FC2ブログ
2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2019.01.12 (Sat)

元日から風邪をひくと年末の疲れをいやすどころではないということ ジャテキー・スヴィエートリー/ヴァルトハウス・ピルス

おばんでございます


もう2019年ですね(゚Д゚)アケオメー


IMG_5308.jpg

今年は亥年!


今回の冬休みというとですね
クリスマス終わりから大晦日までバイトで第九を歌い
1日から風邪ひいてました(´・ω・`)

…確かに12月30日・31日あたりは
「嫌な予感」がしていましたけれど



せっかくの残った休みをフラフラで過ごし
立ち直る頃には仕事が始まるという


なんともまぁ…な年明けではありますが

今年もよろしくお願いします


年初めは特にこれといった大きなイベントもなく
とりあえずはゆっくりしながら、コンディションを整えつつ
春からの大きなイベントに備えたいと思っています

まぁ、色々とありますんで
ブログでもその都度お知らせしますね


で、今日のビールです。


ジャテキー・スヴィエートリー
Žatecký Světlý Ležák

ポーランドのスーパーにて3ズロチくらいだったと思う也

IMG_5114.jpg


うーん、色々と調べてみたんですが
ココの醸造所に関する情報があまりないんです

ポーランド南部のブジェスコという街にあって
1261年創業、みたいなんですが。
間違ってたらゴメンなさい

IMG_5115.jpg


濃いめの黄金色、泡持ち弱め。
香りは弱めで爽やかなホップの香り
心地良い苦味、ミドルボディ。
美味しい!チェコのビールっぽい?と思ったら
有名なチェコの醸造家のレシピに則って
作られているみたいです





ヴァルトハウス・ピルス
Waldhaus Pils

Basel近くのホテルにて4ユーロくらい


IMG_5068.jpg

ドイツ南西部、スイスとの国境にほど近い
ヴァルトハウスという街にある醸造所のビールです。
創業は1833年。


淡い黄金色、程よい泡持ち。
フルーティなホップ香。
おお!とても苦いですでもライトボディで
とても飲みやすいですね
一杯目にはピッタリ??


今年も色々なビールをどんどん
ご紹介出来る様に頑張りまーす






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:02  |  ビール・ポーランドPL  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.12.29 (Sat)

テレビに映る自分を観るという奇妙な感覚 フレッツィンガー・ヴァイナハツビーア/ハックルベルク・ヴァイナハツトルンク

おばんでございます


IMG_4853-001.jpg

ドイツからクリスマスのご挨拶を…って
もう年末になっちまいましたね


前回クリスマスな投稿をしましたんで
ついでにもう一つ同じネタを


僕は「バイエルン放送」という
放送局で仕事をしている以上
割とテレビに映ったりします。


多くは演奏会の中継やドキュメンタリーなので
友人や知人から「テレビ出てたよ!」
言われて「ああ、出ていたんだなぁ」というのが
ほとんどなんですが・・・


それが今回!コンサートを放送するという括りではなく
クリスマス用のテレビ番組収録という
なかなか珍しいイベントがありました


IMG_4895.jpg

IMG_4894.jpg

スタジオの様子をパチリ。
これだけだといまいちわかりにくいですが…

この番組はインターネットで丸々
見る事ができますんで、お時間ある方は
観てみてくださいね


BR Fernsehen "Joy to the world"

リンク先のページ、サンタの絵をクリックすると
番組が再生されます。


IMG_5082.png

口パク丸わかりな絵ヅラで僕も映っています…


そんなクリスマスムードの中。


「(高い声)Taroはこのビール知ってる?」

と、同僚のテオ(60を超えているというのに僕より声が軽いんですこの人)。

「クリスマスだし、これあげるよ」


…とクリスマス/冬季限定のビールを頂戴しました


ありがとう、テオ


で、今日のビールです。


フレッツィンガー・ヴァイナハツビーア
flötzinger weihnachtbier

ビール研究会賛助会員T.W.氏より寄贈

IMG_4994.jpg

ミュンヘンの南、ローゼンハイムという街にある
フレッツィンガー醸造所は創業1543年。

ミュンヘン界隈なら目にする機会が
割とある醸造所ですが、この銘柄はクリスマス限定。
その名も「クリスマス・ビール」

IMG_4995.jpg


やや淡い黄金色、強い麦の香り。
うっわ甘っ!とても甘いです。
でもアルコール度高くて甘い感じではない
後味長く麦。にしてもこれは甘いなぁ





ハックルベルク・ヴァイナハツトルンク
Hacklberg Weihnachtstrunk

ビール研究会賛助会員T.W.氏より寄贈

IMG_5112.jpg

このハックルベルク醸造所は以前(もう5年前!)
ブログでご紹介しました

こちらもクリスマス限定バージョンです

IMG_5113.jpg

美しい黄金色、強い麦の香りで泡持ち弱め。
味はかなり甘め。おお、これまた…
後味長く麦。

やはり冬季限定系はどうしても甘くなる
傾向にあるみたいですね

2018年はコレが最後の記事ですかね…
読者の皆さま、良いお年を!
そして来年もよろしくお願いしまーす






人気ブログランキングへ
21:04  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.12.17 (Mon)

ホットワインがあるんだから、ホットビールがあってもいいじゃないか グリュービーア/アルゴイアー・ビューブレ・ラードラー

おばんでございます


なーんか色々とバタバタしていて
時間がアッと言う間に過ぎ去ってますが
(゚Д゚)<コウインー


ふと立ち止まって街中を見回してみると
そう、クリスマス真っ只中


さすがにクリスマス関連の事を
何かアップしなくては

と焦ってはみましたが


以前の様にクリスマスカレンダーに手をつけようも
もう12月中旬…


さてどうしたものかと思っていたら



「ちょっとTaro、クリスマスマーケットに
ホットビールが出てるわよ!
ホットワインじゃなくて!」


と、同僚のディアナ。


そういう訳で一緒に飲みに行ってきました、
ホットビール


IMG_4907.jpg

この絵ヅラはホットビール出店の回し者か?
…なんて感じもなくはないですね(笑)


ホットワイン(独:グリューヴァイン)は
ヨーロッパ全般のクリスマスマーケットで
赤ワインに香辛料を砂糖を加えて、温めて提供される
風物詩的な飲み物です。

images-1.jpg
まぁそれなりに甘くて美味しいんですが
2杯・3杯と飲むと絶対に二日酔いになるという…



このホットビールは、そのビールバージョン。


IMG_4906.jpg

こんな感じの出店?小屋?で売っていて


IMG_4911.jpg

こんな樽から注いでくれます。
(チェリーとシナモンやクローブが
決め手みたいな事が書いてますね)



IMG_4917.jpg

これはクリスマスマーケットを夕方に
上から眺めたものです。それにしてもすごい人・・・



で、今日のビールです。


グリュービーア
glühbier

Residenzクリスマスマーケットにて4,5ユーロ也

gluehbier.png


美しいボルドー色。
極めてグリューワインに近い味
でも確かにビールの味も感じます
甘すぎないグリューワイン、
後味も限りなくグリューワイン


グリューヴァイン(ホットワイン)が
甘すぎてちょっと…という方には
とってもオススメです





アルゴイアー・ビューブレ・ラードラー
Allgäuer Büble Radler

REWEにて90セント位だったと思う也

IMG_4912.jpg

ココの醸造所は以前にもご紹介しましたね、
南バイエルンで有名な醸造所の一つです。


IMG_4913.jpg


淡いレモン色、白濁しています。
強いレモンの香りで炭酸非常に強い。
味は爽やかで苦味も感じるものの
フルーティながらビールぽさもある。
とても美味







人気ブログランキングへ
20:48  |  ビール・その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.12.11 (Tue)

乳幼児と写真を撮るのは難しいということ ショプロニ・クラシクス/1895

おばんでございます


前回の更新を受けて、ハンガリーネタをもう一つ。


ハンガリーの名産物の一つに
ハンガリー・サラミがあります。

IMG_4932.jpg


まださすがに娘に食べさせる訳には
いかないのですけれど


中でも有名なのが
ピックPickという会社のもの。

IMG_4826.jpg


ハンガリーにはマンガリッツァ豚という
特別な飼育方法で育てられた豚がいるんですが


mangalica_eyecatch.jpg

これがその豚、マンガリッツァ。
毛に覆われていてモコモコですよね


その豚で作るサラミが特に有名なんです。


ブダペスト空港で「う、うーん…」という
お値段で売られていたんですが
思い切って買ってきたわけです。


IMG_4825.jpg

まぁ、見た目通り
脂肪が多めで濃厚な味わい


ただ、油が溶ける温度がとても低いので
口の中でサッと溶けて、ホロホロ…と赤身と別れるのは
なかなか興味深い食感です


そんなサラミのお供にはもちろん!
ハンガリーのビールを合わせましょう



で、今日のビールです。


ショプロニ・クラシクス
Soproni Klassizikus

ブダペストのスーパーにて219フォリント(=0.68ユーロ)也

IMG_4927.jpg


ショプロニ醸造所は、ハンガリ最北西の
オーストリア国境にある街ショプロンにあります。
創業は1895年。


IMG_4928.jpg

淡い黄金色、ごく軽い麦とホップの香り。
甘辛バランス良くてよく締まっています
後味ごくごく軽く。日本のビールぽい?
感じがしなくもないです。美味





ショプロニ 1895
Soproni 1895

ブダペストのスーパーにて249フォリント(=0.77ユーロ)也

IMG_4935.jpg

創業年度が冠されたこちらの銘柄。
「チェコ・ザーツ産ホップ使用」がウリのようです。


IMG_4936.jpg


やや濃い目の黄金色、確かにチェコっぽい?
強い麦の香りで味はとても甘め。
麦の甘い香りが長く残ります。
確かにチェコビールな感じはありますが
ちょっと甘いかな…


次はドイツから、クリスマスっぽい
ビールを紹介したいと思いまーす!






人気ブログランキングへ
21:22  |  ビール・ハンガリーHU  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.11.30 (Fri)

英才教育その2、または後期高齢者のスーパーバリトン ボルソディ/ドレーアー

おばんでございます


前回から引き続き
娘に英才教育を施しています

IMG_4813.jpg


このおもちゃは南ドイツ名物・ブレーツェル。
(英語名の『プレッツェル』の方が馴染みがありますかね?)

ビールのお供に欠かせない物なんですが
本当に色々なご当地おもちゃがあるものです・・・



さて、突然ですが


今ブダペストに来ています
(゚Д゚)<ハンガリー



ヴェルディのオペラ「二人のフォスカリ」の
演奏旅行で、なんですが


今回はなんと一泊のみ


朝早くミュンヘンから飛んで、ほんのちょっと休んで
そのままリハ→本番→宿泊→朝帰る

という、なんだかちょっとなスケジュール



到着日の「ちょっと休み」の間に
ホテル近くのスーパーに走って
ハンガリーのビールをなんとか手に入れました


47326486_2198255187113859_7542091008478019584_o.jpg

コンサートの様子です。とても美しいホール!


今回のコンサートでまぁー凄かったのが
バリトンのレオ・ヌッチ氏

僕が声楽を始めた時すでに「おじいちゃん感」のあった彼ですが
今年で御歳76(゚Д゚)

後期高齢者で未だに世界第一線という。。。


46508445_2197030687236309_4941060196999888896_o.jpg

本当におじいちゃんでしたが、まぁー凄い声!
安定した高音!ラまで出すし!

テノールなのかなぁなんてちょっくら思いましたが
下もそれなりにきっちり出るので、脱帽です



いいもん聞いたなぁ、と余韻に浸りつつ
ハンガリーのビールを!


で、今日のビールです。


ボルソディ
Borsodi

ブダペストのスーパーにて219フォリント(=68ユーロセント)也

IMG_4811.jpg

ハンガリー首都ブダペストから北東に約100キロ、
ベクスという小さな村にある醸造所です。
創業は1973年と新しめですが、ハンガリーで最も
売れているビールだそうです。


IMG_4812.jpg

美しい黄金色、泡持ち弱め。
草原/干し草系ホップの香りで
心持ち甘口、ライトボディ。
後味軽く麦の香り。とてもスムーズ





ドレーアー
Dreher

ホテルバーにて890フォリント(=2,75ユーロ)也

Dreher-Classic-20110831-05-5998817310571-727.jpg

ドレーアーなんてドイツっぽい名前だなぁ…
と思っていたら、オーストリア人設立者の名前でした。
元々オーストリアの醸造所だったんですがハンガリーへ
販売網を拡大してそれが独立。1867年の話です。


IMG_4782.jpg

やや淡い黄金色。
麦の香りと爽やかなホップが軽く香ります。
締まった辛口、麦の後味。
無難な感じです。ハイネケンとかそういう感じ?


次回もハンガリーのビールを
更新しまーす






人気ブログランキングへ
22:17  |  ビール・ハンガリーHU  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT