2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2015.10.23 (Fri)

深まる謎:350mlと355mlの違い カス・フレッシュ/ハイト・ペールラガー 

おばんでございます


ミュンヘンはどんどん秋深まり
寒くなってきて暖房をつけ始めていますが
みなさんいかがお過ごしでしょうかね?


さて。


ここん所のブログを読み返してみるに

ここ数回の記事がいただき物ばっかり
構成されているのに気づいてしまいました


ビールを進呈してくださった皆さん、
改めまして本当にありがとうございます


…とまぁ、これもいい機会ですし

いただき物を一気に紹介してしまう事に
してしまいましょうか


そういう訳で今日のビールは、
以前にもご紹介した韓国人同僚が
お土産で持ってきてくれたビールです。


ここでふと気がついたんですが


韓国の缶ビールって355mlなんですね!

IMG_1624a.jpg


日本のビールは350mlが主体。

IMG_1626.jpg



ここドイツをはじめとするヨーロッパの
小瓶サイズは多くが330ml


はて…?と思って色々と調べてみたら


アメリカの液量の単位・オンス(≒29,573ml)に
起因しているみたいです。

12オンスというのが缶ビールのスタンダードだそうで
その量が約355ml

(アメリカのビールも主に355mlだそうです

ヨーロッパの方は単純に3分の1リットル、だそう。

でも日本のビール缶がなぜ355mlでなくて
350mlなのかに関してはなーんも記載がないんです

IMG_1623.jpg

確かに、日本の350ml缶(左、このビールは後日公開予定)と
比べるとほーんの少しだけ、韓国のビール缶(右)が
大きいのがわかります


いくつかのビール好きな方のブログを読むに
「日本人がキリの良い数字が好きだから」
なんて書いてる方がいらっしゃいましたが
もしかしたら本当にそうかもしれませんね

このブログをお読みの方で、もしご存知な方がいたら
是非教えてくださーい!


で、今日のビールです。


カス・フレッシュ
Cass Fresh

ビール研究会韓国支部Q.H.氏より寄贈

IMG_1613.jpg

このビールは以前ご紹介した韓国の
OBビールという醸造所の製品です。


IMG_1614.jpg


やや濃い目の黄金色、泡持ちが非常に弱いのが
みんな気づきそうなポイントでしょうか。
軽い麦の香り、非常に軽い飲み口。
甘辛のバランスがとても良く、飲みやすいですが
なんだか発泡酒みたいな味わい、とも。







ハイト・ペールラガー
Hite Pale Lager

ビール研究会韓国支部Q.H.氏より寄贈

IMG_1621.jpg

こちらも同じく以前ご紹介した
韓国の醸造所
の1つ、ハイトビールの
もう1つの銘柄です。


IMG_1622.jpg


美しい黄金色、甘い麦の香り。
味はやや辛口。アルコール度が4,3%との事もあってか
スイスイと飲みやすいです。
後味も麦の香りが少し。


日本のビールに比べると、さらに軽い飲み口が
好まれているのだろうかという気がします

それにしても

今フッと思いついたんですが
355mlで売るよりは、350mlで売れば
そりゃぁ利益になりますよね…ゴホゴホ






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
19:24  |  ビール・韓国KR  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.06.21 (Sun)

お隣の国からこんにちは ドライ・フィニッシュ・ディ/ザ・プレミア・OBピルスナー/クラウド

おばんでございます


今週はちょーっくらニュルンベルクという街で
コンサートがありまして、二泊三日という
短い滞在ではありましたが
そこで演奏会をしてきました


今回のプロジェクトは以前もご紹介した
J.S.バッハのヨハネ受難曲



IMG_1367.jpg


聖ロレンツ教会という美しい教会の中で
テレビ撮影+DVD作成+コンサートという
なんとも盛り沢山な内容でした


IMG_1374.jpg

ひろーい教会の中で半ば強引に作られた大きなセットを使い
その外側にお客さんを配置する、という
ちょっとアレなコンセプトでしたので


当日の聴衆にはどこまで伝わったのか
若干不安ではありますが



今回のプロジェクトでは来年の受難節に向け
テレビ番組が作られるみたいです


ヨハネ受難曲は、マタイ受難曲と
評価が別れる曲なんですが
個人的にはマタイよりヨハネが好きなんですよね…


コラールによる人間の内面性が
強く押し出された作品なので
歌い手側により強い感動を覚えさせる
というのがあるかもしれま…

…なんて書いたら小難しくなっちゃいますね


まぁ、とにもかくにも素晴らしい曲なわけです


あ、コンサートの様子はバイエルン放送の
ホームページで配信されてます
んで
もしよろしければご覧ください


さて。

日本滞在時に集めた(または贈呈して頂いた)ビールを
ご紹介するのが続いていますが

今日は、韓国人の同僚が休暇の間に
お土産で買ってきてくれた韓国のビールを
ご紹介したいと思います


韓国ビールは初登場!いってみましょう



で、今日のビールです。


ドライ・フィニッシュ・ディ
Dry Finish d

ビール研究会韓国支部Q.H.氏より寄贈

IMG_1375.jpg

韓国でOBビール(後述)とシェアを二分する
ハイトビール株式会社の製品です。創業は1933年、
アサヒビールとサッポロビールの前身会社(大日本酒造)との
共同出資で設立されたようです。

IMG_1376.jpg

ああドライなんだろうなーという淡い黄色。
香りは意外と麦の香りが強いです。
味は意外と甘口。でも名前の通り、後味は
とても軽いです。まさにドライ・フィニッシュ





ザ・プレミア・OBピルスナー
The Premier OB Pilsner

ビール研究会韓国支部Q.H.氏より寄贈


IMG_1377.jpg


OBビール(Oriental Breweryの略)は
1933年創業。こちらはキリンビールの前身会社が
戦前に経営していたものを引き継いだ会社、
みたいです。


IMG_1378.jpg

美しい黄金色。香りはホップの香りが
強いです。爽やかな草原の様な香り。
ドイツ産ホップ使用を全面に押し出しているだけあり
とても心地よい香りです。
味はやや甘め。でも後味は苦味が残るかな?





クラウド
Kloud

ビール研究会韓国支部Q.H.氏より寄贈

IMG_1379.jpg


コレはとっても新しいビールなんですね、
日本でもおなじみロッテ、その酒造部門の製品です。
2014年から販売されている銘柄だそうです。


IMG_1380.jpg


美しい黄金色、香りは麦の香りが強いです。
味はやや甘め、後味でホップの香りを感じます。
韓国のビールはやや甘めで軽い、という傾向が強いん
でしょうかね?そういえば韓国料理にもよく
砂糖とか水飴とかを使いますね

国によってビールに個性があって
とっても面白いと改めて感じました






人気ブログランキングへ
21:22  |  ビール・韓国KR  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |