2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.23 (Tue)

はじめてのおつかい ツィルンドルファー・ラントビーア/パウラーナー・ツヴィックル

おばんでございます



実は今


一人暮らしをしています(゚Д゚)<ネットデCHINTAI-


・・・というのも奥さんがコンサートで
日本に一時帰国してしまったからなんです


あまり家事をやらない得意としない僕のために
出発前に奥さんがいろんな物を冷凍してってくれましたが
足りない物が出てくると・・・


IMG_2699.jpg

こうやって恐る恐る一人で車に乗り
安売りスーパーまで買い物に行っています

(『そんなん当たり前だろ(゚Д゚)ゴルァ』って声が聞こえてきますが
免許取ってまだ3ヶ月なので温かい目で見てください)


一人だと写真を撮るのもセルフィーなので
買い物感を出そうとすると微妙な構図になってしまいますね…
買った物を抱えて運転してる訳ではないです(笑)



そして僕が一人身になったのを聞いた同僚は

「よし飲みに行くぞ」
「土曜日バーベキューねー」
「来週の空いている日を教えろ。全部


…か、
身体を壊さない様に気をつけたいと思います…



で、今日のビールです。


ツィルンドルファー・ラントビーア
Zirndorfer Landbier

EDEKAにて80セントくらいだったと思う也

IMG_2696.jpg


ツィルンドルフ醸造所は創業1674年、
ニュルンベルクという街の郊外にあります。


logo-shadow.png

ココのビールはミュンヘンより北に行くと
割とよく見かけるんですが

僕が愛してやまない本家バドワイザー
(ブドヴァイゼル)とロゴが似ているんですよ

Tx7ctJE7.jpg
ね?


ロゴを白抜きにしても


12848011_1_640x640.jpg1962233_Zirndorfer-Kellerbier-naturtrueb-oder-Landbier_xxl.jpg

似ているんです


いや、でもこうやって並べてみると
そうでもない気もしてくる…?


IMG_2697.jpg


琥珀色〜泡めの茶色。
甘いパンみたいな香りがします。
味は心持ち甘め、カラメルの風味。
後味はずーっと麦です。






パウラーナー・ツヴィックル
Paulaner Zwickl

REWEで1ユーロくらいだったと思う也

IMG_2670.jpg

パウラーナー醸造所はこのブログに
何度も登場しています

ミュンヘン6大醸造所の一つで、日本でも
割と知られている醸造所かもしれません。

こちらの銘柄は「無ろ過」がウリのツヴィックル、
最近バンバン広告が打たれています


IMG_2671.jpg

黄金、白濁しています。
干し草系の自然を感じる香り。
甘辛バランスがとても良いです。
スッキリ+マイルド。後味は豊かな麦。


次の更新は体調に気をつけつつ
家事の合間を縫って!お届けします






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:19  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.05.13 (Sat)

楽譜を外して目立ちすぎないさじ加減とは ホップスター/レーダラー・ピルス

おばんでございます


ようやく暖かくなってきました、ここミュンヘン


そんな春らしい陽気の中
今はモツレクをやっています

そう、モーツァルトのレクイエム。

略して「モツ・レク」。


クラシック音楽をあまりご存知ない方でも
ベートーヴェンの「第九」と並んで
よーく知られている作品の一つです


90年代に話題になった映画「アマデウス」でも
この曲が大きく取り上げられましたね


そんな「モツ・レク」。

このブログでも何度か登場しましたが


今回はというと



IMG_2682.png

なんとまぁ舞台のど真ん中で
しかも夫婦並んで歌っています(゚Д゚)




IMG_2689.png

↑真ん中にいるの、わかりますかね?


コンサートの様子は、バイエルン放送のホームページから
視聴できます。

BR-Klassik Concert

指揮は社長のマリス・ヤンソンス、
オケはバイエルン放送響で
合唱はもちろんバイエルン放送合唱団です。


※シェーンベルクの「ワルシャワの生き残り」
という作品と二本立てだったんですが、現時点では
モツレクだけ見られるみたいです。


お時間のある方はゼヒ!



そんな今日もこれからコンサートなんですが
それでも大丈夫!珍しいビール系ノンアルコール飲料を
ご紹介します



で、今日のビールです。


ホップスター
Hopstar

ウィスキー・メッセにて試供品


IMG_2690.jpg



○ップスターというと、どうしても

ナビスコチップスターS


コレが思い浮かんでしまいますかね(´A`)


「チ」ではなく「ホ」です(笑)


バイエルンでビール醸造を学んだヨナス・ザイドルさんが
ホップをジュースにしてみてはどうか?
という事で作って見たホップのジュースです。
もちろんアルコールフリー


IMG_2691.jpg


透明に近いレモン色、南ドイツやオーストリアでおなじみの
白ワインを炭酸水で割ったヤツ(Weisswein G'spritzt:
ヴァイスヴァイン・クシュプリッツト)に似た感じです。
香りはホップの香り…というよりはちょっと植物性の化粧品とか
花とか、そういう匂いがします。
味はリモ(ジュース)なだけあって、甘いです。でも甘すぎず
ほのかな甘みとホップの香り・苦み。

美味しい!コレ、売れるよ!(゚д゚)ウマー

…と思ったら結構な数のお店で
取り扱われているみたいです
(ドイツ・オーストリア・ポーランドなど)


見つけたら即!買い!ですね





レーダラー・ピルス
Lederer Pils

ニュルンベルクのスーパーにて70ユーロセント位だったと思う也


IMG_2646.jpg


こちらは普通のビール(ピルス)です。

注:コンサート前に飲んでいるわけではなく
コレは書き溜めておいたものの一つです



ニュルンベルクにある醸造所で、元をたどれば
15世紀(!)から続く醸造所なんですが
この名前に落ち着いたのは1804年。


IMG_2647.jpg

淡目のレモン〜黄金色。
ピルスの割に麦の香りが強く感じます。
おお、辛口!かなり苦いです。
後味もしっかりと苦味。舌の上に残ります

今日はこんなところで…
ミュンヘンもだいぶ春らしくなってきましたし
次はビアガーデンからお届けできたら…?
なーんて思っています。

ではではコンサート頑張ってきます






人気ブログランキングへ
11:22  |  ノンアルコールビール  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.05.03 (Wed)

寒い日々にはコレです:火鍋! マイヤーブロイ・アルトミュンスター・Anno 1658/パーター・シモン・ピルス

おばんでございます


前回もミュンヘンが寒いって書きました

今朝も目を覚ましてみると
IMG_2657[553]
こんな感じで相変わらず寒いです


ここまで寒いんだから!
…ということで


火鍋に行ってきました



火鍋は日本でもポピュラーでしょうかね?


語弊があるのを百も承知で雑に言う

日本の鍋プラスしゃぶしゃぶを
スパイシーで辛いスープでやる

みたいな物です。

muji_hotpot_1.jpg
無印にも、こんなのあるんだ・・・


今回選んだ店はミュンヘン市内の
ユーラン(Yulan/玉蘭)というお店。

Yulan-Muenchen.jpg

前に一度行ってとても良かったのでリピーターです


お店のHPはコチラ


お店はちょっとモダンな感じで
店員さんの感じもとても良し

IMG_2666.jpg

メンバーが揃うまで
ビールを飲んで待ちます


みんな揃うと、こうやって
お肉や野菜のお皿が運ばれてきて…

348s.jpg


あとは食らうのみ


IMG_2667.jpg

右側のが辛い鍋(辛さレベルは5段階の3)
手前の小さい鍋は辛くない物です。

牛肉・豚肉・鶏肉・羊肉・肉団子、
魚(恐らくタラ)・エビ・ビーフン・ジャガイモ、
キノコ・白菜・キクラゲ・ブロッコリー、豆腐。

14枚の皿にテーブルが埋め尽くされましたが
なんとかほぼ完食


それにしても

70ac78fa.jpg

からい!辛い!!KARAI!!!

本当冗談抜きにして、5段階の5(最強)を
注文したらどうなっちゃうんでしょう?

自分で調合(?)する薬味で
ごま油やゴマだれを多めにして調節するみたいですが

でも辛い物って、なんというか止められないというか
中毒性?みたいなのがありますよね

美味しく食べて、
お腹も身体も夜中までポカポカでした


そんなユーラン、ビールは既出の
エルディンガー
でした。ので!

またも同僚からプレゼントしてもらった
ビールをご紹介したいと思います



で、今日のビールです。


マイヤーブロイ・アルトミュンスター・Anno 1658
Maierbräu Altomünster Anno 1658

ビール研究所所員B.S.氏より寄贈

IMG_2651.jpg

この醸造所は去年ブログに登場しました
無濾過のツヴィックル・ビールです。


IMG_2652.jpg


オレンジがかった黄金色、白濁しています。
あれ…少しサビみたいな香りが…
オフフレーバー?
味は少し甘口、後味は麦。





パーター・シモン・ピルス
Pater Simon Pils
ビール研究所所員B.S.氏より寄贈

IMG_2664.jpg

1本目のビールを若干ネガティヴに評価したところ
「それならコレはどうだ!試してみろ!!」
…とリベンジで持ってきてくれたのが
この2本目です(笑)

ベルンハルト(彼の名前)あなたいい人ね

カップラー醸造所も1本目のマイヤー醸造所と同じ
ミュンヘン郊外のアルトミュンスターにあります。
ホテル・レストランと一緒になった小さい醸造所ですが
創業はなんと1561年!


IMG_2665.jpg


淡めの黄金色。
ピルスにしては麦が強めの香り。
麦味のある苦味、といった感じで
とてもバイエルンぽい味。
後味は草原系のホップの香りが少し。


後日談:「このピルス美味しかった!」と
彼に伝えたところ、それはもう大喜び。

冗談で「1ケース欲しいくらいだよ」と言ったら
「よし、金曜日車で行くから持ってってやる」
とリアルな返答が

「ミュンヘンじゃなかなか買えないし」
「いやマジで俺醸造所のすぐそばに住んでるし
遠慮しなくていいから。本当に」

しばらくやり取りした後に固辞しましたが
みーんなどうして、贔屓の醸造所に関しては
とっても熱心になるから面白いです






人気ブログランキングへ
21:00  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.04.22 (Sat)

いつも雪が降るイースター ヴルムヘーリガー・メルツェン/オッタクリンガー・ヴィーナー・クミッシュテス

おばんでございます


イースターも過ぎ、ここミュンヘンはなんと



4月半ばなのに、です…



なぜかいっつもイースターの時期は
こうやって寒いんですよね

DSC_0428.jpg
↑繰り返します、4月半ばです



窓から差す日の光は春の色なのに、
外に出てみるとまだまだ寒いです


早く本格的に春にならないかなぁ…
ビアガーデンで一杯やるのが恋しいです


そんな今回は古巣ザルツブルクで新たに見つけた
オーストリア産のビールをご紹介します


で、今日のビールです。


ヴルムヘーリガー・メルツェン
Wurmhoeriger Maerzen

BILLAにて60ユーロセント也

IMG_2628.jpg


ザルツブルクの北50キロ、ドイツとの国境近くの
アルトハイムという街の醸造所です。
創業は1652年。


IMG_2629.jpg


レモンがかった淡い黄金色。
とても強い麦の香りがします。
やや甘口、ひねっていない?素直な味です。
少し水っぽいかもですがとても飲みやすく
後味も豊かな麦の甘みが残ります。





オッタクリンガー・ヴィーナー・クミッシュテス
Ottakringer Wiener Gmischtes
BILLAで70ユーロセントくらいだったと思う也

IMG_2630.jpg


オッタクリンガーはこのブログでも
コレとか コレとか
何度も取り上げましたね

ソコの新銘柄です。
(…って今回はかなり久しぶりにオーストリアへ
行ったので、そこまで新しくないかもですが

「クミッシュテス」とは、オーストリア/バイエルンの方言で
「ミックス」のこと。
ヘレスとドゥンケルを混ぜた物みたいです…

IMG_2631.jpg


濃いめの琥珀〜茶色、
草原系の爽やかな香り。
少し辛口で、例えづらい味なんですが
とても美味です。まさにヘレスとドゥンケルの
いいとこ取りかなーと。


今回はちょっと駆け足更新に
なってしまいました
次の更新は気合を入れまーす!!






人気ブログランキングへ
14:13  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.04.12 (Wed)

なんちゃって登山のススメ クリュー・レパブリック・イージー・サマービアー/ドルンケンセーラー

おばんでございます


もう早いもので4月ですね( ゚Д゚)ウズキー


世の中はイースターに向かっていますんで…

イースター音楽祭が目白押し!



その関係で現在スイス・ルツェルンに来ています


IMG_6492.jpg
なんちゃって山登り(後述)の際にパチリ。


ルツェルンは1年に1~3回は訪れる街なので
当ブログにも何度も 何度も登場していますが。


今回の滞在で空いていたのは
演奏会当日の午前中のみでしたので

以前行った事のある山・ピラトゥスPilatus
「短時間バージョン」を試してみました


ルツェルン駅からバス1番で15分行けば
山のふもとにあるゴンドラ駅に到着

IMG_6455.jpg
颯爽とゴンドラに乗り込みます


ピラトゥス山の頂上に行くのなら
そこからコレに30分程度乗ってですね

IMG_6462.jpg


ゴンドラ終点駅に着いたらそのあとは
山頂までロープウェイに乗るんですが。


今回僕たちは一番最初のゴンドラ駅で下車。


ものの10分ちょいのゴンドラの旅でしたが


IMG_6472.jpg


コレだけで標高は1000メートルを超え、
ほとんどの人は山頂まで行くのでココを素通り
(上の写真、ゴンドラがずーっと向こうに
続いているのわかりますかね?)


土曜日のお昼という最も混雑する時間帯でも
簡単に山小屋レストランでテラス席をゲット


ゴキゲンな天気もあいまってビールが(゚д゚)ウマー



今回、めっちゃノープランでの試みでしたが

ルツェルン中心街から2~3時間くらいで
山登り気分を満喫!できる上

山頂までは74フラン(=8000円)かかる所が
一つ目のゴンドラ駅までなら20フラン(=2200円)

お財布にも優しくておススメです


でも山小屋で飲んだビールはドイツビールの
エルディンガー
でしたけどね(´・ω・`) ショボーン


なので行きがけの電車で飲んだビールを
ご紹介しましょう


で、今日のビールです。


クリュー・レパブリック・イージー・サマービアー
Crew Republic Easy Summerbeer

ミュンヘン中央駅Yormasにて2,2ユーロ也

Crew2-2.jpg
なかなか挑戦的?なトレードマークの
クリュー・レパブリック醸造所。

なんと、ウチからちょっと行った所に
あるんです(゚Д゚)ゴキンジョー


創業は2011年、ミュンヘン市内で醸造していましたが
2015年に「おらが街」ウンターシュライスハイムに
新しい醸造所をオープンしました。


醸造所の噂はかねがね耳にしていましたが
まさかミュンヘン中央駅で売っているなんて!


IMG_2620.jpg

ビンから直接飲んだため色は不明(すみません
ホップと麦がバランス良く香ります
味はやや辛口、心地よい飲み口です。
後味は軽く苦みが残ります。





クリュー・レパブリック・ドルンケンセーラー
Crew Republic Drunken Sailor

ミュンヘン中央駅Yormasにて2,2ユーロ也


IMG_2625.jpg

こっちの柄はホテルでキチンと
グラスに移してから飲みました


IMG_2626.jpg

かなり濃い目の黄金色。
グレープフルーツと梨みたいな香りです。
IPAなので辛口かと思いきや、そこまででもないです…

…いや、やっぱ苦いか?

という感じの味わいです(笑)
後味は渋いお茶を飲んだ時に似ています


つい最近「ホップフェンハッカー醸造所」を
ご紹介しました
が、そういった新規・小規模醸造所の
レベルが本当に高い!!

ココのブリュー・レパブリック醸造所も
近いうちに実際行ってみなくてはなりませんね…






人気ブログランキングへ
15:30  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT