2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018.07.09 (Mon)

アイラ島・ウィスキー巡礼記4:ロングインタビューと「パブ」文化 ワールズエンド/アボット・エール

おばんでございます


全前々回から続いているスコットランド巡礼記
…続ける前にですね!


突然ですが


ロング・インタビューがありまして。


5b3420eae88da56fbf8ad337.jpeg



これまでの経歴、ミュンヘンでの仕事・生活などを
とても読みやすくまとめて頂いたものが記事になりましたんで
ぜひぜひシェアさせてください



Fledge 「働き方」をもっと自分らしく
ラガーマンからテノール歌手へ?!
ドイツ・ミュンヘンで活躍する
日本人声楽家──髙木太郎




それにしても、あの僕のしどろもどろなインタビューを
ここまで美しく文字に起こして頂けるとは…
「えふなな」の鶴見さん、本当にありがとうございました!



さてさて。


3回に渡ってお送りしたスコットランド記、
今回は総まとめとして!
パブ文化について書きたいと思います。


「パブ」はまぁ要するにイギリス圏における居酒屋なんですが
(『パブリック:公共の』が語源だそうです。知らなかった!)

まぁーその数の多いこと多いこと!

諸説にはイギリスには5万軒以上あるらしいです(゚Д゚)



正直言いまして


どハマりしました(゚д゚)ウマー



もうね、何がいいって


IMG_9198.jpg


このイキフンですよ!ねぇ奥さん!!



働いている皆さんもとってもゴキゲンで感じ良く
優しかったです


そんな、パブ。

典型的イギリスのビール「エール」を提供する他に
多くの場合とてもジャンキーかつ病みつきになる食事も
出してくれます。

IMG_9216.jpg

サーロインステーキ、
後ろに見えるのはハギス・パイ。


0012812119eebb89cc4266e10a476ba0.jpg

パブの名物、チーズマカロニ。


fish-and-chips-at-pleasant-house-pub.jpg

そしてもちろん、フィッシュ&チップス。


もう、本当にジャンキー・・・

でもコレが
ひじょーーーーーにビールに合います(゚д゚)ウマー



いやでもこの食事一週間も続けたら
本当に大変な事になるよね?(ゲプ)

なーんて言ったらヤボなんでしょうか


で、今日のビールです。

ワールズ・エンド
World's End

エジンバラのパブWorld's Endにて多分4ポンドくらい

2e6374b9-af6c-494a-84f7-055b3ef0f560.jpg


ポンプ式のタップ。これぞエール!
ガスを使わずに、手汲み式のポンプになっています。

65cb70c8-f353-43bb-9958-b3413db4bec3.jpg

コワモテのにーちゃんが持っている取っ手が
手前に傾いているのわかりますかね?

前回の更新でご紹介したベルハーヴェン醸造所
ここのパブのために醸造している銘柄みたいです


IMG_9201.jpg


美しい琥珀色、炭酸ごくごく弱め。
フルーティなポップの香りが少し
心待ち辛口、でも非常にマイルド
後味は麦。とても美味!






アボット・エール
Abbot Ale

エジンバラ空港のパブにて4ポンド位だったと思う也


IMG_3754.jpg

コレまた前者と同じ、リアルエール。
おねーちゃんが注いでくれます。

こちらの銘柄はイングランドのグリーネ・キング醸造所のもの。
こ、この記事を書いたの4年も前なんですね…


IMG_3756.jpg

美しい琥珀色、炭酸/泡もち共にあり。
とても心地良いフローラルな香り、
心持ち辛口だか甘みも感じます。
非常ーーにマイルド、スムーズ。
飲みやすい!とても美味

「パブ」で飲むリアルエールは、本当に
当たり外れが少ないのに驚かされました

ああ、また今すぐにでも行きたい…(笑)






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
18:44  |  ビール・スコットランドSCO  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.06.30 (Sat)

アイラ島・ウィスキー巡礼記3:名城、そしてネッシーのネス湖へ ヤール/ベルハーヴェン・ベスト

おばんでございます


なんか、めっちゃワールドカップ
盛り上がってますね



ここドイツはまさかまさかのグループリーグ敗退とあって
なんだかなー、なフンイキですが


日本チームはまぁ色々あれどグループリーグ突破!

次は強豪ベルギー戦!
悔いのない、素晴らしい試合になりますように…!


そんなW杯を横目に、引き続き
スコットランド滞在記です。


5bee37bf-d61a-4382-a647-ea60629c8462.jpg

「ネッシー」で有名な「ネス湖」(後述)



さてさて、アイラ島を訪問した後は
北上しフォートウィリアムという街へ。


この街から北は「ハイランド地方」と呼ばれます。


そしてこの地方には世界で最も美しい城といわれる1つ、
アイリーン・ドナン城があります。

IMG_3623.jpg


それにしても壮観



てかですね

まさにこれは

リ ア ル ド ラ ク エ

って感じです


IMG_3608.jpg


頭の中にずーっと
ドラクエ3の「王宮のメドレー」が流れます



IMG_3616.jpg


この角度なんて、「冒険者が長く歩いてきて
お城を見つけた」って感じしません?




その後スコットランド首都のエジンバラへ向かうんですが
途中ネッシーで有名なネス湖にも寄り。。。


Nessie.jpg


この写真、懐かしい!!



それにならって
双眼鏡でネッシーを探しましたが


IMG_3627.jpg




見つからず¯\_(ツ)_/¯


まぁミーハーなアメリカ人と日本人
有名所は抑えておきたかったといった感じですね


とまぁそういうわけで
道中のレストランで飲んだビールについて書くことにしましょう


で、今日のビールです。


ヤール
Jarl

Fort Williamのレストランにて4ポンド位だったと思う化

IMG_3483.jpg


ようやくイギリスらしいラインナップでしょうか…!

イギリス式樽生、手動のポンプで注がれる
リアル・エールです。


スコットランド・アーガイル地方にある醸造所で
創業は2000年。


IMG_3480.jpg


黄金色、白濁しています。
炭酸かなり弱めでまろやか(コレぞエール!)
強めのグレープフルーツ香。
やや辛口、後味軽くグレープフルーツ香。





ベルハーヴェン・ベスト
Belhaven Best

Tarbert Anchor Hotelにて4ポンド位だったと思う化

IMG_3482.jpg

スコットランド南東部にあるベルハーヴェン醸造所で
創業は1719年。スコットランドではかなり頻繁に
見かける銘柄です。

こちらのビールもエールですが、手動ではなくガス式なので
一般的な樽生、って感じですね。


IMG_3484.jpg


美しい琥珀色、あまり香りはありません。
炭酸やはり弱めでマイルド。
ナッツぽい、そしてちょっと麦茶ぽい?
後味ごくごく軽く残ります。飲みやすいです。


次はスコットランドの「パブ」文化について
書きたいと思いまーす!!






人気ブログランキングへ
05:51  |  ビール・スコットランドSCO  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.06.14 (Thu)

アイラ島・ウィスキー巡礼記2:常識を覆すビールに出会った アイラエール・シングルモルトエール/フェイス2018

おばんでございます


スコットランド滞在記、続けましょう


蘇格土蘭(注: 『スコットランド』です)入りしてから早3日。
今日はようやく!アイラ島へ向かいます。


e81ca119-834c-47b5-a30e-65ba45c69a2b.jpg

アイラ島において最大の目的だった
ラフロイグ蒸溜所(後述)にてパチリ。
(右は一緒に行ったアメリカ人同僚・アンドリュー)


スコットランド本島からアイラ島までは
フェリーで2時間ちょっとの旅。


IMG_3488.jpg

レンタカーともどもフェリーに乗りまして…


IMG_3491.jpg


ゴキゲンな船旅です


今回の滞在、本当はアイラ島で
数泊滞在したかったんですが


まさかのまさか、年に一度の
「アイラ・ウィスキーフェスティバル」
絶賛開催中(゚Д゚)


島の小さなホテルやB&B(ベッドアンドブレックファースト)は
容赦なく満室


なので泣く泣く、アイラ島へは
日帰り旅行することにしたわけです


IMG_3550.jpg

そんな、アイラ島。


まずアードベック、そして
ラガヴーリンという蒸溜所を訪れ


そして今回のメイン:
ラフロイグ蒸溜所へ。



ここでは蒸溜所ツアーを予約してあったんです



導かれるままに、蒸溜所の中へ!

IMG_3510.jpg

麦を発芽させる部屋や


IMG_3512.jpg

ラフロイグの代名詞とも言える
泥炭(ピート)を焚く釜を見学したり

IMG_3513.jpg

おっちゃんがちょくちょくピートを
継ぎ足していますね


f6eda931-acc0-4a09-8220-d4ffe5770de2.jpg


勧められるままにその中に手を突っ込んでみたり
これが意外!全然熱くないんですよ


IMG_3519.jpg

そして蒸溜所のである、蒸溜ポイント。


IMG_3525.jpg

蒸溜したての無色透明のウィスキーが
こーんなにたくさん出来上がってきます


本当にいろーーんな物を見せてもらって
1時間ちょっとのツアーはあっという間に終了。



…って何が凄いって、ツアーの合間に

ここのウィスキーをちょこちょこ
注いでもらえるんです(゚д゚)ウマー


それを飲みながら、説明を聞いたり見学したり。

なんとも贅沢で、夢のような時間でした



では、せっかくですし

アイラ島のビールを飲むことにしましょうか!


で、今日のビールです。

アイラエール・シングルモルト・エール
Islay Ale Single malt ale

フェリーの中で3,95ポンド也

IMG_3554.jpg


アイラエールはアイラ島唯一の醸造所で
2003年に設立されました。

Islayale.jpg

アイラ島の産物を主に使って醸造しているので
味はウィスキーに近くなるのでしょうか…!?


IMG_3555.jpg

薄目の琥珀色、少し白濁
お花系のポップの香り
やや辛口、でもとても飲み口がいい
後味の苦味が麦茶ぽい。美味!!





アイラエールズ・フェイス・2018
Islay Ales Fèis 2018

醸造所直営所にて3ポンド

IMG_3697.jpg

前者がなかなか美味しいビールだったので
これもまぁ、普通のエールみたいなんだろうなー

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました


IMG_3698.jpg





………



860a127c8a1a2d03c88bed9a91955317.jpg


なんじゃこらーー!くっさ!!

おお、ここまで個性的なビールは
初めてかもしれません(゚Д゚)



濃い目の黄金、心持ち白濁。
ひじょーに強いピート香!
何も知らない人がかいだら
絶対にビールだとわからないでしょうねコレ
やや甘口なんだけどピートの強烈な香りが甘みをかき消し
後味ももちろんピートピート。これは強烈


ま、まさかアイラ島で常識を覆すビール
出会うとは思いませんでした

ここの醸造所のビールはいくつか購入しましたんで
この滞在記内で更新しますね






人気ブログランキングへ
16:52  |  ビール・スコットランドSCO  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.06.06 (Wed)

アイラ島・ウィスキー巡礼記1 ブリュードッグ・パンクIPA/レコーダーリック プレミアム・ストロベリー・ライム・サイダー

おばんでございます


突然ですが


スコットランドに来ています(゚Д゚)<マッサンー



da3e7b6a-e0e4-4d74-986c-a8c0120815fd.jpg


てのはですね


ビールを色々と突き詰めていくうちに
ウィスキーへの興味が芽生えたんですが

ちょうど同僚がスコットランドを旅行するというので
それに乗っかってみたわけですイエイ


まさに渡りに船



今回の最大の目的は!


ウィスキー好きなら知らない人はいないであろう


アイラ島・巡礼


なんですね!


islayscotlandmap.jpg
「イズレーIslay」と書いて「アイラ」と読みます


スコットランドというのはビール界としては
ほぼノーマーク(失礼!)だったんですが
ウィスキー界だと「スコッチ」なんてもはや
ウィスキーの代名詞になっていますよね

泣く子も黙る、ウィスキーの大聖地です。


今回はスコッチの合間を縫ってビールを飲む、という
なかなかに肝臓に負担のかかりそうなプログラムなんですが



体調を崩さない程度に飲みまくりたいと思います


ミュンヘンからは格安航空イージージェット
蘇格土蘭(←スコットランドってこんな字を書くんですね)入り。


easyJet.jpg


イージージェットはライアンエアーと並んで
ヨーロッパの格安航空会社として知られています。

機体にデカデカと自社URLが書いてあったりして
「日本直販」も顔負けなコテコテ具合ですが…

今回初めて使ってみた限りは
そこまで色々とアレな印象はありませんでした

あ、でも結構平気で遅延してましたね
行きは1時間半、帰りは40分…


そして手荷物は1人につき1つ!
このコントロールはかなり厳しかったです


そんな、スコットランド。


まずは首都エジンバラから西に進み、ターバートという街へ。
そこに一泊し、近くの港からフェリーに乗って
アイラ島へ向かいます。


IMG_3695.jpg

のっけから素晴らしい自然に目を奪われまくっています…


ではではとりあえず、
スコットランドのビールをいってみましょう!


注: 実際はもうミュンヘンに帰ってきているんですが、
旅をしながら書きためた物なので、その方が臨場感もあるでしょうし
多少のタイムラグは目をつぶってくださいね



で、今日のビールです。


ブリュードッグ・パンクIPA ポストモダン・クラシック
Brewdog Punk IPA Post-Modern Classic

イージージェットの機内販売で6ユーロ也

IMG_3460.jpg

スコットランドのエジンバラに
2007年に誕生したとても新しい醸造所です。


IMG_3461.jpg


やや濃い目の黄金色、
とても強いグレープフルーツ香。
味は苦味も感じるがIPAにしてはかなり甘め。
後味はなんだろう、苦味に加えて
独特なスパイシーさが残ります

缶をフト眺めると

IMG_3462.jpg

何故か日本語が書いてある!!

…って、色々調べてみたら
日本ではなかなかに有名なビール?みたいですね


それにしても6ユーロはちょっと高いなぁ・・・
イージージェットさん、なんとかしてください






イージージェット機内販売のビールは二種類のみ、
しかもその片方がハイネケンという…

なのでビールの範疇からは外れてしまうんですが
グレートブリテンらしく!
りんごから作るお酒: サイダー(シードル)を飲んでみました


レコーダーリック プレミアム・ストロベリー・ライム・サイダー
Rekorderlig Premium Strowberry-Lime Cider

イージージェット機内販売で4,5ポンド也

IMG_3758.jpg

レコルダーリック・サイダー社は1996年に
スウェーデンで誕生した会社です。

自分で自分のブログを検索してみて気づいたんですが
意外や意外、りんごのお酒「シードル」は
これまでに一度も登場していませんでした

IMG_3759.jpg


ピンク〜赤色、氷つきで提供されました
強ーいいちごの香り。
これは、まぁ、ジュースですよね
身体に悪そうな甘ーいいちごのジュースで
ほんのりアルコールを感じるってとこでしょうか、
ライムはほぼ感じません


改めて今回の巡礼でのビール・リストを数えてみたら
なんと全部で23種類ものビールを飲んでいました(゚д゚)ウマー

少し紹介するビールの数を増やさないと
追いつかないかもしれませんね!頑張ります






人気ブログランキングへ
19:32  |  ビール・スコットランドSCO  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.10.20 (Fri)

「カブり」に関する考察、または酒蔵在庫把握の問題点 イニス&ガン・オリジナル/トーステッド・オーク・IPA

おばんでございます



突然ですがみなさん


すでに持っている物をもう一度買ってきてしまう

いわゆる「カブり」


の経験はありますか?



IMG_2935.jpg



ありますよね・・・


先日、安売りスーパー・リードルLidlにて
イギリス・フェアを絶賛開催中

そのコーナーにはもちろんイギリスのビールがあり

これは買わないわけにいくか!否!(゚Д゚)ゴルァ!!


…というわけで喜び勇んで購入してきたら



これ持ってたぁぁ



先の写真みたいな状態に
なってしまったわけです(´・ω・`) ショボーン


ビール・ストックを把握しきれていない
自分に呆れつつも


こんなマニアックなビールが普通、カブるかよ!?
と逆ギレしています(笑)


C68479pb01_44113H.jpg
Google画像検索にて「カブる」


ちなみに元々あったビールは
以前ライプツィヒに滞在した時
購入していたものでした


不幸中の幸いとしては
まだブログで紹介したことのない銘柄
だったことですかね


なので気を取り直して…


で、今日のビールです。

イニス&ガン オリジナル
Innis&Gunn Original

Lidlにて1ユーロ位だったと思う也


IMG_2943.jpg

イニス&ガン醸造所はスコットランドの
エディンバラにある醸造所です。
創業は2002年と若いものの、カナダでは何故か
「最もポピュラーなイギリスのビール」と
銘打たれているそうで…

あれ、でもスコットランドって英国…?モゴモゴ

この銘柄は「オリジナル」というだけあって
英国お得意の「エール」ですね


IMG_2944.jpg

美しい琥珀色。ウィスキーとカラメル香。
うっわ甘!炭酸が弱めなので甘味をより感じますね
アルコール度はちょっと強めで6,6パーセント。
後味はカスタードクリームみたいな感じです。
これは珍しい、そして美味しいです






イニス&ガン トーステッド・オーク・IPA
Innis&Gunn Toasted oak IPA

ライプツィヒのBierfreundeにて3ユーロ位だったと思う也


IMG_2941.jpg

同醸造所の別銘柄です。
インディア・ペール・エール、略してIPA。

IPAってなに?という方はコチラを。


IMG_2942.jpg

かなり濃い黄金色、麦の香りと柑橘ホップ香。
やや苦め、どっしりボディ。
でも「これIPAなの?」という印象も
後味は麦。うーん、IPAか。。。

悪くはないんですけどね






人気ブログランキングへ
21:22  |  ビール・スコットランドSCO  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT