2011年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.06.29 (Wed)

新たなシメイ感 シメイ・青(2009/2011)

おばんでございます

えーっと実はですね、諸事情ありまして
今、フランクフルトの近くのダルムシュタットという街に来ています。

とっても長い話になるので詳細は割愛しますが

まぁ、とっても濃縮すると、友達の家に泊めて頂いているんですね

アキさん、アンディ、どうもありがとうーーー


で、ですね。

こここ今回の目玉!が

ヨーロッパ最大(世界最大?)のビール屋さん訪問

なんですよコレが。

Maruhn01.jpg


「マルーンMaruhn」という、ダルムシュタットの隣町にあるお店なんですが

これが、ねぇ!

あーもう!!!


正直な感想として


この店に住んでみたい(゚Д゚)


です。割とマジです。

だって、店に足を踏み入れて言葉を無くしますよ

店に入ると


Maruhn02.jpg
(念のため、全部ビールです)


で、反対側を向いてみると向いてみたで


Maruhn03.jpg
(念のため、これも全部ビールです)


奥の方には、もっともっと細分化されていろーーーーんな種類のビールが


Maruhn04.jpg
(念のため、これもまた全部ビールです)

…こんな感じで並んでいる棚が3列あります

いやー、コレは、凄い!!凄すぎる!!!(゚Д゚)

結局僕はその店に1時間半いました

そしてそんな中とても目を引いたのが、ベルギービール。素晴らしい品揃え・・・

中でも「トラピストビール」と呼ばれる「修道院ビール」、
ザルツブルク界隈ではどうひっくり返っても見つからなかったんですが

まぁ、なんつーか、いとも簡単に置いてある(涙)


今回はその中から、シメイビールのご紹介です。


で、今日のビールです。

シメイ・青(2009年/2011年)
Chimay Bleu

Maruhnにて1,99ユーロ(≒233円)也

シメイ・ビールは名前の通り、ベルギーのシメイという街の近くにある
ノートルダム・ド・スクールモン修道院で醸造されています。
醸造開始は1862年。


Chimay200901.jpgChimay201101.jpg

あれ、なんで同じ銘柄の写真2つ?って感じですよね・・・


えーっとまずですね、今日は本当に本当にツッコミ所が豊富なので
「トラピストビールとはなんぞや」という事に関してはWikipediaをご参照頂ければ


トラピストビール(Wiki)

(手抜きですいません…説明を始めてしまうとキリがなくなってしまうので


で、誤解を恐れずに、要約するとすれば

・ベルギー/オランダにある7つの修道院「のみ」で醸造
・瓶詰め後も熟成が進む


はい、今回問題になったのが、2番目の点です。


実は今回泊めてくれている友達が、僕に気を遣ってくれて

以前彼が「マルーン」で買ってきていた「トラピストビール」、
この「シメイ青」をふるまってくれたんですよ

で、僕は昨夜それを飲んで、味とかをメモしておいた。

でも若干酔っていた
かなり珍しいビールという事もあって

「よし、明日もう一度同じものを買ってきてよく味わい直そう」フッ

と、さらにもう一瓶購入する口実に読者の皆様に誠意を尽くした。


…と、ここまでは良かったんですが、今日イザ飲んでみると


全然味が違う(゚Д゚)ナンデ?


昨日書いたメモとは、どうしても似ても似つかない。

香りや炭酸、泡持ちなんかに関しては、どう考えても別物だし・・・

ナンデナンデナンデ!?と、色々と調べていたら、先述のポイントに辿り着きました

はい、昨夜飲んだ物と今日飲んだ物では、同じ銘柄ながら

2年間熟成期間が違っていたんですね・・・

(上のラベル写真からも、辛うじて確認する事ができるかと思います…!)

なので今回のレポートは、相違点に関しては年度別に記載してあります

いやいや、ワインでもないのに、まさかこんな状況に出くわすとは


Chimay200902.jpgChimay201102.jpg
左:2009年、右:2011年。
(光の加減で色が大分違って見えますが、色の差はあまりなかったと思います)

スタイル:トラピスト・ビール

原材料:大麦麦芽、小麦、砂糖、ホップ、酵母

※発酵を促すために砂糖を入れるのが大きな特徴ですね
なのでドイツでは、生産できない事になります。。。

アルコール度数: 9,0%

比重:

色: 焦げ茶色

香り:
2009:酵母&醤油っぽい香り、そして恐らくホップ由来のフローラルな香り。

2011:カラメルの香りが強いです


炭酸&泡:
2009:やや弱め/ほぼなし

2011:中庸/やや弱め

炭酸がとてもクリーミィです。

味:9%のアルコール度数からは想像もつかない味。
重さをそこまで感じさせず、決して甘すぎず、そして深い!!
甘さはカラメル系だが主張は全然激しくない。生産年が古い方が甘みが弱かったと
思います。

ボディ: フルボディ

後味: カラメル・バニラの様な甘い香り。とても長い時間、鼻腔の中に残ります。
後味の差はそこまでないですね


何に合わせる?:
やや重た目の料理、でしょうか?揚げ物とか。
でも何かに合わせる、というレベルでもないのかもしれません…
ウィスキーとかブランデーみたいな感覚で飲む、夜の飲み物に近いかもです


全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)

「フルボディのビール」の概念が変わりますね。これまで見てきた重た目のビールとは
また一線を画すビールです。とてもとても幅広く深い味。

なんと言っても、保存期間の長さによってここまで味が変わるとは!

今日の一言「ワインぢゃあるめぇし」(笑)

でも、そんなこと、あるんだ!ビールは本当に奥が深い




人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
21:00  |  ビール・ベルギーBE  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2011.06.22 (Wed)

やるねぇ日本も キリン・一番絞り

おばんでございます

イキナリですがまず、なんつーかこう、大きな声で叫びたい事として


祝!ブログ第100記事なんです!


いやーー、3日坊主の僕がこうやって続けられるとは、夢にも思いませんでした

度を超えた僕のビール好きもさる事ながら、ここ最近色々な方から

「ブログ読んでるよ~」

などと仰って頂いて、調子に乗って頑張ってこれたんだと思います


これからも頑張りますんで、是非是非見にきてくださいネ

そしてビール好きなお友達に宣伝しちゃってください(笑)


さて!

記念すべき100記事目、一体何を書いたらいいのやら?

…と迷っていたんですが、これまで



日本のビールを紹介していなかった(゚Д゚)


事に気付きまして


どうしようどうしよう、と酒蔵をゴソゴソしていると

去年の年末にアジア・ショップで購入した「一番絞り」を発見


なので今日は、この逆輸入?(…輸入、はしてないのだけれども)ビールを

ご紹介したいと思います


で、今日のビールです。

キリン・一番絞り
Kirin Ichiban

アジアショップにて1,2ユーロ位(≒140円)也

Kirin Ichiban01


いやー、嬉しいなぁ、まさかオーストリアの地から
日本のビールの事を書けるだなんて・・・

キリン・グループに関してはいくらでも長く書けてしまいますんで、詳細な記述は
省略しますが、創業は1870年。厳密に言うと旧社名の「麒麟麦酒」の創業は
1907年で、日本で2番目に古いビール会社です。
てか、日本で一番古いのはサッポロだったんですね…知らなかった

で、ですね。

この「一番絞り」に関しまして(僕の中でのイメージは緒方拳)。

去年10月から、一番絞りの


欧州における生産(ライセンス)は全て

独・ヴァイエンシュテファン社が行っている


うっわーーもー、ビックリですよ!!!


あ、ヴァイエン…社もこのブログでまだ取り上げてませんでした
泣く子も黙る、一大企業です。そちらも近日、必ず!!


なんでも以前、一番絞りは製法を大きく転換した時期がありまして

(要はひじょーーにかいつまんで言うと、麦芽100%になりまして)

その結果、ドイツのビール純粋法に違反しなくなったので、ドイツでの生産が
始められたそうなんです…へーへーへーへーへー(←ちょっと古い)

※「ビール純粋法」って何だ(゚Д゚)ゴルァ!という方は上の下線部をポチっとな


キリンのHPでも、それなりに大騒ぎしています

http://www3.stream.co.jp/web06/kirin/110121_ichiban_01_8je.asx


で、それ以前の生産はというと、in ロシア。おそロシア。。。

要するについ最近までここいらで出回っていた一番絞りは、メイド・イン・ロシア。

カンの良い方はお気づきかもしれませんが。。。


先述のよーに、僕がこの一番絞りを購入したのは去年の年末

ビンの裏面には、見事に「生産元:カニングラード・ロシア」

…って書いてありました


工工エエエエエェェ(´д`)ェェエエエエエ工工


なので今回は、ある意味貴重(?)な

ついこないだまでヨーロッパで出回っていた一番絞り、のご紹介です

Kirin Ichiban02


スタイル: ラガー

原材料: 大麦麦芽、ブドウ糖、ホップ

↑下線部、赤文字に注目!!!!!!!!!
見事にブドウ糖なんか、添加されちゃってますね。。。

ドイツで生産されていないのが、逆に裏づけされました


アルコール度数: 5,0%

比重:

色: わら色~薄めの黄金色

香り: キリリとしたホップ+麦の甘い香り

炭酸&泡: やや弱め/ 中庸

味: 甘め。ホップの苦味が引き締めているけど、ちょっと甘いかな・・・

ボディ: ミドル

後味: 麦。割とよく残る


何に合わせる?:
ここまで甘いと、刺身とか寿司とか、繊細な和食には合わないかもですが
テンプラとか、しゃぶしゃぶとか鍋とか、そういう和食にはイケますね

注:今「海苔ピー」と一緒に食べてみたんですが、合いません(゚Д゚)

ご注意ください!!!


全体評価:★★★+ (満点は★5つ)

うーむ、どうしても甘ったるいのが気になります

厳しい評価ですけど、でもコレが日本のビールだ、全てこんなモンだ、と
こっちの人に思われてしまうのはあまりに忍びない。。。

てかですね、キリンHPにも

「生産ラインを変更して以来
販売実績が対前年6割増!」


なーんて書いてます。そりゃ、コレから甘ったるさが消えれば美味しいでしょうが…

そういう意味では、新しい一番絞りに興味シンシンですね(いい消費者)


近日必ず、新しい生産ラインで生産された物でリベンジしたいと思います




人気ブログランキングへ
21:59  |  ビール・日本JP  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.06.20 (Mon)

酒蔵に眠っていたもの ハッカー=プショール・ミュンヒナー・ヘル

おばんでございます

最近、僕がヤボ用でミュンヘンまで行ってるのをいちいちウザく報告しているので
皆さんもよく耳にされる「ミュンヘン」かと存じますが(恐縮です)が
ビール好きにとって「ミュンヘン」とくれば、そう!

ミュンヘン・6大醸造所

という物を真っ先に思い浮かべます。(断言)



…と強引な導入をしてみましたが、今日はその6大~のうちの一つ、
ハッカー=プショール醸造所をご紹介します


あ、ミュンヘン6大醸造所に関してはコチラをどうぞ



てかですね


このブログも、実はなんとまぁ、このビールで99本目なんですよ


これまでずっと、ミュンヘン6大醸造所は早い内に網羅しておきたかったものの
現時点で3醸造所のみ・・・色々諸事情ありまして紹介が遅れていた訳です

一応ミュンヘンにいる時には気にかけてるんですが、どーーしてもこの
ハッカー=プショール社が見当たらない。。。

あーあ、どうしたモンかなー、なんて思っていましたら


ウチの酒蔵にありました(゚Д゚)


どうやら以前、ミュンヘンに行き出す様になってやたら嬉しがっていた頃に
いつの間にやら、どっかのスーパーで購入していたんでしょう


自分の酒蔵の管理も追っついていないのは、やっぱり考え物でしょうかね?
何か「管理リスト」みたいな物を作った方がいいのでしょうか・・・・・


で、今日のビールです。

ハッカー=プショール・ミュンヒナー・ヘル
Hacker-Pschorr Muenchner Hell

Edekaにて75セント(≒86円)也

Hacker-Pschorr01.jpg

おおう、この「っぽさ」満載のビューゲルフラッシェ(←栓の形状)!!
醸造所のウンチクは、以前「6大醸造所」を書いた時の物で…


Hacker-Pschorr02.jpg


スタイル: ミュンヘン・ラガー

原材料: 大麦麦芽、ホップ

アルコール度数: 5,0%

比重: 11,5度

色: わら色~黄金色。典型的なミュンヘン・ヘレス色

香り: とってもモルティー(麦っぽい)。やや甘めか?それとホップ

炭酸&泡: やや弱め/強め

味: 香りの割には甘くありません。かといって苦味が強い訳でもなく
そこそこマイルド、でもキレもある。美味しいと思います!

ボディ: ライトミドル

後味: 麦(けど甘くない香り)、そして奥の方にホップ香


何に合わせる?:
ビールに合う物なら大方、イケると思います(和食とか、魚系は除く)。
でもやっぱり肉かしら?


全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)

うむ、とても美味しいビールです。さすがミュンヘン6大醸造所!
ただ特筆すべき個性がないかなー…そして、例のチェコビールの様に
至高のバランス、でもないあ…言っちゃった

「ミュンヘン・ヘレス」の辛口が飲みたい方には真っ先にオススメですね星4つ半!




人気ブログランキングへ
20:04  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(27)  |  編集  |  Top↑

2011.06.18 (Sat)

チェコという名のハードル サムソン・プレミアム・ブドヴァイゼル・ビーア

おばんでございます

実はですね、最近気付いたんですが


我が家のビール在庫がハンパなくなってきている(゚Д゚)

おっきな段ボール箱が2つ、山盛りになっています

なので今日、せっせとネタを探すべく段ボール箱をガチャガチャしていたら

発見しましたよ、チェコ産のビールを


しかもチェコのバドヴァイゼルという街、そう…あの伝説のビールの街です


思い返せば、あのビールを飲んだ時に思わず「星5つ!!」と言ってしまったのが
現在の評価システムの始まりだった訳ですが

(なーんて書くとなんか大ゲサですけど、まぁ、うん、アレですよ)


しっかしまぁ、色々と調べていると、このビール会社も実は、当時
「ブドヴァイゼル(バドワイザー)」の商標登録をめぐってモメた会社の1つだった
みたいなんです

詳細はゴチャゴチャしてますんで、以前の記事に記述を譲る事にしますが
まさかもう1社カラんでいたとは・・・知りませんでした!

現在「バドヴァイゼル(またはバドワイザー)」を冠する事が許されているのは
米バドワイザー社、チェコのブドヴァー社、そして今日のこの醸造所のみ


いずれにしろ、「ブドヴァイゼル紛争」の一端を担った醸造所な訳ですし
自然と期待は高まります

で、今日のビールです。


サムソン・プレミアム ブドヴァイゼル・ビーア
Samson Premium Budweiser Bier

Billaにて80セントくらい(≒92円)也

「サムソン」てのは日本の隣国のメーカー…

…ではなくて、旧約聖書に登場する屈強な英雄の1人です

(結局デリラという女性に誘惑されて、両目をエグられたりしちゃうんですが
おーこわ。と、まぁソレは置いといて)

Samson01.jpg

チェコのビールは、こうやってビンの上を金のホイルで覆っているのが
結構多いですね高級感の演出??

この醸造所は、正式名称をブドヴァイゼル・ビーア・ビュルガーブロイ
Budweiser Bier Buergerbraeuと言って、1795年創業。これはなんとまぁ
アメリカのバドワイザーと大喧嘩したブドヴァイゼル」の設立より、100年も
昔の事なんですね
(ちなみに米・バドワイザーは1876年です)

あれ?ってコトは、実質大喧嘩したのはこの会社なのか…?

時間のある時に今度きっちりと、調べてみますです

Samson02.jpg


スタイル: チェコ・ラガー

原材料: 麦芽、ホップ、ホップ抽出物

アルコール度数: 4,9%

比重:

色: 黄金色

香り: 甘い麦の香り。ホップ香はほぼしない

炭酸&泡:弱め / 弱め

味: チェコのビールと聞いて、期待値が高すぎたんでしょうか
まぁ言ってみればごく普通の、やや甘めのビール、といった味がします

ボディ: ミドル

後味: 軽く、少なめ。麦の味。


何に合わせる?:
これといった個性のないビールなので、「洋食の」ビールに合いそうな物には
大方、合うと思います。

でもチェコのビールなのに、残念だなぁ


全体評価:★★★ (満点は★5つ)

残念、コレは記念碑的なビールたり得ませんでした

ま、「チェコ産」と聞いてしまうと、どうしてもハードルが高くなってしまうので
仕方ないと言えば仕方ないですが不味くはないんですが、落差が。。。


素晴らしいチェコ・ビールを飲みたいなら、10~20セントなどをケチらずに
ここいらここいらを買った方がいいって事ですね 星3つです!




人気ブログランキングへ
23:00  |  ビール・チェコCZ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2011.06.15 (Wed)

オレンジのイキな奴 シェッファーホーファー・グレープフルーツ 注:業務連絡あり


業務連絡: 明日6月16日(木)、突然ですが
伝説のチェコビール「ピルスナー・ウルケル樽生」を、ザルツブルクで唯一出す店に
飲みに参ります以前にも当ブログで紹介済みではありますが
「飲んでみたい!」という要望が多数ありましたので、ツアーを実施します

飛び入り参加、大歓迎です。ザルツブルク(+近郊)にお住まいの皆さん
ふるってご参加ください~
集合は17時30分に、大聖堂の前です!よろしくお願いします


----------------------------以上、業務連絡でした-----------------------------


おばんでございます

今日もちょーっとヤボ用でミュンヘンまで行っておりました

今回も案の定、ミュンヘンーザルツ間の電車内で飲んだビールのレポートですが
ちょーっと趣向を変えて、Mischgetränkミックス飲料に手を出してみました!


聡明なブログ読者のみなさんは、ビア・カクテルという言葉を
耳にされた事があると思います。


文字通り、ビールをベースにしたカクテルなわけですが
多くの場合、その「ビール部分」にはラガービールが用いられます。

「レッドアイ」(トマトジュース割り)とか
「シャンディガフ」(ジンジャーエール割り)とかが有名ですが

ちょっと古くなってしまったビールや、ちょっと口に合わないビールにアレンジしてみても
美味しくビールを飲めるという、ナイスな物です


って、ここオーストリアや南ドイツでは「ラードラーRadler」という
ファンタとのミックス飲料がかなり一般的なんですが、なんとまぁ
このブログでは紹介してませんでしたね


さっすが、ビール以外は認めない!
なんと男前なブログなんだ(゚Д゚)


…では、なくてですね

機会に恵まれなかった、と申しましょうか


ブログを始めた当初は、ラードラー?あん?(゚Д゚)
ウチはビールしかやってねーんだよ


…頑固親父のラーメン屋みたいな心境だったのでしょうか!?


ととととにかく、そちらも近日改めて必ず紹介させていただきます


今回の飲み物はその名もHefeweizen-Mix(小麦酵母・ミックス)。

白ビールのビア・カクテルです!
なかなか珍しい種類の飲み物ですが…一体どんなモンでしょうか?


で、今日のビールです。

シェッファーホーファー・グレープフルーツ
Schöfferhofer Grapefruit

Yorma'sにて1,7ユーロ(≒196円)也

この醸造所は現在、1921年からビンディング醸造所というフランクフルトにある醸造所の
傘下らしいんですが、その前の歴史がサッパリでして。。。


Schoefferhofer.jpg

オレンジ色のラベルが色鮮やかですね

今回はカンでしたが、ビンの製品もきちんとあります

Schoefferhofer02.jpg


スタイル:ミックス(ヴァイツェン&グレープフルーツジュース)

原材料:50%ヴァイツェンビール(小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ抽出物、酵母)+グレープフルーツジュース

アルコール度数: 2,5%

比重:

色:缶から直接飲んだので不明…ですが
ビン製品の色を見れば一目瞭然ですね、鮮やかなオレンジです

香り:普通にジュースの香り、でもグレープフルーツという表記の割に
オレンジジュースっぽい香りがします。まぁ同じ柑橘類な訳だし…

炭酸&泡: やや強め/カンから直接飲んだので不明

味:モロにガッツリ、ジュース味です
でもふとした合間に白ビールの酵母の味と香りがします!なかなか美味しいです。


後味:これまた柑橘な香りですね。でも!グレープフルーツの
苦味・エグ味が一切ないです。これは恐らく、白ビールの酵母によるまろやかさが
グレープフルーツの苦味を打ち消しているんだと思います。

グッジョブですね

何に合わせる?:ビールではないので、どういう判断をするべきか悩むところですが
「清涼飲料水」と書かれていますし、ジュースの様に飲んでしまうのが吉、って
トコぢゃないでしょうか。。。ね?ダメ??


全体評価:★★★★ (満点は★5つ)


先日、後輩君が「太郎さん星4つが多いッスよ」
ぬかしやがったご助言くださったので、実はここでまた星4つをつけるのに
ちょっと躊躇してしまいましたが、まぁ正統派なビールではないですし
なかなか美味しいジュースの一つという事で、中立的な点数をつけておきます。。。

ありがちな星4つ!


追記: 原材料の所をよくよく読み込んでみたら

レモンジュースおよびオレンジジュースの文字が

グレープフルーツジュースの名前は最初に書いてありますし
含有量としてはグレープフルーツが一番多いんでしょうが
(何よりも名称が『グレープフルーツ』ですしねぇ…)
香りで感じたオレンジっぽさは、どうやら間違っていなかった様です ウヒ




人気ブログランキングへ

21:37  |  ビール・その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT