2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.08.10 (Mon)

4年振りの再会・イン・プラハ ラデガスト/チェルノヴァール

おばんでございます


いやー、またも随分とご無沙汰してしまいました


今回こうやって更新が滞っている間、
実はチェコにいたんです。


一年に一度、ヨーロッパ中のクリスチャンが
一堂に会する催し物がありまして
今年の開催地がプラハだったんですね


マルチン・ルターが宗教改革を行った100年以上前、
チェコにおいてヤン・フスという人物が
ルターと同じような改革運動を行い、激しい弾圧にあった後
火炙りの刑で処刑されました。


Jan Hus

ヤン・フス (1369-1415)


今回は、彼の殉教600年(!)を記念して
チェコで集いが開催されたわけです。


そんなフスが活躍した土地であるのに加えて
ビール好きにとっては聖地の1つである
チェコ・プラハ。

もちろん催し物自体はとっても
感慨深いものだったんですが(感謝!)


まさかチェコのビールを味わわずして
おずおずと家に帰る事が出来るだろうか?


否!!


というわけで

プログラム合間の自由時間をフルに活用

行ってきました、金の虎!

11872653_10206218346210360_1798661134_n.jpg


金の虎?という方は
コチラをご覧くださいね



お店の正面入口・カンバン「金の虎」は
もちろん健在です

11844228_10206218346250361_855915173_n.jpg


といいますか

自分で自分のブログを検索して
気づいたんですが


前回、ビール研究会・会員夫妻(当時はカップル!)と
このお店を訪れた
のが
4年前
なんですね(゚Д゚)


4年前はザルツブルクに住んでいたんだなぁ…とか
K君は当時まだ博士じゃなかったなぁ…とか
Aちゃんは今でも変わらず可愛いなぁ、とか


色々と思い起こすと感慨深いですね


でも!

今回は前回の反省を活かし、午後3時の開店前
2時45分
からお店に並びました(笑)


11872583_10206218346330363_1735003281_n.jpg

こうやって並んで、待ちます。

開店が近づくにつれて
並ぶ人の数も増えてきますが

…開店すると、並んでいた甲斐あって
空いている席にスムーズに着席

ちなみに今回座った席は、ドイツ首相のメルクルさんが
プラハを座った際に座った席と同じでした


お店の中は、4年前とまーったく同じ。

11853791_10206218346290362_1401444530_n.jpg


座っただけで何も言わないのに
ビールが出てくるのも同じ
でした(笑)


11851235_10206218346370364_1095345503_n.jpg

そしてそのビールの美味しさも!

まさに(゚д゚)ウマーとしか
表現しようのない味!!


11855440_10206218346610370_1450541721_n.jpg

もう、何というか

至福

というのはこういう事を言うんでしょう


みなさんも是非!是非!是非!!

プラハにお越しの際は行ってみてくださいね



あ、このビールは4年前にご紹介しましたんで
今日はプラハでの戦利品の中からご紹介です


で、今日のビールです。



ラデガスト
Radegast

プラハのKauflandにて17,9チェココルナ(≒90円)也

IMG_1423.jpg


ラデガスト醸造所はノショヴィーツェという
チェコの東部にある街にある醸造所です。
創業は1970年。

ラデガストってのはスラブ神話に登場する
神様の一人だそうです


IMG_1424.jpg


やや濃い目の黄金色、草原のようなホップの香り。
味はやや甘め…と思いきや、苦味がフッとこみ上げてくる
いかにもチェコ!なビールです。
後味は麦の香りが強く残ります。





チェルノヴァール
černovar

プラハのKauflandにて15,5チェココルナ(≒78円)也

IMG_1425.jpg


プラハから50キロ程西にある、ラコヴニクという街にある
醸造所です。設立は1454年。

IMG_1426.jpg

ちょっと濃い目の黄金色、って前者とほとんど
色の違いがありません


この「ちょっと暗い黄金色」ってのは
チェコビールのスタンダードな気がします

香りはあまり強くないんですが(麦の香り)、
口当たりがスムーズ、甘辛絶妙なバランス!
いやぁー!美味しいビールです!!


チェコはやっぱり、ビール好きにとって
夢のような国ですね






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
22:10  |  ビール・チェコCZ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.08.23 (Thu)

マグナムにおじゃる コーゼル・スヴィェトゥルー

おばんでございます


まぁーまた、ものの見事に

更新が滞ってしまいましたね(´A`)



前回更新したのはスイス・ルツェルンの頃でしたんで
10日近く放置してしまった訳です


今現在は放送局の方のお仕事はお休み、要は夏休みな訳ですが

このスッポリと更新が滞っていた間、実は

ザルツブルクでオペラ公演に参加させて頂いていたんです


その名も「かぐや姫」(平井秀明作曲)


みなさんご存知の、「モモから産まれた~」…ではなくて

「竹から産まれた~…」の、日本のおとぎバナシですね


もちろん日本語のオペラですんで、公演は全て日本語プラスドイツ語字幕。



自分が勉強したザルツブルクで日本のオペラを上演するなんて
こんなめったにない機会があろうか、いや、ない!!



…と反語を用いてしまいたくなる位、貴重な機会をいただきまして



ちなみに僕は「公家」という役で、

自分の事を「麻呂(まろ)」と
名乗る求婚者の役(゚Д゚)



DSC_0197.jpg



…ま、こういう感じで楽しく演じさせて頂いたのでした



関係者の皆様、本当にお疲れ様でした!!!



終演後は、公演を観にきてくれていた美人ピアニストのKちゃんから
ビールのプレゼントをいただきましたので・・・


今日はそのビールをご紹介したいと思います!



(ビール研究所特攻隊長K君・Aちゃんカップルからも
貢物があったんですがそれはまた後日…



で、今日のビールです。

コーゼル・スビェトゥルー
Kozel Světlý

美人ピアニストKちゃんより寄贈

DSC_0199.jpg


このビールね、次の写真を見ていただければわかるんですが



DSC_0200.jpg

デカいんですよ(゚Д゚)ビッグー

左は330mlのビンです



DSC_0201.jpg


それもそのハズ、後ろのラベルを見てビックリ
1,5リットル入りのマグナムボトルです


Kちゃん、僕がそんなに飲む様に見えますか?


見えますか。あぁそうですか


コーゼルを醸造しているヴェルコポポヴィックー醸造所(なんて名前…)は
プラハの南に居を構え、1871年創業。
力強い雄山羊のラベルは、チェコで定番です

DSC_0202.jpg



スタイル: ラガー

原材料:

アルコール度数: 4,0%

色: やや濃い目の黄金色

香り・味: とてもモルティで若干金属臭がします。
とても軽いボディで甘口、でも後味のホップがとても強いのが
いかにもチェコ産!って感じですね



               |↑軽い(キレ)
               |
               |  ☆
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


ちょっと金属臭に似た香りが最初「アレ?」と思ったんですが
飲み進めていくうちに、どんどん美味しいと感じる様に・・・
1,5リットル入りのボトルにも妙に納得してしまいました。星4つ半!


全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)





人気ブログランキングへ



19:48  |  ビール・チェコCZ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.01.19 (Thu)

ジャケ買い、ならぬラベル買い ブレズニャーク・スヴェートレ・ヴィーチェプニー

おばんでございます

ちょーっくら、ご無沙汰してしまいましたね


実は昨日、何とか更新をしたかったんですが


Wikipedia英語版
24時間ストライキ


工エエェェ(´д`)ェェエエ工


昨日取り上げるつもりだった醸造所は
チェコの、ブレズニャーク醸造所

Březňák

もうめっちゃスゴ味のあるおっさんが
ラベルにドドンと印刷されている、それはそれは
売り場でも目を引くビールなんですが


…この醸造所のホームページ、チェコ語しかない(゚Д゚)ガーソ

なので英語版のウィキペディア頼みだったにも関わらず
昨日はストライキど真ん中。。。


という訳で、更新が今日になっちまいました



…ちなみに今日ようやく見る事ができたWiki英語版、
この醸造所の記事はたった一行しかありませんでした




なんだよぅコレなら昨日更新できたぢゃん、
なんて思いつつ



で、今日のビールです。

ブレズニャーク・スヴェートレ・ヴィーチェプニー
Březňák světlé výčepní

チェコのキオスクで1ユーロ位(≒100円)だったと思う也

IMG_0383.jpg

はい、おっさんの写真が見事中央に鎮座していますね

しかもこのおっさん、ビール持ちながら葉巻を吸っているのだ

確かにビールとタバコのコンビネーションは最高、なんて
ビール研究会ドイツ支部長A.D.君も言っていましたが


ウースチー・ナド・ラベムÚstí nad Labemというチェコ、ボヘミア地方の街にある
ここの醸造所は1753年創業。

ボヘミア地方と言えば、ココココといった
恐るべきライバルが乱立する地域ですね


ブレズニャーク・スヴェートレ・ヴィーチェプニー…と
ちょっと舌を噛んじゃいそうな名前ですが、Google教授に翻訳をお願いすると
「ブレズニャーク・ライト・ドラフト」。

どうやらちょっと軽いタイプの、ラガービールみたいですね


IMG_0384.jpg


スタイル: ライト・ラガー

原材料:

アルコール度数: 4,1%

色: かなり濃い金色、若干茶色がかっている

香り・味: とても甘い香り。
味はかなり甘めなんですが、後味でソレがほとんど残らないので
イヤ味は一切なし。
炭酸弱め、「麦飲料」感がとても強いです



               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |        ☆
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


とてもとても美味です。

なんだろう、ビールをガッツリ飲んでいると言うよりは
気軽に飲める「麦」ジュースを飲んでいる感じでしょうか…?


甘口があまり好みではなくて・・・といつも言っている手前アレですが
僕はコレ、好きです。。。

甘いけれども、サッパリしている。
キレのある軽さではないけれど、スッと入ってくる小気味よい軽さ
少し評価が甘いかもですが、星5つあげちゃいましょう!!


全体評価:★★★★★ (満点は★5つ)





人気ブログランキングへ
20:34  |  ビール・チェコCZ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.11.22 (Tue)

ビールかけは頭皮に良い? クルショヴィチェ・ムシュケテュール Bier Shampoo! / Krušovice Mušketýr

おばんでございます


今夜は、ちょっとシャンプーの話でも・・・


あーあコイツ、ネタなくなったから
適当な話しようとしてやがるよ(゚Д゚)



いーえ違います!


ビール・シャンプーの話です



事の発端は、以前滞在した、ビール研究所ドイツ特派員A君宅にて。
(注:下の方、わかりますかね?"Bier Shampoo"の文字が…)
shampoo.jpg

(゚Д゚)

こんな物が置いてありまして。
「使え」という言葉に甘えて使ってみたら!


(゚Д゚)≡サラサラー


ビールが髪にどういった働きをするのか
正直全然ワカランのですが(をい…)

それまでずっと使っていた安シャンプーとの
圧倒的な差に畏れ慄き
使い始めました(笑)


いやー、髪がサラサラになるだけじゃなくて
スタイリングとかもぜーんぜん、し易くなるんですよ!!!


そんなこんなで、以前のチェコに滞在している時も
Body&Shop的なお店で発見、ビールシャンプー


もちろん即買い


IMG_0244.jpg


ちゃんと「ビールシャンプー」の記述がありますね

IMG_0245.jpg


ただ、こっちの方はやたら甘い香りがするので
(確かに髪はサラサラになるんですけれど

後者は女性向けですかね…


ま、コレも使いますけど(断言


もし、僕の近くから甘い香りがしたら
別に変な色気を出したとかそういう訳ではなくて、このシャンプーを
使っているんだなぁ、とご理解頂けたら幸いです…

(少なくとも親愛なるブログ読者の皆様には。。。)


チェコ土産ついでに、今日はチェコのビールにしましょうか


で、今日のビールです。

クルショヴィチェ・ムシュケテュール
Krušovice Mušketýr

プラハのスーパーにて50セント(≒52円)位だったと思う也

IMG_0242.jpg

随分とフンワリしたとっかかりで導入しちまいましたが
ピルゼンとプラハの大体中間に位置するこのクルショヴィチェ醸造所、
チェコ・ボヘミア地方最古の醸造所です創業1581年。


ボヘミア地方の醸造所、といえばこれまでにも

ピルスナー・ウアクヴェル

ガンブリヌス

ブドヴァイゼル・ブドヴァー

等をご紹介してきましたが、チェコ西部のボヘミア地方は
正にビールの大・激戦区

僕が敬愛して止まない地方なのでもあります

そんな地域の最古醸造所と聞いては
胸も高鳴りますねドキがムネムネします


IMG_0243.jpg



スタイル: ダーク・ラガー

原材料:

アルコール度数: 4,5%

色: 銅~琥珀色

香り・味: モルティ&アルコールの香り。でもアルコール香は
ツーンってやつではなく「感じる」程度のもの。
味はカラメル・シロップ系。確かに甘いのだけど、それだけでなくて、深い…

そう、飲んでみてただ単に「甘い!」っていうだけではなくて、
その甘さを感じた刹那(゚Д゚)セツナ!
それとは違う「何か」に奥から包まれる感じで


               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               | ☆
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


非常に美味です。ムムム、さすがチェコ・・・
素晴らしいバランス、エレガントな味わい

なんかボヘミア地方のビールばっかりにこう、星5つつけてしまうのが
段々シャクになってくるのがアレなんですが、今回も星5つですね


全体評価:★★★★★ (満点は★5つ)






人気ブログランキングへ


23:03  |  ビール・チェコCZ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.10.09 (Sun)

伝説の店・in プラハ

おばんでございます

チェコ・プラハでビール飲みまくりツアー記、まだまだ続きます!


スタロプラメン醸造所(隣接のレストラン)でプラハのビールを堪能した僕たち。
プラハ中心街を抜け、次の目的地に向かいます


その名も、『金の虎 U Zlatého Tygra』

IMG_0355.jpg



ビール好きな方なら、ひょっとしたら耳にされた事があるかもしれませんね


この店はもーーー有名かつ曰く付きの店でして、ビール好きの間では
軽く伝説になってしまっている位なんですよ


なんでも


午後3時の開店に並ばないと座れないとか
午後5時あたりからはもう全席予約が入っているとか
飲み物は当然の如くビール(ピルスナー・ウアクヴェル)
しか置いてないとか
座ったら注文しないうちからビールが出てくるとか



お店にまつわる噂は
数え上げたらキリがありません



R1022078.jpg

お店の外観です。前の通りは工事の真っ最中でした



で、行って来たわけですが




噂は全部当たっていました(゜Д゜)




強いて付け加えるならば

英語が通じないとか
(これは多分、お店の方針みたいな気もしますが…)
常連客が多すぎて店から溢れているとか
その常連さん達は立ち飲みしているのに
僕たちは座るまでダメだったとか
そんな常連客達は女の子には特に優しかったとか

(コレは本当に、女性と一緒に行くのをオススメします…)



なにこのアウェイ満載感(゚Д゚)



席についてしまうと、それ以降は何の問題もありませんでしたが
(だって勝手にビールが運ばれてきてしまうので


それまでが結構な戦いですよ、奥さん


僕達は、ビール研究所首席研究員のK.N.君の突撃っぷり
その彼女Aちゃんのおっさんキラーっぷりにより


お店の中で10分15分立ったままネバった挙句
ようやく席につけた訳です(もちろん相席)。


実はビール研究所所長の僕がうっすら諦めかけていた
なんてのは口が裂けても言えません(ほんとみんなありがとう


R1022087.jpg

お店内観。1つも席が空いていません
空いたらすぐに誰かがやってきて、埋まってしまいます・・・


R1022079.jpg

お店の中央に鎮座するビール・サーバー。


R1022085.jpg

「金の虎」というだけあって、店内のいろんな所にトラ君がいます


U Zlateho Tygra02

窓ガラスにはホップが 芸が細かい!


で、ビールが運ばれてきてですね

U Zlateho Tygra



・・・


・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・美味しい。


・・・・・・・・・・・・美味しい。


・・・・・・・・・・・・美味しい。


(大事な事なので3回言いました)



というよりも、解せなかったんですよ。

だって醸造所がある街(ピルゼン)で
さんっざん飲んだピルスナー・ウアクヴェルより


100キロ以上離れたプラハで飲んだ
このピルスナー・ウアクヴェルの方が



全然美味しいんですもの(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)


このお店で飲んだこの銘柄は、今まで飲んできたどのピルスナー・ウアクヴェルとは
別の味でした。

新鮮なビールの味…とか、

素晴らしいホップの香り…とか、

このモルティ感が…とか、

なんかそういう言葉で形容するのもちょっとなんかアレな気がする位でして


僕はお店で「なんで?おかしいよこの味?」を連発して
ずっと首をかしげていたそうですが(笑)
(割と酔っていたのかそれはあまり覚えていないという…


直接誰かに質問して確かめてみたかったんですが、店員さんはとにかく忙しそうだし
なんつっても言葉が通じないし、なのであくまで自分の考えに考え抜いた考えですが


ピルゼン⇔プラハの距離
(=輸送時間/提供されるまでの時間)、

道の具合(振動等がビールに与える影響)、

お店の樽を管理する能力、

後はビールを注いでくれるおっさんの職人芸。



それらの条件ががぜーーーーーーーーんぶ合わさって
(しかも天文学的な確立で、全てうまくかみ合って!)

この味を形成するに至っているんですね。。。(遠い目)


プラハで美味しいビールを飲んでみたい方、いや!もとい、

プラハに滞在される
全ての方にオススメします!!



チェコ旅行記、もうちょっと続きます…

ぼちぼち通常営業に戻りますんで、お付き合いくださいね





人気ブログランキングへ
16:34  |  ビール・チェコCZ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT