2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.12.19 (Wed)

クールポコ状態 マーフィーズ・アイリッシュ・スタウト

おばんでございます


月並みではありますが


師走ってのは忙しいですね!(゚Д゚)ソーデスネー


師までもが走っちゃうってのはなんだか言い得て妙って
感じがしますけれど



…なーんて軽口を叩いてはいますが



つい5分前



メールを受信し、それとなくファイルを整理していたら



ここ5年間の受信メールを全て
きれいさっぱり消去してしまう



という、人生初の大ポカをやらかしてしまい

事の重大さと真摯に向き合わないまま

現在、妙なテンションでブログを書いています…正に現実逃避



201210041618158bf.jpg



もう心境そのまんまですよ。。。



ホントどうしよう


どなたかパソコン詳しい方、教えてください



…という訳で今日はもはや、テンションもめちゃめちゃですし
本来は「フローティングウィジェットに関する考察」と題して
色々書きたかったんですが



想定外の事態により
簡易版でお届けします(´A`)


で、今日のビールです。

マーフィーズ・アイリッシュ・スタウト
Murphy's Irish Stout

スイスCoopにて2ユーロ位だったと思う也

DSC_0327.jpg


この醸造所は1856年にアイルランドに設立されましたが
1983年にハイネケンに買収され、傘下となったようです。


DSC_0338.jpg


このビールの特筆すべき点は、フローティング・ウィジェットによる
クリーミーなその、泡です。


DSC_0336.jpg

まるでお店で飲んでいるかのよう!!

下の写真にある「タマ」がその秘密なんですが
今日はそれについて書く時間がなくなってしまいましたんで
詳細は次の機会にしたいと思います・・・スミマセン


DSC_0340.jpg



スタイル Gattung: アイリッシュ・スタウト Irish Stout

原材料 Zutaten: 水、麦芽、ホップ、酵母 Wasser, Malz, Hopfen, Hefe

アルコール度数 Alkoholgehalt: 4,0%

色 Farbe: 黒 Schwarz

香り Duft: カラメル、少しナッツ Karamel und Nuss

味・ボディ Geschmack und Koerper:
いやー、クリーミィィィな泡!基本はやや苦めですがとっても複雑な味。
ビール本体(…と言うのか?)は炭酸が非常に弱く、軽めのミドルボディ。
後味は焦げたトーストの様。じっくりと舌の上に残ります

Sooooo Cremig, unglaublich!
Leicht bitter, und sehr kompliziert. Sehr wenig prickelnd,
Leicht-Mittelschwerer Koerper. Sehr langer Abgang
von verbranntem Brot.




               |↑軽い(キレ)Leicht
               |
               |  
       ☆       |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口 Herb                   甘口 Suess→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)Koerperreich








人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
21:56  |  ビール・アイルランドIR  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2012.03.26 (Mon)

イエス・ウィ・キャン! キルケニー・アイリッシュビーア

おばんでございます

またもご無沙汰しちまいましたね


えーっと、今日やっと正式に書類が来ましたんで、オフィシャルに…




突然ですが




ミュンヘンに移住します(´A`)ヒッコシー



先日、ミュンヘンにある某放送局・アンサンブルのオーディションがありまして




この席は10年近くずーっと合格者が出てないし

他パートは最近2人立て続けにアジア人を採用してるし

何よりとんでもないレベルの人たちばっかだし・・・





…なんて思いつつ 「まぁ、ダメ元で」
的な感じでオーディションに行ってみたら









受かっちまいました(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)





一生分の運を使い果たしてしまった気持ちです

(うーん、相変わらずネガティヴ!笑)



お仕事は5月から、って事になるみたいなので

今はミュンヘンの家探しで奔走しています


他にも契約とか、健康診断とか、無犯罪証明の取得?とかナンダカンダで
ミュンヘンとザルツブルクをけっこう往復する事になりそうではありますが


…とにもかくにも、ホッとしています(´A`)





ちなみに同居人も、同日「準団員」のオーディションを受けてたんですが







これまた受かってるし(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)




なんか「悪い事が起きないといいんだけど…」

みたいな話題が尽きません(笑)



とは言え、2人で一緒に最高のタイミングで
ビールの都に拠点を移せるのを、心から嬉しく思っています



ちなみにココのテノール軍団はビール好きが揃っているみたいなので

皆さんに「ミュンヘンのビール」今以上にお届けできる日も
そう遠くはないと思います 待っててくださいねー!!



さーて祝杯一杯目いってみましょう!(゚∀゚)


今 週 は 飲 み ま す よ(笑)



で、今日のビールです。


キルケニー・アイリッシュビーア
Kilkenny Irish Beer

ビール研究会A.D.氏より寄贈

677px-Kilkenny.png


キルケニーはアイルランド郊外にある街なんですが
実はギネス社の製品なんですね(゚Д゚)
でもみなさんが思い浮かべる真っ黒な「ギネス・スタウト」ではなく
淡い茶色をした、「ペール・エール」のジャンルです。

IMG_0489.jpg


みなさんお馴染みのギネス・スタウトに比べたら
随分大人しい、控え目な茶色をしていますよね…?


IMG_0488.jpg



スタイル: ペール・エール

原材料: 大麦麦芽、焙煎麦芽、ホップ、ホップ抽出物

アルコール度数: 4,3%

色: 琥珀色~茶色

香り・味: モルティー。でも味自体は辛口で
「紅茶の苦味」の様な苦味があります。ちょっとカラメル味も。



               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
    ☆          |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


かなり辛口、でも軽い飲み口の飲みやすいエールだと思います。
軽め・エールのスタンダードと考えていいのかな?星4つ!


全体評価:★★★★ (満点は★5つ)





人気ブログランキングへ
22:22  |  ビール・アイルランドIR  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.12.12 (Sun)

恐らく一番有名なビール、ギネス・エクストラスタウト

おばんでございます

いやー、昨日はちょっと色々ありまして、お暇を頂きました
それに加えて今夜は先月紹介した「自ビール」の、熟成具合を確かめる
品評会っぽいものがありまして…

ちょっとだけ、あいまいな更新頻度になる可能性があります( ゚Д゚)

なのでアドヴェントカレンダーの方も一日ズレが生じてしまいましたが
今後適当に辻褄を合わせて極力ブレの少ない様に更新してきますんで
暖かい目で見守って頂ければと思います

自ビールの熟成具合もレポートしますので、そちらもお楽しみに


さて!アドヴェントカレンダー、12日目です!

1212Guiness.jpg

おお、よーやく来ました!恐らく世界で5本指に入る位有名なメーカー
1756年創業のギネス社です

てか知らなかった、日本での販売権はサッポロからキリンに移っていたんですね…
しかもイギリスとも切り離せない関係だろうとばかり思っていましたが、ロンドンの工場は
2005年に閉鎖されたとの事

なんか近年話題に事欠かないギネス社ですが、その味はいかに…?

で、今日のビールです。


ギネス・エクストラスタウト
Guiness Extra Stout

アドヴェントカレンダー12日目

Guiness extra stout01

ギネスといえば、日本でも「黒ビール」というイメージが定着していますが…
その例にもれず、真っ黒なビールです。

Guiness extra stout02

はい、真っ黒ですね。泡までちょっと茶色がかってます

香りはよーく嗅いでみると(色が真逆なんでアレなんですが)白ビールと似た
ニオイがしますさすが上面発酵ビール同士!
後は甘いパンの様な香り、黒砂糖の甘い香り、そしてちょっと醤油(!)
これは恐らく酵母の香りですね。実はこれと同じ事は「色が濃い目・重た目の
白ビール」でも感じました。先日紹介したツィラータールとか…。
(決して黒ビールの「黒」に惑わされてる訳ぢゃないですよ)w

炭酸はやや強め、泡もちはかなり、いや相当良いです。
ギネスお馴染み、例のプカプカ浮いている球体(フローティング・ウィジェット
Floating Widget)が入っているギネスの缶ビール(日本で主に売っている
ギネスです)とは違い、泡が入り混じってクリーミィ…みたいな味わいはないです…

て、当然ですよね、瓶なのでそんな球体は入っているハズもなく

味は見た目ほどには苦くなく(笑)、あっさりしているという訳でもなく
かといって重たい訳でもないので、とても飲み易いです。
いい意味で、黒ビールとしてとてもいいバランスを持っているのかなー。
以前ご紹介したオーストリアのゲッサー・シュティフツブロイよりも、しっかりですね。

なんだろう、このギネス特有の後味「旨苦」成分は…?
どーーしてもわからなかったので横着してビール辞典を見てみたら
「オーク樽の香り」と「焙煎麦芽」、そして「ホップ」の味と香りが
入り交ざった物みたいですね。

基本的にコレは黒ビールには必須条項ですんで(というか、黒ビールの味というのは
基本コレで構成されるのです)、この「旨苦」のバランスをもっと上手く表現
できる様になれば、もっともっと違いのわかる男になれるのでは?
なんて思ってます。。。精進します

人気ブログランキングへ




23:25  |  ビール・アイルランドIR  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |