醸造所です。

オーストリアって、こういう所が
ドイツと違うんですよね…
外国の物だろうがいい物はいい物として採用。
なーんて恐る恐る小声で言ってみたり。


濃いめの黄金色、ザーツ系ホップの香り。
めっちゃチェコビールっぽいです。
甘辛バランス良く、後味は軽い麦。美味!!


来月はツアーがたくさんあるので
ミュンヘン以外のビールを沢山ご紹介しますね






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
17:38  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.06.15 (Thu)

テノール歌手、ウィーンを飲み倒す。ズィーベン・シュテルンブロイ・ヘレス/ハンフ/ドゥンケルス/チリ

おばんでございます


前々回の更新から一人暮らしをしている
…的な事を言ってます


独り身で身軽なのを良い事に

ウィーンの友達のところへ遊びに行ってました

IMG_2777.jpg


とってもフンイキの良い、ウィーン7区にある
小さな醸造所併設のビアホールにてパチリ。

ちなみに黒板には
シュヴァインスブラーテンSchweinsbraten
「豚ステーキ」って書いてあります(笑)


このウィーン在住の彼は以前にも
当ブログにも登場
しててですね


芸大受験で知り合って(当時なんと2人は18歳
それからずーっと付き合いが続いているという…

なんとも貴重な、それでいて楽しい友人です


ミュンヘンからウィーンまでは
特急で4時間弱


IMG_02750.jpg

昔はいつも「ウィーン西駅」に到着していたんですが
今は「ウィーン中央駅」に到着します。

駅もすっかりキレイになって(デザイン自体は
ザルツブルク中央駅とクリソツですが)
なーんか昔を思い返すと、それだけでしみじみ



で、そんなウィーンの滞在はというとですね


IMG_02752.jpg


オペラ(写真上)で働いてる友人の終わりを待つ
     ↓
近くのビアホールで飲み始める
     ↓
家に帰ってからも飲む
     ↓
朝6時になったので昼過ぎまで寝る


以上、コレを3回繰り返しました。



(゚Д゚)


まさか36にもなって、こんな
大学生みたいな生活を送るとは
全く予想もしていませんでした


そして意外と、イケ、る…?


てか僕はヒマ人でしたが
友人は仕事をこなしながら付き合って
くれたんでした

ぞえ、どうもありがとう!


今日はもちろん、上の写真を撮った
ウィーンにある醸造所のビールをお届けします


で、今日のビールです。


ズィーベン・シュテルンブロイ・ヘレス
7 Sternbräu Helles

同ビアホールにて3,3ユーロ也


IMG_2774.jpg


「7つ星醸造所」という名をもつこの醸造所は
ウィーンの7区にある、小さな醸造所です。
創業に関しては色々調べたんですが
ホームページ等に記述がなく…
恐らく2000年前後だと思われます

特徴はスタンダードなビール以外に、かなり珍しい
独特なビール
を醸造しているという事!

今回は一気に4種類ご紹介します


IMG_2775.jpg

1つ目は王道のヘレスです。
黄金色で少し白濁。
草むら系のホップの香り。
味は心持ち辛口、とても美味しいです。





同・ハンフ
Hanf

値段も同上


IMG_2778.jpg


さて、一気に面白くなりましたね。

トレードマークを見れば一目瞭然ですが
ハンフHanfはドイツ語で「麻」
今色々と話題のアレです。


8703f4c9-s.png


もちろんお店のメニューには注意書きがあって
「香りと味わい以上の効果は
期待しないでください」

…と書かれています(笑)


実際飲んでみても、別にこれといって
「あぁ、これがアレの香りなのね?」
みたいな感じがするだけで、特に高揚感とか
そういうのがある訳ではありませんでした

同行者は「いやコレ回るよ」って言ってましたが





同・プラーガー・ドゥンケルス
Prager Dunkels



IMG_2776.jpg


濃いこげ茶色、カラメルやふ菓子の香り。
焦げの苦味を感じます。味は甘くないです。
口当たりスムーズ、後味長くカラメル香。





同・チリ
Chili


IMG_2779.jpg


今回の個人的ベストが、世にも珍しい
チリ・ビール
唐辛子が使われています

少し白濁した黄金色、香りがすでに
チリやパプリカの香りです。
味は意外や甘口…うっわ辛!
という感じです(笑)
舌の上にピリピリ感が残りますが、コレがなんとも
意外さと爽快さ?を感じてナイスでした


次回もウィーンで飲み倒してきた
ビールをご紹介します






人気ブログランキングへ
20:11  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.06.01 (Thu)

テノール歌手、車を洗う。 フックスベルガー・ピルスナー/シュテルンラ

おばんでございます


もう6月ですね!(゚Д゚)<カンナヅキー


ここのところミュンヘンはお天気続きで
ビックリするくらい暑かったりなんですが


天気続く
  ↓
花咲き乱れる
  ↓
花粉飛びまくる ←NEW!


という、ちょっと嬉しくない事も起こります。


鼻はムズムズイガイガ、そのかたわら
愛車をみてみると…きったねぇ!!



なので行ってきました


IMG_2735.jpg


洗車・イン・ミュンヘン!



「洗車なんて家の前でやればよくね?」


そう思ったアナタ!
環境大国ドイツではコレ罰金です。
しかも最悪の場合懲役刑という・・・


「洗車した排水を流さないでね」という意図なので
ガソリンスタンドとかの、きちんと排水設備が
整った所へ行って洗車しなくてはなりません


というわけで行ってみたのは近所にある
大きめのガソリンスタンドAllguthアルグート


allguth.png


とりあえず適当な所に車を停め
レジのおばちゃんに「洗車したいです」と言い。


「はいはい。スタンダード?セゾン?ロイヤル?」


( ゚д゚)ポカーン

どうやら洗車にもいろんなグレードがあるみたいで…


簡単に説明してもらって、
今回は「セゾン(ワックスあり)」を選択


IMG_2731.jpg


車を洗車機の中(赤いランプが点灯する位置)に停め、
渡されたレシートに書いてあるコードを入力。

ちなみに「洗車機」はドイツ語で
Waschstrasseヴァッシュシュトラーセ、
(洗い道)といいます。


IMG_2732.jpg


あとはボケーっと待っていれば終了。12ユーロ也。


なーんだ、カンターン(゚∀゚)


ちなみに洗車前

IMG_2723.jpg

          

IMG_27370.jpg

洗車後、です。

写真を見てあたらめて感じる
車の汚れっぷりと花粉の飛びっぷり(笑)


ああ、何かがキレイになるってのは
本当に気分が良いモンですね(´A`)


そんなわけで気分良く
ビールを飲むことにしましょうか…



で、今日のビールです。


フックスベルガー・ピルスナー
Fuchsberger Pilsner

ビール研究会会員W.K.氏より寄贈

IMG_2724.jpg


このブログにしばしば登場する友人/同僚の
ヴォルフガング氏。以前もたくさんビールをくれました
今回も「Taroお前このビール知らねーだろ。やる」
…と持ってきてくれました。

彼の出身地レーゲンスブルクの北50キロ、
チェコとの国境近くにある醸造所で
正式名称はフックスベルク城醸造所。
創業は1663年。


IMG_2725.jpg


レモン〜淡い黄金色。
ピルスナーの割にとても麦の香り、
味はやや苦めの辛口。でも甘い後味もあいまって
ヘレスとピルスの中間みたいな感じです。
バイエルン人に好まれそうなビールです。






シュテルンラ
Sternla

ビール研究会助手M.T.氏のおみやげ


IMG_2714.jpg

ニュルンベルク北西50キロ、
ヴュルツブルクという街にある醸造所で
2013年に出来立てホヤホヤです。


IMG_2715.jpg


美しい黄金色、とても強い麦の香り。
泡持ちは弱め。
味はやや甘め、後味で苦味。
ミュンヒナーっぽいかな…?


心も車もキレイになったところで
今月も頑張っていきましょう!!





人気ブログランキングへ
13:45  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.05.23 (Tue)

はじめてのおつかい ツィルンドルファー・ラントビーア/パウラーナー・ツヴィックル

おばんでございます



実は今


一人暮らしをしています(゚Д゚)<ネットデCHINTAI-


・・・というのも奥さんがコンサートで
日本に一時帰国してしまったからなんです


あまり家事をやらない得意としない僕のために
出発前に奥さんがいろんな物を冷凍してってくれましたが
足りない物が出てくると・・・


IMG_2699.jpg

こうやって恐る恐る一人で車に乗り
安売りスーパーまで買い物に行っています

(『そんなん当たり前だろ(゚Д゚)ゴルァ』って声が聞こえてきますが
免許取ってまだ3ヶ月なので温かい目で見てください)


一人だと写真を撮るのもセルフィーなので
買い物感を出そうとすると微妙な構図になってしまいますね…
買った物を抱えて運転してる訳ではないです(笑)



そして僕が一人身になったのを聞いた同僚は

「よし飲みに行くぞ」
「土曜日バーベキューねー」
「来週の空いている日を教えろ。全部


…か、
身体を壊さない様に気をつけたいと思います…



で、今日のビールです。


ツィルンドルファー・ラントビーア
Zirndorfer Landbier

EDEKAにて80セントくらいだったと思う也

IMG_2696.jpg


ツィルンドルフ醸造所は創業1674年、
ニュルンベルクという街の郊外にあります。


logo-shadow.png

ココのビールはミュンヘンより北に行くと
割とよく見かけるんですが

僕が愛してやまない本家バドワイザー
(ブドヴァイゼル)とロゴが似ているんですよ

Tx7ctJE7.jpg
ね?


ロゴを白抜きにしても


12848011_1_640x640.jpg1962233_Zirndorfer-Kellerbier-naturtrueb-oder-Landbier_xxl.jpg

似ているんです


いや、でもこうやって並べてみると
そうでもない気もしてくる…?


IMG_2697.jpg


琥珀色〜泡めの茶色。
甘いパンみたいな香りがします。
味は心持ち甘め、カラメルの風味。
後味はずーっと麦です。






パウラーナー・ツヴィックル
Paulaner Zwickl

REWEで1ユーロくらいだったと思う也

IMG_2670.jpg

パウラーナー醸造所はこのブログに
何度も登場しています

ミュンヘン6大醸造所の一つで、日本でも
割と知られている醸造所かもしれません。

こちらの銘柄は「無ろ過」がウリのツヴィックル、
最近バンバン広告が打たれています


IMG_2671.jpg

黄金、白濁しています。
干し草系の自然を感じる香り。
甘辛バランスがとても良いです。
スッキリ+マイルド。後味は豊かな麦。


次の更新は体調に気をつけつつ
家事の合間を縫って!お届けします






人気ブログランキングへ
20:19  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.05.13 (Sat)

楽譜を外して目立ちすぎないさじ加減とは ホップスター/レーダラー・ピルス

おばんでございます


ようやく暖かくなってきました、ここミュンヘン


そんな春らしい陽気の中
今はモツレクをやっています

そう、モーツァルトのレクイエム。

略して「モツ・レク」。


クラシック音楽をあまりご存知ない方でも
ベートーヴェンの「第九」と並んで
よーく知られている作品の一つです


90年代に話題になった映画「アマデウス」でも
この曲が大きく取り上げられましたね


そんな「モツ・レク」。

このブログでも何度か登場しましたが


今回はというと



IMG_2682.png

なんとまぁ舞台のど真ん中で
しかも夫婦並んで歌っています(゚Д゚)




IMG_2689.png

↑真ん中にいるの、わかりますかね?


コンサートの様子は、バイエルン放送のホームページから
視聴できます。

BR-Klassik Concert

指揮は社長のマリス・ヤンソンス、
オケはバイエルン放送響で
合唱はもちろんバイエルン放送合唱団です。


※シェーンベルクの「ワルシャワの生き残り」
という作品と二本立てだったんですが、現時点では
モツレクだけ見られるみたいです。


お時間のある方はゼヒ!



そんな今日もこれからコンサートなんですが
それでも大丈夫!珍しいビール系ノンアルコール飲料を
ご紹介します



で、今日のビールです。


ホップスター
Hopstar

ウィスキー・メッセにて試供品


IMG_2690.jpg



○ップスターというと、どうしても

ナビスコチップスターS


コレが思い浮かんでしまいますかね(´A`)


「チ」ではなく「ホ」です(笑)


バイエルンでビール醸造を学んだヨナス・ザイドルさんが
ホップをジュースにしてみてはどうか?
という事で作って見たホップのジュースです。
もちろんアルコールフリー


IMG_2691.jpg


透明に近いレモン色、南ドイツやオーストリアでおなじみの
白ワインを炭酸水で割ったヤツ(Weisswein G'spritzt:
ヴァイスヴァイン・クシュプリッツト)に似た感じです。
香りはホップの香り…というよりはちょっと植物性の化粧品とか
花とか、そういう匂いがします。
味はリモ(ジュース)なだけあって、甘いです。でも甘すぎず
ほのかな甘みとホップの香り・苦み。

美味しい!コレ、売れるよ!(゚д゚)ウマー

…と思ったら結構な数のお店で
取り扱われているみたいです
(ドイツ・オーストリア・ポーランドなど)


見つけたら即!買い!ですね





レーダラー・ピルス
Lederer Pils

ニュルンベルクのスーパーにて70ユーロセント位だったと思う也


IMG_2646.jpg


こちらは普通のビール(ピルス)です。

注:コンサート前に飲んでいるわけではなく
コレは書き溜めておいたものの一つです



ニュルンベルクにある醸造所で、元をたどれば
15世紀(!)から続く醸造所なんですが
この名前に落ち着いたのは1804年。


IMG_2647.jpg

淡目のレモン〜黄金色。
ピルスの割に麦の香りが強く感じます。
おお、辛口!かなり苦いです。
後味もしっかりと苦味。舌の上に残ります

今日はこんなところで…
ミュンヘンもだいぶ春らしくなってきましたし
次はビアガーデンからお届けできたら…?
なーんて思っています。

ではではコンサート頑張ってきます






人気ブログランキングへ
11:22  |  ノンアルコールビール  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT