FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.09.20 (Thu)

国が変われど(ほとんど)変わらぬ味 軽井沢高原ビール・春限定/クラフトザウルス

おばんでございます


「ねぇ、好きな食べ物なに?」


…というのは割とインターナショナルな
話題の一つだなと感じます。

お天気の次くらいによく使えるネタでしょうか?


好きな飲み物は?と聞かれたらもちろん

「ルービー」と答えますが


好きな食べ物は?と聞かれたら

「唐揚げ」(フライドチキン含)

と答えます。


IMG_04122.jpg



三十代後半に差し掛かってからは、あまり油物を食べると
もたれたり体調が悪くなったりするので(やれやれ)
それなりに自重していますが…


数ヶ月に一度、こういう物が
ポストに放り込まれるんですね


IMG_4116.jpg


ケンタッキークーポン
キタ―――(゚∀゚)―――― !!



そう、日本でおなじみケンタッキー

ここドイツにも普通に存在します。
ちなみにKFC「ケーエフシー」または「カーエフツェー」
と呼びます。

CasQY_xWIAAIU5v.png



そんな中でもコレ!


IMG_4118.jpg


チキン6つとポテトL2つで
なんと9,99ユーロ(≒1300円)



この時ばかりはついついフライドチキンを
食べてしまいます。(゚д゚)ウマー


しかも味付けは概ね日本と同じ



え?カロリー??ダイエット???


(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい


フライドチキンのベストフレンドは
もちろんビールですよね!となると・・・



で、今日のビールです。


軽井沢高原ビール 春限定
Karuizawa Kougen Beer Spring only

軽井沢アウトレットにて300円位だったと思う也

IMG_4098.jpg


「軽井沢高原ビール」と銘打っていますが
醸造はブログでも何度も紹介している
ヤッホーブルーイング。

地域密着/地産地消のラインナップみたいですね


IMG_4099.jpg


濃いめの黄金色。
草原系の爽やかなホップの香り、
甘辛バランス良し、しっかりボディ。
後味甘い香りです。春らしい、か…?






クラフトザウルス
Craft Zaurus

軽井沢アウトレットにて300円位だったと思う也

IMG_4100.jpg

同醸造所の、軽井沢限定銘柄です。


IMG_4101.jpg


かなり濃い黄金、少し濁っています。
強いグレープフルーツ系ホップの香り。
味はかなり苦めで後味は長ーーく
グレープフルーツホップの香りが残ります。





ケンタッキーバケットを頭に乗せ
喜び勇んで撮影した冒頭の写真でしたが。


IMG_4125.jpg

あまり慣れない事は、するもんじゃないですね






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
16:40  |  ビール・日本JP  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.09.12 (Wed)

あゝ、終わってしまった夏休み シュティフトゥングスブロイ・ヘレス・フォルビーア/ヴィンクラーブロイ・クプファー・シュペツィアール

おばんでございます


ああ・・・

遂に終わってしまった夏休み(´A`)


IMG_9652.jpg

こんな風にビアガーデンで
のんびりしていた日が懐かしい…遠い目



久々に職場に行ってみると


みんなに挨拶したりとか

(よりによって今日の編成がとても大きかったので
3歩進む度に誰かと話していました…)


今週稽古する曲や編成を確認したりとか

誰が上を歌うのか下を歌うのか振り分けたり
誰がどこに座るのかを決めたりとか


どのプロジェクトに誰が来るのかを
改めて確認したりとか
(そしてキャンセルの多い事!

お願いしておいた事を全然やってくれてない
事務にブチ切れたりとか


あまりにやる事が多すぎて、そしてなにより
ここまで頭を使うのも久々すぎて
かーなーりーテンパってしまいました


まぁ、夏休み明けというのは
どこでも同じですかね


休みボケを早めに治して、
一日も早く完全に社会復帰したいものです。。。


無い頭使った分は、ビールでも飲んで
リラックスしましょう



で、今日のビールです。


シュティフトゥングスブロイ・ヘレス・フォルビーア
Stiftungsbräu Helles Vollbier

ビール研究会賛助会員C.H.氏より寄贈

IMG_3854.jpg

シュティフトゥングス醸造所(日本語に直訳すると
『財団醸造所』、慈善事業と関係があったみたいです)は
1891年創業。ミュンヘン近くのエルディングErdingという
街にあります。


IMG_3855.jpg

少し淡めの黄金、泡持ち良。
とても「穀物」の香りが強いです
ヘレスにしては辛口、後味軽く麦の香り。
おお!これは僕の好みです








ヴインクラーブロイ・クプファー・シュペツィアール
Winkhler Kupfer Spezial

ビール研究会賛助会員C.H.氏より寄贈

IMG_4096.jpg

ニュルンベルク南東約50キロ、
フェルスブルクという街にあります。
創業は1628年。


IMG_4097.jpg


クプファーKupfer(銅)という名前だけあって
赤みがかったこげ茶色。
麦の香りと、ドゥンケルにしては草原系のホップ香、
味は心持ち甘め、でもドゥンケルにしては(以下略)
後味長くカラメル香。


シーズン中も更新、頑張りまっす!!





人気ブログランキングへ
16:41  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.08.31 (Fri)

これぞ、ドイツの夏。国技:バーベキュー ラッペン・ヴィンター/トゥルーマー・ツヴィックル

おばんでございます


おお、気づけば今月は
なんと5回更新( ゚∀゚)ウヒョー!!

2014年1月以来ですから
4年半振りの快挙ですなエッヘン


本日は8月31日、

夏休み最後の日(゚Д゚)

ですね。



今年は日本だけでなくここミュンヘンも
記録的な暑さでしたが

ここ数日は雨も降ったりして随分涼しくなり
まさに秋の気配といったところです



程よく涼しくなってきたのもあって
近くの湖にバーベキューへ。


IMG_04087.jpg



湖といっても「水たまりプラスα」くらいですが
夏休み中とはいえど今日は平日、人もまばらで
好きなところに陣取りできる感じです


IMG_4090.jpg

なーーーーんもしないでボケーっと
肉を焼きながらビールを飲んでいると

ああ、ドイツらしい休暇を過ごしているなぁ

と感じます。


バーベキューのかたわらで
ひしひしと恩恵を感じるのが

IMG_4089.jpg

このステンレスタンブラー

もちろんメイドインジャパン


でもこういうコップはこちらでは
ほとんど目にしません

エコ云々には目がない人達なのに
どうしてこれは普及しないのか不思議です…


IMG_4092.jpg

ま、それはさておき

どうしてこんなに
焼きおにぎりってのは
美味しいんでしょうね(゚д゚)ウマー



明日からは9月!

シーズン18/19開始に備えて
夏休みボケで鈍ったノドを
ぼちぼち叩き起こ…


(∩゚д゚)アーアーきこえない



で、今日のビールです。(笑)


ラッペン・ヴィンター
Rappen Winter

ビール研究会賛助会員C.H.氏より寄贈

IMG_4088.jpg

ラップ醸造所はミュンヘンの北東約60キロ、
クッツエンハウゼンという街にあります。
創業は1893年。

ココは基本的に「宅配のみ」という
珍しいシステムを採用している会社です


色はタンブラーから飲んだので不明、
多分濃いめの黄金色?かしら?
強い甘い香り、シナモンの様にも感じます。
甘口、でもそこまで甘くない。
後味も長く独特の香り。





トゥルーマー・ツヴィックル
Trumer Zwickl

ビール研究会賛助会員T.Z.氏より進呈

IMG_4081.jpg

トゥルーマー醸造所は何度も登場していますね、
ザルツブルクの醸造所です。


IMG_4082.jpg


黄色寄りの黄金色、白濁しています。
草むら・お花・フルーティな香りが
控え目に混ざっている?
やや辛口、飲み口とてもマイルド、
後味長くホップの香り。美味!






人気ブログランキングへ
11:46  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.08.25 (Sat)

なんて素晴らしい、ドイツ語でフランスのワイナリー訪問 コルマール・トラディスィオーン/ラ・リコールヌ

おばんでございます


前回の続きになりますが
ドイツ語も通じるフランス滞在記、続けましょう


IMG_09518.jpg

リクヴィールのワイナリー訪問後(後述)
戦利品を抱え、ご機嫌のあまり足が交差しています



ストラスブールをさらっと巡った次の日は
奥さんたっての希望で、そこから少し離れた
コルマールColmarという街へ。


IMG_3914.jpg

ここいら一帯はワイン製造が盛んな地域なので
道中は一面のぶどう畑が見渡せます


IMG_3904.jpg

街はストラスブールよりも田舎な感じ?
その分よくコンパクトにまとまっていて
効率良く観光できました


IMG_9504.jpg

奮発して入ったミシュラン星つきレストランにて。
でもランチタイムだったので
とてもおトクに食べられましたホッ



その後は知る人ぞ知るリクヴィールRiquewihr、
「フランスの最も美しい村」の一つに
定められている村へ。


IMG_9513.jpg

門を抜けて街に入ります


IMG_3927.jpg

う、美しい・・・


IMG_9511.jpg

でもそれにしてもすごい人、人、人・・・



観光もそこそこに(割とコルマールに似ていた
というのもあります)街を離れて

IMG_9520.jpg

帰路の途中でたまたま見かけた
ワイナリーへふらっとin


IMG_9516.jpg

ここでは色々と試飲させてくれて
でもってああだこうだ言いながら
希望する銘柄を箱に詰めてくれます

もちろんドイツ語OK


そして冒頭の写真がソレな訳です。


え…ワインばっかりでビールがないって?

ちゃんと飲んできたのでご安心ください!



で、今日のビールです。


コルマール・トラディスィオーン
Colmar tradition

スーパーにて1,5ユーロ位だったと思う也


IMG_3933.jpg


今回訪れた街、コルマールにある
醸造所です。創業は1919年。ヴェルサイユ条約!

IMG_3934.jpg

オレンジがかった黄金色、白濁。
泡持ち非常に弱めで
香りはフローラルなホップの香り。
味はかなり辛口!
甘みを感じるケラービーアぽいかなと思ったら
そうでなくて珍しい、でも美味
後味とても長くホップの香り。





ラ・リコールヌ
La Licorne

Au quai de l‘illにて5.4ユーロ也


IMG_3896.jpg

ストラスブールから北東に30キロほど、
サヴェルヌという街にあります。創業1845年。

濃いめの黄金、泡持ちかなり弱め、
フローラルかつ草原系ホップの香り。
やや甘口、ライトボディで
とても飲みやすいです


短いフランス滞在でしたが、とてもとても
良い時間を過ごせました
次回からは通常営業!





人気ブログランキングへ
15:22  |  ビール・フランスFR  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.08.19 (Sun)

ドイツ語で事足りるフランスの旅 フィッシャー・トラディスィオーン/ブロンデ

おばんでございます


突然ですが



フランスへ行ってきました(゚Д゚)<フランセー



IMG_3882.jpg


…と言っても、おフランスなパリ!とか
南仏マルセイユ!とかではなく


ドイツ国境のすぐそばにある
ストラスブールという街です


IMG_9489.jpg

名物その1、フラムクーヘン。
原始的なピザとでも言いましょうか



このあたりは「アルザス地方」と呼ばれ
まぁーフランスとドイツが取ったり取られたり
繰り返してきた地域なんですね。


その関係上、フランスにありながらも
ほぼ確実にドイツ語が通じます。


印象的だったのは、みんな英語を喋りたがらないのに
ドイツ語は「あーOKOK」となるところ


二次大戦でナ○チス・ドイツがここいらの地域に
やった事を考えると、ドイツ語を発するのは
ちょっと躊躇しちゃうんですけどね



そんな、ストラスブール。


IMG_3898.jpg

名物その2、エスカルゴ。



ストラスブールへは、ミュンヘンから
車でおよそ3時間半!あっという間です。

郊外のホテルにチェックインし、到着したら
そそくさと街中へ


そのまま運河クルーズに参加しました。


IMG_3883.jpg


このツアーはストラスブール在住の後輩が
教えてくれたんですが


めちゃくちゃオススメです!

IMG_9467.jpg


ストラスブールの街を走る運河を
1時間以上かけてゆっくりクルーズしながら
要所要所で、歴史とか由来とかの解説を
日本語で聞けちゃうんです。


中でもびっくりしたのが…


IMG_3887.jpg

コレです。

あ、コレ、運河で高低差がある時に
船を部屋に入れて水面を調整するヤツ、

なんて言うんだろ?





……


調べてみたら「閘門」

「こうもん」というそうです


変換ミスには注意しないといけませんね


IMG_3893.jpg

前の写真と比較して、水位が上がっているの
わかりますかね?

こんなクルーズの中で「閘門」まで
見せてくれるなんて!


「閘門」ですよ「閘門」!




すいません、ふざけすぎましたね



気を取り直して
フランス産ビールいってみましょう



で、今日のビールです。

フィッシャー・トラディスィオーン
fischer tradition

スーパーで1,5ユーロ位也

IMG_4046.jpg

フィッシャー醸造所は、ストラスブール北の
シルティカイムという街にある醸造所です。
創業は1821年。
ビンがとってもラブリーです


IMG_4047.jpg


少し黒みがかった黄金色。
爽やかなホップの香りと麦香、炭酸弱め。
味は甘口。でもライトなので飲みやすい
後味は麦。

黒みがかったといえば?
こんなのこんなのを以前ご紹介しましたが

ラテン系の国は、黒みがかる傾向が
あるんですかね?





フィッシャー・ブロンデ
fischer blonde

スーパーで1,5ユーロ位也

IMG_4021.jpg

同醸造所の別銘柄です。
「ブロンデ」というからには
「ヘレス」的な物を期待していたのですが…?


IMG_4022.jpg


琥珀色、泡持ち弱め。
んん?リンゴ?レモン?レモンティーか?
なんじゃこら?という香り
ラドラーみたいな味わい、でもコクがある
とても飲みやすいです。
変化球ではあるけどとても美味


次回もフランス発のビールを
ご紹介します!!







人気ブログランキングへ
09:53  |  ビール・フランスFR  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT