2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.05.11 (Fri)

舞い上がる花粉と抗ヒスタミン、そして企業努力 プロースト!ピルス/エクスポート

おばんでございます


もう五月ですね!(゚Д゚)サツキー



一年のうちで五月が最も美しい季節だ
というのは以前書きました


(…って自分で自分のブログを検索してビックリ、
2013年の記事でしたもう5年前…!!)



そんな五月真っ只中ミュンヘン。


IMG_3423.jpg
↑うちの愛車です

まぁー花粉が飛んでますわ


どうやら今年は一段と酷いみたいでして。

(って、なんか毎年そんなコメントをしている気がしなくもないですが
『今年の風邪は!』みたいなのと似てますね)



そもそもミュンヘンという街は
中心部をちょーっと離れればすぐに

0302cd48-6e80-4dd4-8921-36d3ec556fc4.jpg

こんな感じののどかな風景が広がるんですが…


よくよく考えてみたら

dc177457-dcff-4988-9849-610afd677843.jpg

こいつら全部、アレルゲン(´・ω・`)



そんな地理条件に加えてここしばらく

雨が降っていない(゚Д゚)

のがあるんですね


天気予報を振り返ってみると
本格的に雨が降ったのは先月半ば

それからは一瞬夕立が降ったりするんですが

そうすると

IMG_8625.jpg

中途半端な雨により花粉が集められ
すぐに乾いて再び風に舞う



まさに負のスパイラル


晴天が続いてるのは本当に本当に
ありがたい事ではあるんですが


鼻がムズムズ、喉がイガイガ
歌手にとっては精神衛生上あまり良くないです


うちの奥さんは花粉症が本格的にひどいので
朝起きてから数千回はくしゃみをしてるでしょうか…


こういう時は
大人しくウチの中でビールを飲む事にしましょう


で、今日のビールです。


プロースト!ピルス
Prost! Pils

Kauflandにて29ユーロセント也

IMG_3375.jpg

プロースト:ドイツ語で「乾杯」という
なんとも安易な親しみやすいネーミングのビール。

特筆すべきはやはり
500ml缶29セント(≒38円)
という値段でしょう

この銘柄は、カウフランドKauflandという
ディスカウント・スーパー向けに作られた物で

醸造元はフランクフルター醸造所。

あれ、この名前、どこかで・・・

と思ったら


以前ご紹介した安売りスーパー・アルディそしてリードル
向けに作られたビールを生産している醸造所でした(゚Д゚)


ま、これが資本主義ってやつですね


IMG_3376.jpg


やや淡い黄金色、ピルスらしいポップの香り
炭酸がやや強め。
味もピルスらしく辛口、後味程よく麦の甘み。

ザ・スタンダードといった感じで
間違いない?感じです。なかなか美味。





プロースト!エクスポート
Prost! Export

Kauflandにて29ユーロセント也

IMG_3379.jpg

先ほどの資本主義ビールの別バージョン、
エクスポートです。アルコール度数が少々高め。


IMG_3380.jpg


黄金色、香りはあまりないが麦。
(色はピルスに比べると若干濃い…?)
心持ち甘め、ミドルボディ。
後味は長く麦の香り
ピルスほどの感動はないかもです。。


あーあ、雨降らないかなぁー・・・






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:04  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.02.27 (Tue)

さらばさらばわが友 しばしの別れぞ レーベンブロイ・ウアテュープ/ヴィーヴァ・バヴァリア

おばんでございます


3月も近づいてきているというのに
ドイツには近年稀に見る寒波が押し寄せ
マイナス10℃の世界が広がっています


そんな寒い2月の終わりに。


とーっても良い同僚が定年退職し
そのお別れパーティが開催されました


IMG_3223.jpg

左が定年を迎えた同僚ギゼラ。
四捨五入すると70(!)には見えませんよね…


彼女とは僕がここに入ってから5年弱のお付き合いでしたが
ここ数年は一緒に「芸術顧問」という役職だったのもあり
その間でしょっちゅうコンタクトがあったので、いざ
彼女がいなくなってみると本当に本当に寂しい限りです


とってもいいムードメーカーで、みんなの面倒をよく見て
たーくさんの人から愛されるキャラでした。


ギゼラ、いつまでも元気でね!

Muß_i_denn-_Scherenschnitt_Postkarte
"Muss i denn, muss i denn zum Städtele hinaus..."
「さらばさらばわが友、しばしの別れぞ」
日本でも知られているドイツ民謡です。


彼女がスピーチをしているのを見ていて、ふと

僕は退職まであと30年

という事に気づいて思わず身震いしたのは
内緒にしておきましょう(笑)


ろ、67歳まで果たして歌えるのか!?

とにかく健康第一で頑張りましょうか・・・


今回はもちろん、お別れパーティで振る舞われた
ビール(プラスα)をご紹介します


で、今日のビールです。


レーベンブロイ・ウアテュープ
Loewenbraeu Urtyp

ギゼラのお別れパーティにてゲット


IMG_3221.jpg

レーベンブロイは日本でも有名ですね、
1746年以前創業(諸説あり)のミュンヘンが誇る
醸造所の一つです。これまでこのブログに何度も
登場
していますね!


Löwenbräu_Brewery,_Munich

三角屋根が目印のレーベンブロイ醸造所は
僕の職場からも歩いてちょっとの所にあります。

そういえば以前行ったのはもう6年前
また近いうちに行ってこなくてはなぁ


IMG_3222.jpg

美しい黄金色、泡持ちは弱めです。
麦の香りは控えめ、草原系のホップの香り。
甘口でスムーズ。後味はごく軽く麦と
苦味が舌に残ります。





ヴィーヴァ・バヴァリア
Viva Bavaria

ビール研究所研究員F.R.-E.氏より寄贈


IMG_3217.jpg

前回更新で登場したリーデンブルガー醸造所
別商品です。無ろ過アンド有機栽培!

IMG_3218.jpg


美しい琥珀色、少し白濁しています。
草原系ホップの豊かで爽やかな香り。
心持ち甘めですが甘辛のバランス良、
後味はごくごく軽くカラメルの香りです。






人気ブログランキングへ
20:51  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.02.20 (Tue)

薄切り肉をいつでも食う!でも刃物の取り扱いには注意 ピンクス・シュペツィアール/プランクシュテッテン・ドゥンケルス

おばんでございます


早いもので2月ももう中旬!

体調もマシになってきていますので
今日は久しぶりに食い物の話でも


日本食に欠かせない、けれどもヨーロッパで
入手が困難な物の一つに

薄 切 り 肉

があります。


すき焼き焼肉しゃぶしゃぶのような
三大なんたら的?なものはもちろん

生姜焼き肉うどん野菜炒めなどなど
ほんんっとうに多くの料理に使われています





ドイツでは、というかヨーロッパのスーパーで
薄切り肉がパックで売られているような事は
ほっとんどありません(´・ω・`) ショボーン


確かにヨーロッパ的な肉料理は数あれど
薄切り肉が入っている料理はほとんどありませんよね


「無いものは自分で作る」という哲学


そういうわけで


IMG_3197.jpg


秘密兵器が登場です


IMG_3179.jpg


その名も「アレスシュナイダーAllesschneider」
直訳で「なんでも切り器」(笑)


コレ、本当にすごいです(゚Д゚)スゴー


一番最初の写真にある円盤が「刃」でして、
これがウィンウィン回って肉を薄切りしてくれます。


IMG_3173.jpg

こういう感じで・・・


IMG_3192.jpg

薄切りいっちょあがり!!


IMG_3178.jpg

薄切り肉を大量投入した鍋も簡単・ポン



購入してしばらく経ちましたが
なんでもっと早く買わなかったのか
…と、未だに思います


確かに他にも方法は無きにしもあらず、
お肉屋さんによってはやってくれる所もあるんですが

混んでいる時は断られたり
人によっては面倒くさそうな顔をされたりするので


これで、ようやく、気兼ねなく!!

…という感じです


もしミュンヘン界隈で肉を切りたい!!
みたいな方がいらっしゃいましたら
遠慮なく声を掛けてくださいね


ただ一点、注意事項としては:

刃物の取り扱いには十分留意しましょう。
ああいうバカな写真を撮っていて
あやうく舌を切り落としそうになる人もいます。。



で、今日のビールです。


ピンクス・シュペツィアール
Pinkus Spezial

ビール研究所研究員F.R.-E.氏より寄贈

IMG_3207.jpg


1866年創業のピンクス・ミュラー醸造所は
ドイツの北西部、ミュンスターという街にあります。
原料は有機栽培された物のみ、ビオ・ビールです。

IMG_3208.jpg


レモン色よりの黄色、白濁しています。
泡持ちは弱いですが炭酸は強め。
香りは軽く麦が香る程度。
味はかなり苦目で辛口ですが飲みやすいです。






プランクシュテッテン・ドゥンケルス
Plankstetten Dunkles

ビール研究所研究員F.R.-E.氏より寄贈


IMG_3209.jpg


ミュンヘンの北約100キロ、レーゲンスブルク近くの
リーデンブルグという街の醸造所です。
創業はなんたる偶然か、前者と同じ1866年。

IMG_3210.jpg


あれ?エールビール??…と思ってしまうような
麦茶色(そんなのあるのかな)です。
カラメルに加えて爽やかなホップ、それプラス
シナモンも混ざった様な、複雑で素晴らしい香り。
甘辛素晴らしいバランス。美味&秀逸!






人気ブログランキングへ
19:56  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.02.07 (Wed)

もはや心の友、ネブライザー クリュー・レパブリック・7:45エスカレーション/インユアフェース

おばんでございます



ああ…あれからまともに更新できぬまま
2月になってしまいました



てのはあれからですね



またも風邪ひいてました(´・ω・`) ショボーン



IMG_3183.jpg

ネブライザー(吸入器)と
もはや親友状態です。


これでなんと今季3回目


しかもよりによって風邪ひくのはいつも本番直前、
キャンセルしたコンサートは累計5つ(゚Д゚)


そういえばミュンヘンに住み始めた頃にも
3ヶ月で3回ひいた事がありました


(上の写真で抱えているネブライザーは
この時に購入したんでしたっけ…)


今回は喉や声は一切問題なし。その代わりに
扁桃腺だの気管支炎だののオンパレード。

そしてこの気管支炎がエグい

もうセキSeki!
(咳はドイツ語でフステンHustenといいます)

あまりにひどい咳で眠れないし、眠れないから
疲れも取れないというこの悪循環


この気管支炎の波は同僚たちにも押し寄せ
たくさんの人が病気になっています。


肺炎になってしまった人もいるとかで…



風邪をひいていた人間が言うのもアレですが

くれぐれも風邪には気をつけましょう


ようやく体調が落ち着いてくると、健康であることが
本当に本当にありがたい事なんだと実感しますね…


そういうわけで、健康に感謝しつつ
酒蔵の在庫を減らす事にしましょうか



で、今日のビールです。


クリュー・レパブリック・7:45エスカレーション
Crew Republic 7:45 Escalation

C-R クリスマスエディションボックス内の1本

IMG_3184.jpg

以前微妙に触れた、ウチの近くにある醸造所の
「クリスマス・ボックス」です。


醸造所に関してはココの銘柄が初登場した時に
ご紹介しました



こちらが、クリスマスエディション・ボックス。

IMG_3066.jpg

中にはぜーんぶ異なる銘柄が8本。
ムムム、これは飲みがいがある・・・


IMG_3185.jpg


やや濃い目の黄金色、若干白濁しています。
ものすごく強いグレープフルーツ香、
味はかなり苦め。そして後味がこのグレープフルーツと
思いきや!何か煙のような化学物質のような波が
最後にモワッとやってきます。
ま、まさにエスカレーション

ちなみにジャンルは「ダブルIPA」だそうです。






クリュー・レパブリック・インユアフェース
Crew Republic In your face

C-R クリスマスエディションボックス内の1本


IMG_3144.jpg


こちらは「イーストコーストIPA」
アメリカ東海岸で流行りのIPAスタイルみたいです。


IMG_3145.jpg


濃いめの黄金色、若干白濁しています。
非常に強いグレープフルーツ香+お花畑。
味はすごく苦く、甘みはほぼなし。
後味はずーっとグレープフルーツ。


さてさて、もうこれ以上体調を崩さない様に
注意しながら!このボックスをクリアしていきたいと
思います







人気ブログランキングへ
20:22  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.01.05 (Fri)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます ツェラー・ピルゼナー/アポルダー・ピルス・シュペツィアル

おばんでございます


といいますか



あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします!!



IMG_3124.jpg


12月はナンダカンダで馬車馬の様に働き
31日大晦日はジルヴェスター・コンサートで歌い
そのまま同僚宅で年越しをしました

(上の写真はその時のもので…なんて
言うまでもないですね、酔っ払ってます


IMG_3125.jpg

あまりに豪華なごちそうに
素で固まる二人…



新年に入って突然ヒマになり
気が抜けたのか微妙に体調を崩したりして
新年早々ネブライザー(吸入器)に
お世話になったりしています

IMG_3123.jpg

この吸入器を購入したのも
もう5年以上前
なんですね…




今年は戌年。


IMG_3777.jpg


活発なワンちゃんの様に
活動的な一年にしたいものですが…はてさて?


とにもかくにも、とりあえずはまぁ
このブログは平常運転を心がけたいと思いますんで
ちょこちょこ遊びにきてくださいね



で、今日のビールです。


ツェラー・ピルゼナー
Celler Pilsener

ビール研究会会員K.S.氏より寄贈

IMG_3115.jpg

ドイツ北部の都市・ハノーファーから北東30キロ、
ツェレCelleという街の醸造所です。創業1893年。

南ドイツに住んでいると、あまり縁がない北ドイツ。

以前ミュンヘンにある
マイクロ・ブリューワリー(小規模醸造所)を
一緒に訪問した友人


「感想聞かせて」

という事で持ってきてくれた、ご当地ビールです。


IMG_3116.jpg


ピルスにしては濃い目の黄金色、
北ドイツ!というホッピーな香り。
味は香りほど辛口ではなく、意外とマイルド。
ピルスというよりはエクスポルトっぽい?
後味はホップ、とても美味です。






アポルダー・ピルス・シュペツィアル
Apoldaer Pils Spezial

Leipzigのスーパーで70セント位だったと思う也

IMG_3119.jpg

あーんーまーりー関係性のあるビールを
持って来られなかったんですが
以前ライプツィヒに滞在した時に購入した
アポルデアー醸造所
の別銘柄です。


IMG_3120.jpg


黄金色、麦の香り強め。
これまたピルスと呼ぶには重ためですね
しっかりとした辛口で後味は麦がしっかり。


今年も体調には留意しながら
たくさんビールを飲みたいと思います






人気ブログランキングへ
21:27  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT