2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.11.30 (Wed)

アフリカ初上陸 ニゲリア・パル・ラガービール First landing in African Continent / Nigeria PAL Lager Beer

おばんでございます

これを書いている時点で、こちら(オーストリア)はまだ日付が変わってないんですが

もう12月ですね!(゚Д゚)ハヤー


12月といえば、そう!


1、2のサン、ハイ



アドヴェントカレンダー(大人の)


・・・ですね!ビシッ


今年も買ってきましたよ、
カレーア社、ビール・アドヴェントカレンダー!!!

IMG_0273.jpg


アドヴェン…って何?美味しいの?(´A`)ポカーン

・・・という方はこちらを見てくださいね:アドヴェントカレンダー云々に関して



明日からは、この「カレンダー」に入っているビールを

一日ずつ紹介させて頂きまーーす


あ、でも今現在…まだ(ここでは)11月30日なので
通常営業で進めさせてもらいますが…


アドヴェントカレンダーのビール、
乞うご期待ください




で、今日のビールです。


ニゲリア・パル・ラガービール
Nigeria PAL Lager Beer

Maruhnにて1,8ユーロ(≒200円)位だったと思う也

IMG_0274.jpg


さーて今回は、初!そして祝!
アフリカ大陸に上陸します

nigeria.gif

アフリカは、ナイジェリアより
パル醸造所という所のビールです。


コレがですねぇ

いくら駈けずり回って探しても(ネットの世界を)
ぜーーーーーーんぜん情報がない!!!


なので恐縮至極なんですが、醸造所に関する情報、

一切ナシです(゚Д゚)

IMG_0275.jpg


スタイル: ラガー(どうやらドイツ・スタイルみたいです)

原材料: 大麦麦芽、コーン、ホップ

アルコール度数: 5,0%

色: とても淡い金色

香り・味: やや、モルティー。そして奥の方に金属を思わせる様な「キレる」香り

…後から「原材料」を見て納得。コーンが入ってるんですね

味の方は…かなり甘目かとは思ったんですが、相当軽いビールなので
甘ったるくはなりませんね。後味も残るのはごく軽く、麦の香り


               |↑軽い(キレ)
               |       ☆
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


めっちゃ軽いビールです。アフリカの暑い気候には適しているのかな…?
軽いのに甘い、というのに違和感を感じてしまうのは
日本のスーパードライ教育のたまものなのでしょうか…??


猛烈に冷やして川平慈英風にクーーーーッと飲めば
まぁ、アレなのかもですが。

普段飲みにしてはちょっと、苦しいかもですね・・・星3つです!

全体評価:★★★ (満点は★5つ)







人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
18:11  |  ビール・ナイジェリアNG  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑

2011.11.28 (Mon)

庶民の味方がまた増えた オッタクリンガー・キューレス・ブロンデス I mog HOFER / Ottakringer Kuehles Blondes

おばんでございます


先週末の録音(注:早朝)も無事…ではありませんでしたが何とか終了、

その後は焼肉大会を開催しました Sくんアリガトー!!!


で、そこで出会ったビール。

(正確にはビール研究会助手・Sくんが買っておいてくれたビールだったんですが)


・・・オッタクリンガーぢゃん(゚Д゚)

オッタクリンガーと言えば、これまでにちょい厳しい評価を下していたビール。


で、とりあえず一口飲んでみて


あれ?飲める…てゆーか美味しい(゚Д゚)


でも、何故?何故!!?



で、あまりに気になって色々と調べてみたんですが


このオッタクリンガー・「キューレス・ブロンデス」
という銘柄は

オーストリアのディスカウント・スーパー
「ホーファーHOFER」専用に醸造されたもの(゚Д゚)


…だったんです


「ディスカウント・スーパー」なんて言うと生ぬるく響くかもですが

驚く事なかれ、このスーパー創業者・アルブレヒト・シュヴァルツ氏は


ドイツ長者番付第一位(゚Д゚)

なんですよ!


うーむ、そんなスーパーの御めがねに適うビールなんだから
きっとなにかイイ事があるに決まってる!!!

ここここコレは、もう一度キッチリと味わってみて評価しなくては!!!


…という事で今日、そのスーパーに行って、この銘柄を購入してきました


しかもついでに、別のスーパーに寄って
元祖・オッタクリンガーも購入してくる始末(笑)

IMG_0269.jpg

左が話題の「キューレス・ブロンデス(クールな、金髪な)」、
右がオリジナルのオッタクリンガー・ヘレス。

さすがに同じ醸造所だけあって、デザインは似ていますよね


とにもかくにも改めて味わってみる事にしましょう・・・


で、今日のビールです。

オッタクリンガー・キューレス・ブロンデス
Ottakringer Kuehles Blondes

HOFERにて49セント(≒51円)也

IMG_0270.jpg


オッタクリンガー醸造所に関しては、さっきもリンクしておきましたが
もう一度リンクしておきますね。コチラです


上のリンク先でも書いてますが、この醸造所のシンボルカラーはオレンジ
オレンジ色をビールのデザインに使う・・・というのは意外と珍しいので、
割と寒色系が多いビールの棚の中でも目を引きます

IMG_0272.jpg


…せっかくですんで、元祖オッタクリンガーとも比較しつつ
レビューを書かせて頂こうと思います
そちらの感想はオレンジ色になっています。


スタイル: ジャーマン・ラガー、としておきます ヘレス

原材料: 大麦麦芽、ホップ、ホップ抽出物でどちらも同じ。

アルコール度数: 5,0% 5,2%

色:

IMG_0271.jpg

左が「キューレス…」、右が「オリジナル」。
ちなみに「ホ」と書いてあるのは「ホーファー」の「ホ」です(笑)

どちらも黄金色。全く変わりませんね


香り・味: ホップ&若干フローラルな香り。
味は割と甘口だが、ホップの苦味で締まっているので結果とてもニュートラル

麦主体の香り。ホップの香りはほとんどしません

炭酸・泡もち共に弱め。でもその分お腹が膨れにくい感じで
スイスイと長い時間飲んでいられそうです


               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               | ☆
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
              |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


ウム、これはれっきとした差があります。
試しに目隠しで飲んでみても、なんとか見分け(味わい分け?)は可能

もちろん好みの問題もあるんでしょうが、個人的な意見として
「後を引く」「後を引かない」の差


もちろん「後をひく」方が今日の「キューレス…」って訳です!

安売りスーパーに置いてあるだけあって49セントという
良心的な値段設定にも好感が持てますし(企業努力?)
星4つ半にしておきましょう…庶民の味方がまた一つ増えました


全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)







人気ブログランキングへ


21:27  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.11.25 (Fri)

「ろ過」必要性の是非 エーデルヴァイス・クリスタルクラー・ヴァイスビーア Recht und Unrecht der Filtierung / Edelweiss Kristallklar Weissbier

おばんでございます


明日・明後日とカルテット「Duo x Duet」の録音が予定されてるんですが


朝9時から(゚Д゚)


…という事で、必然的に朝方にすべく
今朝は6時半に起床して、夜は疲れて寝てしまえる様に
強制的に朝の散歩に行ってきました


その散歩の帰り道、フト立ち寄ったスーパーで

ヴァイツェン・ビールの中でも珍しい「クリスタル・ヴァイツェン」を発見。


ブログを開設して早1年ちょい、実はまだこのスタイルには触れておらず…


書かなきゃ書かなきゃとは思ってたんですけどね


なので今日のブログのネタにすべく、一本購入して帰ってきました



そもそもヴァイツェンビール(白ビール)、とは。

かいつまむとこういう事でして(手抜きですみません)


ヴァイツェンWeizenとは、ドイツ語で「小麦」の意。


まぁ簡単に言えば、大麦以外に小麦も使用して醸造した
おおむねフルーティな味わいのビールです。分類としまして


①(ヘーフェ)ヴァイツェン

いわゆる、白ビール。とは言っても、「白ビール」という名称は

バイエルンでのみ(゚Д゚)知らなかった・・・!!!!

なので基本はこの呼び名ですね。ヴァイエンシュテファン・ヘーフェヴァイスビーアなど。

②ドゥンケル・ヴァイツェン

①の黒いバージョン。HB トラウンシュタイン・ヴァイスビーア・ドゥンケルなど。

③ヴァイツェンボック

①の強いバージョン。ツィプファー・シュテファニー・ボックなど。

④ドッペルヴァイツェンボック

③の更に強いバージョン。シュナイダーヴァイセ・アヴェンティヌスなど。

⑤クリスタル・ヴァイツェン

コレが今日のネタ、①のビールをろ過して透明にしたものです。

⑥ベルリーナー・ヴァイセ

シロップを加えて飲む毒々しい色のビール。ベルリーナ・キンドゥル・ヴァイセなど。

⑦ゴーゼ

コレ、ここにカテゴライズしていいんだかわかんないんですが
ライプツィヒ近辺・特産のビールです。こちらも近い内に必ず!


…って、結構ありますね!(゚Д゚)

しかもこの分類は「ジャーマン・ヴァイツェン」に限った分類。

ベルギーだのフランスだのに手を出したら、それこそコンプするまでに
どれだけ時間がかかるのだろうか…


ま、ここまで来たらある意味ライフワーク化しているので
のんびりまったり、少しずつ視野を広げて行く事にしましょう…



で、今日のビールです。

エーデルヴァイス・クリスタルクラー・ヴァイスビーア
Edelweiss Kristallklar Weissbier

SPARにて1,07ユーロ(≒110円)也

IMG_0265.jpg

この「エーデルヴァイス」という銘柄はこのブログでも何度か
取り上げていますが、エーデルヴァイス醸造所、というもので
醸造しているモンだとばかり思っていたら


大間違い(゚Д゚)ガーン


えーっと、色々と調べてみたら、色々とヤヤこしくてですね

どうやら以前は、ザルツブルクの南・ハラインという所にある
カルテンハウゼン醸造所で醸造してたものの、2011年(しかもつい最近!)に
オーストリア醸造連合Brau Union Oesterreichに吸収合併されたそうで

今現在、正確にはどこで醸造されているのか
わからずじまいでした

HPでは花まで添えて、歓迎してくれているってのに…

Edelweiss.png

エーデルヴァイスのHPより借用「Willkommen:ようこそ!」


詳しい事が何かわかったら、またアップさせてもらいますね


IMG_0267.jpg



スタイル: クリスタルヴァイツェン

原材料: 小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ

アルコール度数: 5,3%

色: 濃い目の黄金色。メルツェンとかヘレスとか、
少し重たい目のラガービールっぽい色で、もちろん透き通ってます

香り・味: うむ、例のバナナ香はろ過したからといって
消えてなくなるモンぢゃないんですね・・・
白ビールなので炭酸はやっぱり強め、それが口の中でハジけるのも手伝って
かなり辛口です。白ビールにしては珍しいですね



               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
      ☆        |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)



うーん、どうしても見た目との違和感が…


目から入ってくる「ラガービールっぽい」印象と
口に広がる「ヴァイツェンビールっぽさ」。


個人的に「ろ過する必要あったのかな?」という
意見なんですよね。。。クリスタルヴァイツェン、興味深いので
また近日UPしたいと思います。星3つ半です!


全体評価:★★★+ (満点は★5つ)







人気ブログランキングへ


20:18  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.11.23 (Wed)

なんたる偶然 プフゥングシュテッターエーデル・ピルス Na tolles Timing / Pfungstaetter Edel Pils

おばんでございます


昨晩の、フェイスブック上でのやりとり

チェコ巡礼で大活躍した、ビール研究所・北海道支部長の
Aちゃん
から、こんな写真がポストされました

どうやら日本の通販でドイツのビールが取り扱われていて
Aちゃん母が購入を検討しているそうな…

Pfungstaetter Werbung

Aちゃん「太郎さん、このビール知ってますか?」


知ってるもなにも(゚Д゚)


ウチの酒蔵で出番を待っていたものの一つだったんです


なんたる偶然!!!


…そういう訳でして、今日は2日連続になりますが
このビールをご紹介したいと思います


で、今日のビールです。

プフングシュテッター・エーデル・ピルス
Pfungstaetter Edel Pils

ビール研究会ドイツ支部長A.D.君より寄贈

IMG_0250.jpg

Aちゃんからの写真の瓶とはちょーっと、外観が異なりますが
シンボルマーク・馬のヒヅメはハッキリと同じですね

こっちではほとんど見た事のないデザインなので、恐らく輸出用...?

そちらの輸出用?デザインでは「1831」とデカデカと書いてある様に
創業1831年のプフゥングシュテッター醸造所。


ちょっと舌を噛んじゃいそうな名前ですが…
この日本の雑誌は潔く、「フングシュタッター」と
記述していますね


実はこの醸造所、以前ご紹介した夢のビールショップ「マルーン」から
歩いて10分位の所にあるんですよ(゚Д゚)

そういえば「マルーン」で、この銘柄がやたら沢山置いてあって
不思議だったのを思い出しますなーる!


このメーカーの特色として、裏のラベルに
「飲み頃温度」表示機能
ついているんですねーー

IMG_0249.jpg
(常温

            


IMG_0247.jpg
冷えた状態)


真ん中の星が、(うっすらと)緑色になってるのがわかりますかね?


なかなか珍しい、ナイスなアイディアではないかな・・・と

IMG_0251.jpg



スタイル: ジャーマン・ピルス

原材料: 大麦麦芽、ホップ

アルコール度数: 4,9%

色: 淡めの黄金色

香り・味: 開栓時はやや甘めの麦の香りが多くしてましたが
時間が経つにつれて、ホップの香りも感じられる様になります

味はやや辛口。でも後味で舌の上に麦の甘みが残って、鼻をホップが
通り抜けます…バランスは良いですね。


               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
           ☆   |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


炭酸があまり強くなく、そこまで軽い訳でもありませんので
「キリっと爽快、ゴクゴクガブガブ」タイプのピルスナーではありませんが
「うむ、美味しい!」と味わいながら飲めるビールですね。

ジャーマン・ピルスなるものがこういう味だったなぁ、と
ちょっと教えられた気がします(笑)星4つ半です!

全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)






人気ブログランキングへ


21:09  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.11.22 (Tue)

ビールかけは頭皮に良い? クルショヴィチェ・ムシュケテュール Bier Shampoo! / Krušovice Mušketýr

おばんでございます


今夜は、ちょっとシャンプーの話でも・・・


あーあコイツ、ネタなくなったから
適当な話しようとしてやがるよ(゚Д゚)



いーえ違います!


ビール・シャンプーの話です



事の発端は、以前滞在した、ビール研究所ドイツ特派員A君宅にて。
(注:下の方、わかりますかね?"Bier Shampoo"の文字が…)
shampoo.jpg

(゚Д゚)

こんな物が置いてありまして。
「使え」という言葉に甘えて使ってみたら!


(゚Д゚)≡サラサラー


ビールが髪にどういった働きをするのか
正直全然ワカランのですが(をい…)

それまでずっと使っていた安シャンプーとの
圧倒的な差に畏れ慄き
使い始めました(笑)


いやー、髪がサラサラになるだけじゃなくて
スタイリングとかもぜーんぜん、し易くなるんですよ!!!


そんなこんなで、以前のチェコに滞在している時も
Body&Shop的なお店で発見、ビールシャンプー


もちろん即買い


IMG_0244.jpg


ちゃんと「ビールシャンプー」の記述がありますね

IMG_0245.jpg


ただ、こっちの方はやたら甘い香りがするので
(確かに髪はサラサラになるんですけれど

後者は女性向けですかね…


ま、コレも使いますけど(断言


もし、僕の近くから甘い香りがしたら
別に変な色気を出したとかそういう訳ではなくて、このシャンプーを
使っているんだなぁ、とご理解頂けたら幸いです…

(少なくとも親愛なるブログ読者の皆様には。。。)


チェコ土産ついでに、今日はチェコのビールにしましょうか


で、今日のビールです。

クルショヴィチェ・ムシュケテュール
Krušovice Mušketýr

プラハのスーパーにて50セント(≒52円)位だったと思う也

IMG_0242.jpg

随分とフンワリしたとっかかりで導入しちまいましたが
ピルゼンとプラハの大体中間に位置するこのクルショヴィチェ醸造所、
チェコ・ボヘミア地方最古の醸造所です創業1581年。


ボヘミア地方の醸造所、といえばこれまでにも

ピルスナー・ウアクヴェル

ガンブリヌス

ブドヴァイゼル・ブドヴァー

等をご紹介してきましたが、チェコ西部のボヘミア地方は
正にビールの大・激戦区

僕が敬愛して止まない地方なのでもあります

そんな地域の最古醸造所と聞いては
胸も高鳴りますねドキがムネムネします


IMG_0243.jpg



スタイル: ダーク・ラガー

原材料:

アルコール度数: 4,5%

色: 銅~琥珀色

香り・味: モルティ&アルコールの香り。でもアルコール香は
ツーンってやつではなく「感じる」程度のもの。
味はカラメル・シロップ系。確かに甘いのだけど、それだけでなくて、深い…

そう、飲んでみてただ単に「甘い!」っていうだけではなくて、
その甘さを感じた刹那(゚Д゚)セツナ!
それとは違う「何か」に奥から包まれる感じで


               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               | ☆
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


非常に美味です。ムムム、さすがチェコ・・・
素晴らしいバランス、エレガントな味わい

なんかボヘミア地方のビールばっかりにこう、星5つつけてしまうのが
段々シャクになってくるのがアレなんですが、今回も星5つですね


全体評価:★★★★★ (満点は★5つ)






人気ブログランキングへ


23:03  |  ビール・チェコCZ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT