2011年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.08.31 (Wed)

空港にみられる企業努力 エアブロイ

おばんでございます

もう8月も終わりなんですねぇ...(遠い目


~♪さよなら夏の日

  僕らは大人になってゆくよ~♪



なんて山下達郎が出てくる僕はもう立派なオトナな訳ですが


夏の終わりが近づくと、夏の始まりを思い出して

ちょっとアルバム見たりなんてしませんかね?


そうしたら出てきました、格好のブログのネタが


今年の夏、日本に戻る日に、空港で立ち寄った醸造所のビールが…!!

空港に醸造所があるか(゚Д゚)ゴルァ!!

…とおっしゃりたい皆さんの気持ちはよくわかります

でもこれで正しいんですよムフフ


ミュンヘン空港の、第1ターミナルと第2ターミナルの間の広場に、その

「エア・ブロイ」はあります。

Airbraeu02.jpg

入り口です。奥の建物が見えない位、ビアガーデンが広いです

Airbraeu01.jpg

おっちゃん入ろうか迷ってますね(笑)


安易な命名誰にでもわかりやすい名前のついたこの醸造所で

いくつかの銘柄を試してきました。今回は簡単にまとめてご紹介しますね


で、今日のビールです。

エア・ブロイ 
ジェットストリーム/フリーガークヴェル/エルンテン
Air Braeu Jetstream / Fliegerquell / Airnten

それぞれ2,10, 2,40, 2,40ユーロ也

ドイツの空の玄関、不動の一位はもちろんフランクフルト空港ですが

それに負けじと頑張っている、ドイツ第2位のミュンヘン国際空港です

まぁミュンヘンと聞けば「ビール!!」って感じですが(一方的に断言)

そんな空の玄関にまで醸造所を作ってしまうあたり、ドイツ人の

飲兵衛っぷり、もとい、ビールへの飽くなき情熱が溢れ出ていますね…?


ではまず1杯目、ピルスナーから。「ジェットストリーム」

Airbraeu Jetstream

そこまでホッピーではない香り、少しフローラルさ。
色はわら色、炭酸はやや少なめ、泡もちもやや弱め。
辛口で飲みやすく、美味。でも売られているのは300mlのみ。

値段はなんと、2,1ユーロ(231円)!!!(゚Д゚)

コレを企業努力と呼ばずしてなんと呼ぶべきなのでしょう!?


次に2杯目、「フリーガークヴェル」

Airbraeu Fliegerquell

どうやらこの店の主力商品みたいですね…

フリーガークヴェルというのは「パイロットの泉」という意味です

別にパイロットが湧き出てくる訳ではないですけれど(笑)

酔っ払いながら書いたメモには

「少しにごった」

「割と珍しい」

「2,4ユーロ」


としか書いてないですゴメンナサイ。。。

主力にする割には、あんまりパンチが効いてなかったんでしょうか…?(たぶん)


最後に3杯目、「エルンテン」

Airbraeu Airnten

コレは季節商品で、やや軽めの白ビールだそうです。

とてもフルーティな香り(白ビール独自のバナナ系)
オレンジがかった黄色、炭酸は中、泡もちも中。
辛口ではない、丸みのある味で、後味スッキリ、サッパリです。

謳い文句は"Prickelnd, Sommerlich"、「はじける、夏らしさ。」

三ツ矢サイダーか!(゚Д゚)

…とツッコミを入れてしまいましたが、3杯の中では一番好みだったかなー。


ドイツの公共施設や、観光地などで関心するのが

「○○価格」的なものがあまり存在しない事です。

今回だと「空港価格」的な設定がなされていてもよさそうなのに、

むしろ街の飲み屋さんと比べても安い位の価格設定…


ドイツを訪れる世界中の人たちに「ドイツビールを!」

とっても好感のもてる醸造所でした。ちょっと甘めに、星4つ半ですね


そうそう、このお店はゴハンもなかなか美味しかったです

Airbraeu essen

イカのフライと豚のステーキ。ビールが進みます(笑)


ミュンヘン空港をご利用の際は、ちょっとのぞいてみてくださいね


スポンサーサイト
19:54  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2011.08.28 (Sun)

宴のあと、または二日酔い

おばんでございます

えーっと実はですね、諸事情ありまして
今、フランクフルトの近くのダルムシュタットという街に来ています。

…と、以前この街に滞在した時のブログも、この書き出しでしたが

まぁこれまた色々経緯を書くと長くなるのでバッサリ割愛しますが

大学の先輩・あきさん&ビール仲間・アンディ夫婦の所にオジャマしてまして

とにもかくにも、楽しい滞在になっております

まるで自分の家の様に、リラックスして滞在させてもらってます(゚Д゚)


先日は
フランクフルトにある、ちゃーんとした日本料理屋「すしもと」に行って

Sushimoto01.jpg

とっても新鮮で美味しいお寿司とか

Sushimoto02.jpg

Teppanyakiのステーキ(フィレ!)とか

Sushimoto03.jpg

うなぎとか食べたりしました

あーーーーもう幸せ


※ちなみにこの店のビールは、パウラーナー・ピルスでした。

とっても軽くて嫌味のないビールなので、和食にもとっても合います

ナイスチョイス


で、昨夜はアンディとアキさんの友人カップル(二人とも歌手!)も遊びに来てくれて

まぁー飲めや歌えや(歌ってないですけど)の大騒ぎ。

で、今朝テーブルの上を見てみると

Kater.jpg


あー、そりゃ頭痛いはずだわ(゚Д゚)


…ご覧の通り、色んなビールを「チャンポン」したのが良くなかったのでしょうか…?

ビール研究所研究員A君は

「男たちは学習しない」

と言っていました(゚Д゚)言いえて妙・・・



さてさて。

「日本滞在で書き溜めたビールを小出しにご紹介」

・・・という話でしたが、実は今回のフランクフルト小旅行で、フランクフルトの

ビールを味わってきておりまして


なので今日は、例外的に

(『いっつも例外ばっかだな(゚Д゚)』って声が聞こえてきそうですが

フランクフルトのご当地ビールをご紹介させて頂きます


で、今日のビールです。

ビンディング・レーマーピルス・フォム・ファス
Binding Roemerpils vom Fass

Cafe Hauptwacheにて5,5ユーロ也

Binding01.jpg

「ビンディング」なんて言うと

「スキーか!!(゚Д゚)」

なーんてツッコミ入れたくなりますが、れっきとした醸造所の名前で

創業は1870年と割と新しいものの、フランクフルトのあるヘッセン州で最大の

醸造所だそうです


Binding02.jpg
↑カフェで一緒に出てきたコースター。面白い形ですね


スタイル: ピルスナー

原材料:

アルコール度数: ,%

比重:

色: 金色

香り: モルティ

炭酸&泡: やや強/中庸

味: やや苦め。

ボディ: 重た目のミドル

後味: ホッピー。でもちょっとキツい感じ。
丸くない、とでも言いましょうか・・・


全体評価:★★★+ (満点は★5つ)

「ピルスナー」という言葉から想像できない様な、やや重た目のビールでした

何かしらの金属臭が気になったのと、カフェでの高い値段(5,5ユーロ!)も

どうしてもマイナスに働いてしまいまいました…これは店側の問題かもですが

有名な割にイマイチ見所のない街・フランクフルトならではのビール、なんて言ったら

怒られてしまいますかね?星、3つ半です。




人気ブログランキングへ
20:48  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.08.23 (Tue)

日本発「エール」 よなよなエール

おばんでございます


日本でのコンサートを終えて、先日ザルツブルクに戻り

荷物を詰め替え、今はヤボ用でケルンに滞在しています

現在、ホテル暮らしで…と書いてしまうと聞こえはいいものの

悲しいかな安ホテルなので、ネット環境すら思うにいかない有様(゚Д゚)

そんなこんなで、更新が遅れてしまいました


さて。

ケルンといえば、ケルシュですね!

なーんて台詞を昔、言った気がしないでもないですが…それはさて置き、

先日宣言した様に日本で書き溜め(飲み溜め?)たものを紹介させて頂きます


で、今日のビールです。

よなよなエール
Yona Yona Ale

後輩C.O.さんより寄贈(ありがとーーー!)

Yona yona ale01

これはいわゆる「地ビール」と呼ばれるもので、軽井沢にあるヤッホーブルーイング、という

醸造所が醸造するビールです。創業は1996年、と浅いのですが、これは1994年の

酒税法改正によって、小規模の醸造所が認められる様になった事に由来します

厳密に言うと、最低製造数量基準の緩和なのですが…難しい話は置いておきましょう

この時期には、沢山の「小規模醸造所」が乱立したみたいですね


もちろん、全部が全部生き残れるはずもなく

今も醸造を続けている醸造所は、なかなかのモンだ、と言えると思います


この「よなよな…」は、最近ではたまにコンビニでも見かける事ができる位、目にする

機会の増えてきているビールです。

Yona yona ale02


スタイル: エール

原材料: 麦芽。ホップ

アルコール度数: 5,5%

比重:

色: 赤みがかった琥珀色

香り: ホップ!ホップ!!ホップ!!!(゚Д゚)
とってもフローラル。これ、初めて知ったんですけど

「カスケード・ホップ」という種類のホップの特色だそうです

以前ご紹介して「フローラル」と評価しているもの(例えばコレ)は、間違いなく
これと同じホップが使われていると思います

炭酸&泡:弱 /弱

味: やや辛口、でもとてもマイルド

ボディ: 重めのミドル

後味: やっぱりホップ。フローラルです


何に合わせる?:

えーっと、この時は確か「えびふりゃー」と一緒に飲んでいましたが

合いません(゚Д゚)

「エール」は、イギリスが本場のビールですんで、それこそ

フィッシュ&チップスなんて合うのでは?とも思うものの、魚介は厳しいか?

ナッツとか、ポテトフライが無難なところでしょうか…

全体評価:★★★★★ (満点は★5つ)

はい、とってもとっても美味しいビールです

(もちろん好みの問題である、という話ですけどね)

でもその「好み」で言わせて貰えば、本当に文句なし

ホッピー&フローラルでしかも日本産、みなさんも是非、試してみてください



人気ブログランキングへ
19:56  |  ビール・日本JP  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.08.18 (Thu)

クールなやつ アサヒ・スーパードライ・エクストラコールド

おばんでございます


お陰様で、今年度のDuo x Duet ツアー、
無事に全ての日程を終える事ができました

コンサートにおいで頂いた皆様をはじめ、宣伝に協力してくださった皆様、
また関係者の皆様に心から感謝いたします


さて、今回の日本滞在におけるブログ更新・停滞に関してですが、今回は

食中毒とか(゚Д゚)、

食中毒とか(゚Д゚)(゚Д゚)、

食中毒とか(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)

ありまして…


色々と美味しい物を食べるという計画がパァ

…感がありました


一応、細々と飲みためた日本のビール君達は、日を追ってご報告しますので


で、ですね。

長野公演が終わった次の日は

小淵沢にある、リゾート施設?リゾナーレ

楽しんできました



打ち上げで飲みすぎて二日酔いでしたけどね(゚Д゚)



そういう訳もあって、今回はちょっと「迎え酒」的な観点で
暑い夏を乗り切るイッパイを満喫してきました


で、今日のビールです。

スーパードライ エクストラコールド
Superdry Extracold

リゾナーレにて500円也

asahi1.gif

こんな感じのポスターをご覧になった方はきっと
たくさんいらっしゃいますよね?

氷点下のビールを飲むことが出来るという、なんともまぁ
なついあつ、もとい、あついなつにピッタリなビールです


IMG_0666.jpg

リゾナーレでは、こんな感じのフンイキもあいまって
なんか気持ちのいいビール休憩になりました


…ま、通り過ぎる人たちの目はチョットだけ

「昼間からビール飲んで…

的な気がして、少し気が引けましたけど (←被害妄想?w)

IMG_0060.jpg

このビールサーバー、白くなってますけど

これって凍っているんですね(゚Д゚)

後ろのグラス君たちも、氷水漬けになっているのでキンキンです

IMG_0665.jpg

※基本的なデータは、以前ご紹介したアサヒ・スーパードライに同じ、です

スタイル: ジャパン・ドライ

原材料: 大麦麦芽、コーン、ホップ、米

アルコール度数: 5,0%

比重:

色: やや薄い黄金色

香り: やっぱりコーンの香り。
でも冷たいと、そこまで色んな香りを感じないですね

炭酸&泡: 中庸/良い

炭酸がやや弱めに感じたのは、低温だったせいかな…

味: これがですねぇ

ここまで冷たいと、味もクソもねぇ(゚Д゚)かなぁ。。。?

でもでもでも

ここまでクリーミーで、恐ろしく冷たい液体がノドを通っていって

「うぉううぉううぉう

…ってなる感覚は、本当に新鮮でした

ボディ: ライト

後味: 後味も、あんまりない・・・

というかノドに来る(゚Д゚)

暑い暑い暑い日に、これの注ぎたてを一口、また一口。

それだったら文句なし、星5つです。

…ただし2口目までは

すこし冷めてくると(『冷める』という表現はこの場合、正しいのだろうか?)
「普通のスーパードライ」ですからね

樽生で、サーバーから注いだ状態で、この温度で提供できるのが
とにかく、とっても凄い事なんでしょうけれども

ゆっくりまったり飲むには、ちょっと不向き…?
「二口目まで」という条件付きの星5つにしておきます(笑)


全体評価:★★★★★※ (満点は★5つ)

※二口目まで




人気ブログランキングへ
13:32  |  ビール・日本JP  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.08.12 (Fri)

生もの注意 クリア・アサヒ

おばんでございます

って、本当に久しぶりですね!!(゚Д゚)


いやね、なんつーか、日本で美味しい物を食べ歩いて&遊び歩いているから

更新できなかったって訳ぢゃなかったんですよ…


べべべ別に、

こんなカニのキムチとか@ホルモン青木

aoki01.jpg


こんなホルモンとか

aoki02.jpg


それをこんな風に焼いたりとか

aoki03.jpg


大学の学食でハンバーグカレーを食べたりとか@キャッスル

castle.jpg


ア○トーークでお馴染み、天下一品に行ってみたりとか

tenka01.jpg


やっぱり「こってり」を注文したりとか

tenka02.jpg


んでもって完食したりとか 『明日もお待ちしてます』

tenka03.jpg


秩父名物、わらじカツ丼を食べに行ったりとか@安田屋

IMG_0041.jpg


こんなスッゲェかつ丼が出てきたりとか(2枚重ね、でも余裕で完食)

IMG_0038.jpg


…こんな感じの生活を送っておりました。

読者の皆様に、適宜自慢してやろう…


なーんて不純な動機でいましたところ


コンサート前日に食中毒(゚Д゚)


マジです。


マジも大マジ、夢ならばどんなに素晴らしかったか(゚Д゚)


いやーーーーーーもう、大変ですね、食中毒って!!!

まず、恐ろしい発熱。40度超え?そしてもう、

出るわ出るわの大サービスな下痢

水を飲んでも下痢、なんていう恐ろしい体験をしました。。。


まぁーそんなこんなで迎えたコンサート当日、最強の下痢止め処方&

点滴を2時間やってもらって、意識朦朧の中で歌ってまいりました

tenteki.jpg


コンサートでは、下腹部に力を入れると

声ではない別の何か(゚Д゚)

・・・が出てきそうな気がして、本当に気が気ぢゃなかったですが

とりあえず大事故もなく、なんとか乗り切れました。。。



2日で3㌔痩せましたけどね(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)



コンサートにお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました

そしてコンサート前の生ものには気をつけたいと思います・・・


今回はどうやらたこわさが原因だったっぽいですが

いい記念として、今日はそのたこわさと一緒に飲んでいたビールをご紹介します


で、今日のビールです。

クリア・アサヒ
Clear Asahi

オリンピックにて189円也

clear Asahi01

はい、先日ご紹介しました「第3のビール」に該当するものですね

clear Asahi02


スタイル: リキュール(発泡性)①

原材料: 発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーンスターチ)、スピリッツ(大麦)

アルコール度数: 5,0%

比重:

色: 黄金色

香り: 麦と少々、鉄っぽい匂い?ホップ香は少ないです

炭酸&泡: 弱/とても弱い

味: やや甘口

ボディ: ライトミドル

後味: 麦が少し残るのみ


何に合わせる?:

ヘレスの発泡酒、的な位置づけですかね?
なので魚系にはあんまし合わないかもです

全体評価:★★+ (満点は★5つ)

うーーーむ、ちょっとコレは、うーーん。。。

上戸彩は嫌いでないんですが、軽さと甘さを同時に追求して

ちょっと「あぶはち取らず」状態になってしまっている気が

今シーズン限りで終わりかな?てのが率直な感想ですね




人気ブログランキングへ



14:49  |  第3のビール・日本JP  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |