2012年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012.04.30 (Mon)

大家さんからの引越し祝い ヴェッテルスハイマー・メルツェン

おばんでございます


いやー引越し、完了しました


もとい


いやー入居、完了しました(゚Д゚)


引越しに際しては、普通免許で運転できる
最大の大きさの車をレンタル。

mb-sprinter-311-kasten-weiss-sx-re-2006.jpg
「いやコレ、デカ過ぎだろ・・・」

なーんてタカをくくっていたんですが


積み込んでみたら満!載!!(゚Д゚)イッパイー


まさかココまで物を所持していたとはねぇ…


その分量の物を部屋へと一気に運び込んだ訳ですから

家の中には恐ろしい量のダンボールが重なり、
文字通り足の踏み場のない状態です


まぁ一気に片付けようと思わないで、順々に色々と良くしていくのを
楽しんでやらなきゃダメですよね。。。


とにもかくにも、引越しを手伝ってくださったみなさん
本当にありがとうございました


入居の際、大家さん夫妻が家に来て
契約書にサインをしたんですが、その時に

「Herr(『ヘル』:英語のMr.と同じです)タカーギは
ビールがお好きでしたよね?
これは私達からです。どうぞどうぞ」と


ビールをいただきました(´A`)


いやー、嬉しかったデスね


なにせ、ビールに関しては尋常でないこだわりのあるミュンヘン人から
その尋常でなくこだわって飲んでいるビールをもらったんですから(笑)


今日はもちろん、そのビールをお届けしたいと思います


で、今日のビールです。

ヴェッテルスハイマー・メルツェン
Wettelsheimer Maerzen

Fam. Strixnerより進呈

Wettelsheimer Maerzen02

あー、携帯のカメラで無理やり撮影したら
ちょっと色の感じが変わってしまった


ヴェッテルスハイマー醸造所は、バイエルン第2の都市である
ニュルンベルクの南約50キロの所、トロイヒトリンゲンという街の
すぐそばにあります。創業は1797年。


Wettelsheimer Maerzen01

あー、コレもちょっと赤みがかりすぎですね

もうちょっと家が落ち着いたら、キチンと撮影場所もなんとか
しますんで待っててくださいね



スタイル: メルツェン

原材料: 大麦麦芽・ホップ

アルコール度数: 5,5%

色: 琥珀色

香り・味: 麦っぽさを感じるものの、そこまで甘ったるい香りでは
ありません。

…って思っていたら、甘いよコレ(゚Д゚)アマー

そしてなかなかのコク。甘口嫌いの僕ではありますが
何というか嫌でない甘さ(変な言い方ですね)。


               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |         ☆
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


メルツェンMaerzenとは本来、「3月」を意味する
メルツMaerzという言葉に由来します

3月に仕込んで夏の間熟成させた、ちょっと重た目の物を言うんですが
(オクトーバーフェストで提供されるビールも、そう呼ぶ事が
あるそうです



これまでにこのブログで取り上げてきたオーストリーの「メルツェン」は
割と普通のラガービールという印象が強かった感がありましたが

 コレ とか コレ とか コレ とか コレ とかです)

この「メルツェン」は、本来のメルツェンなのかもしれないな…?
なんて思いましたです

星は4つにしておきますが、甘口のビールが好きな人には
星5つなビールかもしれません。

全体評価:★★★★(★) (満点は★5つ)





人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
22:07  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.04.25 (Wed)

はなむけに、ふさわしい サミクラウス・クラシック

おばんでございます



といいますか



スーパーご無沙汰でございます


…って方が合ってますよね(´A`)




随分久しぶりの更新になってしまってすみません

Damboru.jpg


段ボールの山の中から、お送りします。。。


もー、更新したいのはヤマヤマだったんですが
この引越しに平行してですね


やれ外人局へ行ってビザ取ってきなさい、とか
税務署に行ってきなさい、とか言われたりした上


(もちろん事務所の人はもっとヤンワリおっしゃってくれますが

それに加えて

ドイツの携帯を契約しなくちゃ!とか
そうだテレビもインターネットも契約しなくちゃ!とか
ああ、住所も届け出なくちゃ!とか
ザルツブルクの方の大家に会わなくちゃ!とか
引越しのトラックを注文しなくちゃ!とか
そのトラックが停まれる場所を確保しなくちゃ!とか
お隣さんたちに挨拶してこなくちゃ!とか
親しい人たちと一緒にビールを飲みに行かなくちゃ!とか


「…なくちゃ!とか」が続きすぎてアレですね

その中に・・・?という項目も
混ざっていてアレですけれど
(笑)


ナンダカンダで、ぜーんぶ合わせてまぁ
80パーセント程度、片付きました(ホッ!)


引越しは今週末の土曜日を予定!
この流れが一段落ついたらまた、キチンと更新しますね


今日は恐らく、オーストリアからお届けする最後の更新!
…なのでちょっとキワモノをお届けします フフフ



で、今日のビールです。

サミクラウス・クラシック
Samichlaus Classic

Eurosparとかで3ユーロ位(≒321円)だったと思う也

Samichlaus01.jpg


瓶の中心部、おっさんの顔の周りに

The World's Most Extraordinary Beverage
世界で最も並外れた飲み物(゚Д゚)



なんて書いてありますが。


コレはオーストリアが誇るキワモノ異色醸造所
エッゲンブルク醸造所のビールでして

(ココのビールは二度ほどご紹介していますが)  ①   ② 


恐らく世界で一番アルコール度数の高いビール

なんですね

(注:通常の醸造過程における、と付け加えた方が良さそうですが)



このビールは毎年一回だけ、しかも何の因果か

僕の誕生日である12月6日に醸造され

その後10ヶ月間の熟成期間を経てボトリングされるビールなんです



いやーそこまで当ビール研究所に敬意を示して頂かなくても…


ってタダの偶然?えー聞こえない(∩゚д゚) アーアーアー


とにもかくにもデスね


「強いビール」という若干特殊な分野においては
世界的に有名なビールなんですが・・・

通常の醸造方法で、ここまで強いビールというのは
本当に珍しいと思います。


そしてこのビールはワインの様に寝かせておけるのだ!


今回のビールは4年モノですいってみましょう

Samichlaus02.jpg



スタイル: ドッペルボック、としておきます

原材料: 麦芽、ホップ、ホップ抽出物

アルコール度数: 14,0% (゚Д゚)

色: 茶色・麦茶色

香り・味: とーーーっても甘い麦の香り、
そして醤油を思わせる香り。ホントです

味はうわっこれシロップ?というくらい甘いです(゚Д゚)
甘みの感じがポートワインに似ているかもしれません。アルコール度数的にも
まぁ近いですしね

重さの割りに、後味はスッキリしています。ドライフルーツの様な甘み。



               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               | 
               |↓重い(コク)          ☆


コレは凄いっすね…文句なしのフルボディ
でもそこまで「アルコールアルコール」していないのは
逆にビックリです。

まぁコレをガンガンいったら酩酊☆確実でしょうけれど・・・

ポートワインがお好きな方にはゼヒ、おすすめです。星4つ半!


全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)





人気ブログランキングへ

21:08  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.04.16 (Mon)

おらが村ビール、8回目の登場です シュティーグル・ヴァイナハツ・ホーニヒビーア

おばんでございます


相変わらず引越しでバタバタしてる訳ですが

机の上の書類の山を整理していたら、こんな物が出てき(てしまい)ました・・・


IMG_0502.jpg


ややピントの合ってない写真ですが、わかりますかね?


そう、これは新しいビールに接する時の「テイスティング・リスト」


「まだ飲んだことのないビール」に出会ったとき、
写真を撮って、そしてそそくさとこの表を取り出して
味わいや感じた事をこの表に記入しておくんですが


そして友人や同僚から「まぁーたぁーこのアル中日本人
またなんかやってる」的な事を言われるのがお約束なんですけれど



実のところ、これまでに書いた物が溜まりすぎていて

これまでに何を飲んだか

そしてどれをすでにブログに書いたのか

…が自分でもイマイチわかっておらず、なんとも
収集のつかない事態になっておりまして(゚Д゚)


なのでむしろ、この「テイスティング表」を何枚か紛失していて

(厳密に言えば本人は『紛失』に気付きもしなかった訳ですが)

まぁいいや、なかった事にしておけ…

・・・的な思惑が若干あったものの、この世紀の大発見により
そうもいかなくなってしまいました



しかも、なんと3シートも同時に出てきてしまったのだ!(´A`)



なので、まだブログ未掲載(って言うのかな?)ビールを
チマチマとご紹介させて頂こうと思います…


で、今日のビールです。


シュティーグル・ヴァイナハツ・ホーニヒビーア
Stiegl Weihnachts Honigbier

Christkindlmarktにて13(!)ユーロ(≒1365円)也
00173_big.jpg
シュティーグル醸造所は、これまで当ブログに
7回も登場しているんですね(゚Д゚)


1回目 ・ 2回目 ・ 3回目 ・ 4回目 ・ 5回目 ・ 6回目 ・ 7回目


この7回目の登場では、シュティーグル醸造所を
訪問してしまっている
という…


ナニはともあれ、ザルツブルク人がとっても誇りに思っている
「おらが村醸造所」です。


ザルツブルクに住んでいると、さすがにこの「ご当地ビール」は
飲む機会も多く、だいたいのラインナップはご紹介してしまいましたが


実は、シュティーグルには「モナーツビーアMonatsbier」、
「今月のビール」があるのです!!

IMG_0486.jpg


シュティーグル醸造所はとっても伝統があるんですが
(コロンブスがアメリカを発見した年、1492年創業の老舗なんですよ~
それと同時に、新商品開発にも力を注いでいて


毎月新しいビールを発表(でも期間限定)


しているんです


このビールは、「ヴァイナハツWeihnachts=クリスマス」の通り

去年の冬に発表された「12月のビール」です。


IMG_0487.jpg


スタイル: ハチミツ・ビール

原材料:

アルコール度数: 5,4%

色: オレンジがかった黄色、濁っている

香り・味: 甘い香り、若干のホップ

非常に強い炭酸。強炭酸ってレヴェルぢゃないですねコレ

満足にカップに注げない程です。。。

肝心の味は、ハチミツを感じる甘口。
でも「ハチミツ」というよりは何かこう「上質のシロップ」の様な、
とっても品のいい甘さです。


               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |          ☆
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


とても、美味です!
これまでにご紹介したハチミツ・ビール部門では文句なくトップですね。
ちょっとあまりに炭酸が強いのが惜しいところ。星4つ半です!

全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)





人気ブログランキングへ
20:01  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.04.13 (Fri)

楽しめるうちに、おらが村ビールを ラシュホーファー・ツヴィックル

おばんでございます


イースターが終わると、「歌手」という職業の人は概ね、
まぁヒマになってくる事が多いんですが、今は例外的に


引越しの準備でテンヤワンヤしております・・・


ザルツブルクには5年、同居人は足掛け6年滞在してましたが
なんだかんだでやっぱり、荷物が多い


やっぱり引越しって大変(´A`)タイヘソー


あ、近日中に「蚤の市」を開催しますんで
ザルツブルク・またはその近郊にお住まいの方は奮ってご参加ください



さて。


昨日は、ザルツブルクにある
一大エンターテインメント施設:
「オイロパルクEuropark」


…に足を運んできました。


20091213061443!Logo_europark.jpg

europark3.jpg


ここは大体十年前くらいに出来た郊外にあるショッピングモールで、それまで

散歩・日光浴・世間話

だった エンターテインメントinザルツブルク

+オイロパルク

という新たな選択肢を加えたという、画期的な施設なのです。

…少なくとも、地元では


まぁ、規模の方はと言いますと

要は「ららぽーと」的なものを想像して頂ければいいかな…

僕はいつも地元・柏市松葉町の「モラージュ」を連想するんですけどね(笑)



ただ、「ららぽーと」ないしは「モラージュ」と異なるポイントとしまして

ビアホールが中に入っている(゚Д゚)

…というのがあります。ホントです



残り少ないザルツブルク生活、まさかそれをリポートしない訳があろうか?

(いや、ない!)



と、知的に反語を披露した所で、今日はソコのビールを
お届けしようと思います



で、今日のビールです。


ラシュホーファー・ツヴィックル
Raschhofer Zwickl

Baschhofer Rossbraeuにて3,4ユーロ(≒360円)也

raschhofer_logo_big.gif


Raschhofer01.jpg


ラッシュホーファー醸造所は、ザルツブルクの北にあるアルトハイムAltheim
という街にある、1645年創業の家族経営の醸造所です。

…ショッピング・モールにこういう本格的なビア・ハウスが入っているあたり、
このドイツ語圏はビール好きにとっていかに天国なのかがわかりますね(笑)


ちょっと小腹も空いたので注文したのは
「エッスィヒ・ヴルシュトEssigwurst(酢のソーセージ)」。

Raschhofer02.jpg


ソーセージと言っても、ちょっとハムの様な味わいの物を薄く切って
カルパッチョの様にしてあります。これがもう、(゚д゚)ウマー


今回注文した「ツヴィックル」は、これまでにも何度かこのブログでもご紹介した、

(…コレとかコレとかコレとかですね)

オーストリア(+バイエルン)独自のビール・スタイルです。

Raschhofer0.jpg


スタイル: ツヴィックル

原材料:

アルコール度数: 5,2%

色: 少しオレンジがかった黄色、濁っています

香り・味: とてもフルーティ。ホップ由来?
とてもマイルドな味わい、炭酸が少なめなのも手伝っていますね。
始めはやや甘めに感じますが、後味に残るしっかりとしたホップの苦味が
全体をよく引き締めています



               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
              ☆
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


甘ー辛のバランスがとても良い、ビールの優等生的な感じですね
ホップが引き締める後味というのがとてもよく分かるビールです。星4つ半!


全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)





人気ブログランキングへ
20:22  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.04.10 (Tue)

ザルツブルク人がオススメしてくれたビール マクスルライナー・アイブリンガー・シュヴァルツビーア

おばんでございます


前回および前々回と2度、スペインのビールが続きましたんで

今回はちょっとスペインから離れて(まだ在庫はあるんですが)、

ザルツブルクの近くのビールに目を向けてみましょう


logo_salzburger_bachgesellschaft_003436771.jpg


今回のスペイン・ツアーは、ザルツブルクにあるバッハ協会という所の
関連で行ってきたんですが、そこの設立者・A.H.氏。

ザルツブルク・モーツァルテウム音大の教授で、なおかつ生粋の
ザルツブルク人の彼は、もう御歳70近い(らしいんですが)、なかなかの御仁

歩くのも話すのもゆーーーーーっくりなんですが、音楽に対する姿勢は
とってもアツいので、傍目にいっつも関心させられます


で、公演の帰り、空港で飛行機を待っている時間に話をした時に


メチャメチャいっぱいザルツブルク周辺の
ビール醸造所を教えてくれました

…それも、聞いた事もない所ばっかり


ささささすがはザルツブルク人!(゚Д゚)スゲー


…と関心したんですが。



で、その後日、とある教会のミサで一緒した時に「ハイ」とビールをくれて(笑)

その時言っていた醸造所のビールを、持ってきてくれたんです


いやー、感動!(´A`)



…今日はもちろん、そのビールをお届けしますね



で、今日のビールです。

マクスルライナー・アイブリンガー・シュヴァルツビーア
Maxlrainer Aiblinger Schwarzbier

A.H.氏より進呈

Maxlrainer01.jpg


マクスルラインMaxlrainは、ドイツ南部の都市ローゼンハイムRosenheimから
少し北西に行った所にある小さな街で、創業は1636年。

当時は「茶色のビール醸造所」と文献に記載があったと言いますから、
きっとこの「黒ビール」は原形に近いんでしょうね…?


Maxlrainer02.jpg


スタイル: 黒ビール

原材料: 大麦麦芽、ホップ

アルコール度数: 5,0%

色: コーラ色

香り・味: カラメルの香りとホップ(だと思いますが)の香り。
軽いボディで口当たりもよく、やや辛口か…と思ったら、黒ビール独特の
甘みが舌に残ります。後味はとても軽く「香ばしさ」が少し残るのみです。



               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
           ☆   |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


ふむ、なかなか興味深いビールですね。
辛口だけれど甘みが残る。なんというかこう、バランスを取りに行くというよりかは
むしろ個性を追求した、みたいなトコでしょうか?
変に媚びた感じがしないのがイイですね星4つ半!


全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)





人気ブログランキングへ


19:51  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT