2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.11.10 (Thu)

テノール歌手、免許を取る(3) セルヴェッサ・ホランデーザ/フォルダム・ドーブレ・マルタ

おばんでございます


なんか某国の選挙結果を受けて
世界中がザワついている気がしますが


そこは華麗にスルーしてですね



シリーズを続けましょう、

テノール歌手、免許を取る。

もう3回目ですね



今日は「学科」に関して!


ドイツで車の免許を取るには
「実技」および「学科」の試験に
パスしなければなりません。日本と同じですね。


実技試験の前に学科をパスしなければならないのも
日本と同じです。


あれ?でも仮免の前に学科だったっけ…?


160_F_95532653_GRmGvBbEm8Vmn5f879Fi20yEzayWQiyW.jpg
試験をパスしないとダメなのはどこも同じで…



とにもかくにも



とりあえずは実技講習(次の回にお話しします)と
並行して学科講習を受ける訳です。


IMG_5191.jpg

教習所、中の様子です。
日本のソレみたいにご丁寧に「教室!」
…という感じではなく
事務所にただ椅子を並べただけ
みたいな感じです



理論的には息子・娘くらいであり得る歳の
クラスメート
に机を並べて、じゃないや
椅子を並べて講義を受けています



theorie-3.jpg
うーむ、日本では見かけない標識も
あったりするので要注意ですね



学科は全部で1〜14章まで、14単位
1単位が1時間半の授業に14回通います。


日本だと
全ての授業を受講してください(`・ω・´)キリッ


って言われますが


ドイツではその辺が割と緩く

必修である13・14章は必ず受講、
残りの12回は何でも良いから
とにかく出席すればOK(゚Д゚)


…との事。


ちなみにうちの奥さんは第13章「牽引」を
3回も聞いたそうです(笑)


まぁ要は学科試験に合格するのが肝心なので
とにかく準備は自己責任でしっかりやってね
という不文律があります


(注:これはあくまでウチの教習所の話でして
全てがそういう訳でないかもなので、念のため…)



うちの教習所では週2回の講義の他に
土曜日にはダブル講義を実施していまして
そのお陰で割と良いペースで学科をこなせています
(朝の9時から12時までなので少しキツいですが…)


講義の内容はまぁ日本と同じ感じですが
じーっと話を聞くだけと思いきや
みんな結構手を挙げて発言するんですよ



んであまりに静かにしている日本人、
先日ついに指されました(´A`)


たまたま知っていた箇所だったので
「あーなんだ、知ってんのね」
って言われましたが
(だってバイクの免許持ってますしねぇ


このドイツ的な授業、やっぱり
「口が立つ」のが「正義」
みたいな感じがあって、どうしても馴染みにくいです



中でも(色々な意味で)心底感心するのが
間違いまくるのに発言しまくる奴。


もちろん講義に「積極的に参加」している訳で
その辺はドイツ的には正解なんでしょうが


もう何も言わなければこのまま15分早く
講義が終わるのに。。。


…みたいな時も「ハーイハーイって



あ、ちなみにドイツ語圏では
日本みたいな手の挙げ方はしません。

チョビ髭おじさんとその仲間たち
連想させるからですね


なので

人差し指を立てて軽く手を挙げるとか

IMG_2328.jpg


手のひらをこちら側に向けて手を挙げたりします。

IMG_2330.jpg


僕もそうやって自分から手を挙げられる様に
なりたいものです。。。

でもやっぱり気遅れするなぁ



で、今日のビールです。


セルヴェッサ・ホランデーザ
Cerveza Holandesa

カナリアのSPARにて40ユーロセント位だったと思う也

IMG_5193.jpg


2月のカナリア諸島へ行った際の
お土産が残ってましたんで今日はコレを

オーストリアでおなじみ、
「SPARシュパー/スパー」グループの
自社ブランドです。

「ホランデーザ」というのはきっと
「オランダの」という意味でしょうが
オランダ風のビールって何かしらん?


IMG_5192.jpg

やや濃い黄金色、甘い麦の香り。
少し辛口のしっかりボディ、
確かにオランダぽいか…?
後味も麦の香りです。






フォルダム・ドーブレ・マルタ
Voll-Damm Doble Malta

カナリアのコンビニで75ユーロセント也

IMG_5206.jpg

スペイン・バルセロナにあるS.A.ダム醸造所の
ビールです。創業は1876年。

ドーブレ・マルタってのは恐らく
ダブル・モルツっちゅー事で
単純に麦が2倍?って事でしょうか


IMG_5205.jpg

琥珀色、とても強い麦の甘い香り。
うっわ甘!ボックビールにしても甘いですねコレ。
まさに麦のジュースといった感じです。
後味はアルコール香が残ります。さすが7,2%!


次回は実技講習の話を書きますねー






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
14:35  |  ビール・スペインES  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.06.22 (Wed)

ラスパルマス、マスパロマス! ヴィークヴィーア/エムトブロイ

おばんでございます


前回前々回に引き続いて
カナリア諸島滞在記を書き進めましょうかね



アフリカの近くにあるカナリア諸島…
と言っても国はスペイン。


今回の滞在で感動したのはやっぱり

タパスでした(゚д゚)ウマー


IMG_4312.jpg

バール(飲み屋)で小さいお皿に入った物を色々頼む
スペインといえば…な物の一つですね

後ろに見える小さいじゃがいもにソースが
かかっている物はカナリア名物!
(名前はそのままカナリア・ポテトです


カナリアは沢山の「クミン」を料理に使っているのが
印象的でした。食欲を刺激するナイスな香辛料です


こう小さい物をちょこちょこ頼んで
それでお酒を飲むというのは日本の居酒屋
とっても似ているところがある気がします


そしてやっぱり感動した「イベリコ豚の生ハム」

IMG_4313.jpg

他の料理が出てきてもぜーんぜん出てこないので
「あれ、ハムだけ忘れられた?」なんて思ってたら

10分くらい経ってから、きっちり室温になって
脂が溶け出した(…って表現で合ってるのかな?
ポジティヴな表現です)素晴らしい状態の物を
持ってきてくれました

どんぐりを食べて育った豚?なだけあって
さすがに「ナッティー」な味がします


IMG_4316.jpg

あとは島の特産品である「ラム酒」を使った
モヒートとサングリア



あとはほーんのちょっとだけ、観光っぽい事もして・・・


IMG_4344.jpg

島の南にある灯台にて。
「まーたバカな事をして…」と思ったみなさん!



IMG_4346.jpg

撮ってもらったら
きちんと撮ってあげましょう(笑)


ちなみにこの灯台のある地域は
「マスパロマスMaspalomas」といい
グランカナリアの首都は
「ラスパルマスLas Palmas」といいます


なかなか覚えられなくて苦労しましたよ・・・


ちょっと疑ってかかったラスト・ミニッツでしたが
なんか大切な所はきちんとオーガナイズされていて、
でもって放任する所は放っといてくれるので
のーんびりと良い滞在になりました


IMG_4354.jpg

部屋から海を眺めます。
これで一泊一部屋4〜50ユーロなのだ!


むむむ、これはリピート決定か…?



で、今日のビールです。

Wierquer
ヴィークヴィーア

カナリアのコンビニにて60ユーロセント位だったと思う也

IMG_2053.jpg

ヴァレンシアにあるこのフォント・サレム醸造所、
色々調べてみたんですがあまり情報がなく…

缶を眺めていてとても気になったのが

IMG_2059.jpg

この中国語の羅列

かの国に大量に輸出しているんでしょうか?
謎は深まります

IMG_2054.jpg


少し黒みがかった黄金色、香りはほとんど感じません。
味はかなり甘めでとてもライトボディ。
ちょっと日本のビールぽい気もします。






エムトブロイ
Emdbraeu

カナリアのコンビニにて60ユーロセント位だったと思う也

IMG_2055.jpg


なんだか「っぽい」名前がついてますね

この醸造所も色々調べたものの情報が…
ごめんなさい


でも!

IMG_2056.jpg

味はとっても「本格的」(変な言い方ですが)
ドイツビールな感じでした
茶色がかった黄金色、豊かな麦の香り。
味はやや甘めで後味も麦です。美味。



カナリア諸島旅行記はここまで!
次回からは通常営業に戻りますね






人気ブログランキングへ
20:00  |  ビール・スペインES  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.06.12 (Sun)

格安航空会社での無線LANと危惧される脱水症状 サン・ミゲル(ニューデザイン)/クルツカムポ

おばんでございます


前回に引き続き、グラン・カナリア島を旅行した
話を続けましょうかね


…と言っても、今回は飛行機の話!


今回利用した航空会社
(…というかツアーに指定されたんですが)
「ノルウェージャン・エアシャトル」。

DY.png


色々調べてみると、どうやら名前の通り
ノルウェーの格安航空のよう

あまり聞きなれない名前で、
えーなにこの航空会社?大丈夫なの?

なんて思っていましたが。。。


21432-788v4dyxzip-2-788v4dy-1.jpg


なーんてこたぁない、座っていたら
無事に目的地に到着しました


そして何より特筆すべきは、
機内無線LAN無料!!(゚Д゚)ダーター


zmctbvu0jbbxsubwau3f.jpg


このおかげで4時間半の飛行時間も
まーったく問題ありませんでした


ただ、それ以外はやはり
格安航空会社。



機内食はおろか
飲み物まで全て有料でした(゚Д゚)ジゴクノサタモー


色々なサービスを簡素化(省略とも言います)して
コスト削減を図るのはよーくわかるんですが


液体を機内に持ち込んではいけないこのご時世、
4時間半のフライトで脱水症状でも起こされたら
一体どうするんだろう…


7123-91a26545-3e5a-4c1a-b963-2291f87c9a61.jpg



しかも小汚い世知辛い事に

ミュンヘン空港の格安航空会社のターミナルは
色々な物が空港価格(゚Д゚)ボッ○クリー


ルフトハンザが発着する第2ターミナルは
そんな事ないんですけどねぇ…

無料のコーヒーマシーンまであるってのに!


水とか清涼飲料水とかそういう物が
3ユーロ(=360円)以上、とか統一されてたりして

割合「〇〇料金」的なものが珍しいドイツにしては
うーむ…といった心境なんです


まぁ機内販売されていたビール
飲みましたけどね(゚Д゚)



なので今日は機内販売の物と
カナリア島で飲んだビールをご紹介します



で、今日のビールです。


サンミゲル・ニューデザイン
San Miguel

飛行機機内販売で3.5ユーロ也

IMG_2002.jpg

…そういう訳で、飛行機で購入したビール。
しかもスペインのビールな模様
ブログに書こうとウキウキしていたら。


4年前に書いていました

しかも醸造所はおろか
銘柄まで同じ(´・ω・`) ショボーン



でも、以前の物に比べて缶のデザインが
変わったので、ね!?ね?

IMG_2003.jpg


美しい黄金色、軽い麦の香り。
味はやや辛口。典型的南国ビール、
軽い飲み口。
後味で甘い麦の香りが残ります





デザイン一新とはいえ、銘柄丸かぶりですから
南国らしいビールをそれらしい写真とともに…


クルツカムポ
Cruzcampo

カナリアのコンビニで65セント位だったと思う也

IMG_2023.jpg

クルツカムポ醸造所は1904年創業、
スペイン南部のセヴィリアにあります。

缶から直接飲んだので色は不明
やはり強い麦の香り、
スペインのビールにしてはやや甘く感じます。
後味も麦の甘みがしっかりと。


それにしても飛行機の無線LAN、もっともっと
普及してほしいものです…ではまた次回!






人気ブログランキングへ
20:32  |  ビール・スペインES  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.05.31 (Tue)

初体験、ラストミニッツ。初体験、カナリア島。トロピカル/ドラーダ

おばんでございます


五月も早いもんでもう終わりですね!(゚Д゚)ソーデスネー


そして突然ではありますが

IMG_4301.jpg



今、アフリカ近くにある
グラン・カナリア島に来ています(゚Д゚)イキナリー


てのはですね


ドイツでは「ラスト・ミニッツ」というものがありまして

これはその名の通り、出発ギリギリ(3日前を切ってから…とかです)に
お得な飛行機とホテルを予約するシステムで

お客さんは安いに超した事はない訳ですし
航空会社もホテルも、どうせ空席/空室になるくらいなら
料金を安くして一人でも多くのお客に来てもらった方が…

要はウィンウィンなシステムなんですよね



ええ?でもそんなのって
何か怪しいんじゃないの?



そんな風に考えていた時期が私にもありました


いやね、実はこんな旅行に行くなんて
ぜーんぜん考えもしなかったんですよ


週末から翌週にかけて5連休があるので
どっかのビアガーデンにでも行こうか?

…とボケーっとネットしていたら
広告に「ラストミニッツ」が。


グーグルさんはこれから僕が休みなのを知っているのですか?…と思いつつ


広告に出ていたのは、大手のエルトゥールL'turという会社。

ltur_logo_fb_310x310.jpg
ピンクで派手な会社ねぇ…と日程を入力して調べてみると


3泊4日で1人180ユーロ(゚Д゚)
飛行機、ホテル、空港までの電車とホテルへの送迎つき。


769881db87e6f1e32b315d34990574c1.jpg

ポチッとな



・・・という訳で今、大西洋に浮かぶ島におります


去る2月はポルトガルのマデイラ島に行っていました
今回のグランカナリアはスペイン領
(大体マデイラの500km南に位置します)


lagekarte.jpg


スペインのビールを飲み倒す事にしましょうか…


で、今日のビールです。

トロピカル
Tropical

San Agustinのバールにて2,75ユーロ(=338円)也

IMG_2011.jpg

このビールは、正確に言うと
「カナリア・ビール・カンパニー」という
グランカナリア島のお隣、テネリフェ島にある
醸造所が製造しているんですが(後述)、元々は
グランカナリア島にあった1924年創業の
ラ・トロピカル醸造所の物が元になっているみたいです。
LogoTropicalCerveza.jpg
ワンちゃんがロゴに使われているのって
ちょっと珍しいですよね?

美しい黄金色、香りはわずかに麦。
味は淡白で心持ち苦味があります。
とてもとても軽い、ライトボディで
水のように飲んでしまいそうです






ドラーダ
Dorada

カナリアのコンビニで65セント

IMG_4270.jpg

そしてこちらのビールが、お隣の島
テネリフェ島にあるカナリア・ビール・カンパニーの
主銘柄です。創業は1939年。


缶から直接飲んだので色は不明、
とても強い麦の香り。
味はやや辛口、典型的スペイン・ビールよりは
しっかりしたボディです。
後味は麦の甘みがとても長く残ります。


IMG_4320.jpg

海も空も果てしない青色・・・

次もスペイン産のビールをお届けします






人気ブログランキングへ
21:46  |  ビール・スペインES  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.07.17 (Tue)

夏なんです が  サン・ミゲル・1516

おばんでございます

またもご無沙汰してしまいましたね


ミュンヘンは夏とは思えない天気が続いています


最高気温は20℃あるかないかといったトコロで

朝方なんかは10℃下回りそうです(゚Д゚)サムー




本来なら、夏!というと




biergarten-muenchen-nymphenburg_cu2697.jpg



こういうイメージであるべきハズなんですが、実際



biergarten kalt


こういう感じしかしないから、困ったモンです


実は今日も、稽古が終わった後で同僚と
仕事場隣にあるビアホールに行ったんですが


こんな天気だと庭(ビアガーデン)に出る気がしないよねー


なんて言いながら、お店の中でビールをのんで
さっさと引き上げてきました(´・ω・`)ショボーン


なので今日は、少しでも南の暖かい気候にあやかって
スペインのビールをご紹介します・・・


で、今日のビールです。


サン・ミゲル・プレミアム1516
San Miguel Premium 1516

スペインのスーパーで7~80セント(≒69~78円)也

Sanmiguel1516 01

サン・ミゲルのビールは以前スペインのクエンカという所にいった際に
ご紹介しました



この1516という気になる数字ですが


バイエルン公国において、ヴィルヘルム4世によって
ビール純粋法Reinheitsgebotが発布された年なんです


ビール純粋法は何ぞや?という方は コチラ をどうぞ…


この法律は現在でもまだ有効で、この法律が
ドイツのビール・クオリティに及ぼした影響は計り知れない訳ですが


そんな年号を記載しちゃってるあたり、ちょっと期待がもてますね!

Sanmiguel1516 02


スタイル: ラガー

原材料: 大麦麦芽、ホップ

アルコール度数: 4,2%

色: 黄金色

香り・味: とてもモルティー。麦!って感じです
でも飲んでみると、ちょっと水っぽい気が…
最後の方に一瞬ホップらしき香りが鼻を抜けます



               |↑軽い(キレ)
            ☆  |
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


とっても軽いです。以前のサン・ミゲル製品よりもはるかに軽く感じます。
こっちの方が「プレミアム」なのに…

…って思いましたが、こっちの方がずっとアルコール度が
低かったのです(通常サンミゲル:5.4%、このビール:4,2%)

ドイツ圏ビールで舌が肥えてしまっているのもあるかとは思いますが
ビール純粋法をカンバンにするにしては、ちょっと、うーむ、アレですね
もうちょっと頑張ってほしい!星3つです。


全体評価:★★★ (満点は★5つ)







人気ブログランキングへ


19:13  |  ビール・スペインES  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT