2012年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.05.31 (Thu)

ソニーセンター内の醸造所 リンデンブロイ・ヴァイスビーア

おばんでございます


先日から続いているベルリン滞在ですが


朝夕とビッチリ稽古が詰まっておりまして

ああ、もう、しんどい


って感じだったんですが、先ほどようやく最終リハが終わり
後は3日間のコンサートを残すのみとなりました


DSC_0042.jpg

フィルハーモニー・ホールの舞台からの眺めです。
ちょっとサントリー・ホールと感じが似ている…?


6月3日の最終公演は、インターネットでライブ中継されるそうです。
(でもどうやら有料らしい…?のでアレなんですが、一応お知らせまで
興味のある方は「ベルリン・フィル」のHPを見てみてくださいね



最終リハのランスルーが終わって(´A`)ホッとしていると

ビール好きのヴォルフガンクが登場。開口一番

「お前ソニーセンター醸造所には行ったか?」


ソニーセンターというのは、フィルハーモニー・ホールの向かいにある
ソニーが建てた、一大エンターテイメント施設なんですが

sonycenter.jpg
ソニーセンター・上からの眺め



「じょーじょーじょ?」(゚Д゚)ポカーン

…としていると、「そん中に小さな醸造所が入ってんだわコレが」

と教えてくれました!



。。。なんですと?キラーン



まぁ何と言うか、至極当然な流れとでも申しましょうか、当然の如く


行ってきました━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


ソニーセンター自体、かなり大きな建物なので
すぐに見つけられるか自信がなかったんですが

DSC_0045.jpg


…んん?


DSC_0047.jpg


割と簡単に見つかりました(笑)

フィルハーモニーのある側から入って、ほぼ真正面にあります


ベルリンの観光名所ともなっているソニー・センター。
ちょうどいい機会ですし、そこにある醸造所のビールをご紹介します


で、今日のビールです。

リンデンブロイ・ヴァイスビーア
Lindenbraeu Weissbier

Lindenbraeuにて4,1ユーロ(≒398円)也

DSC_0048.jpg

今回僕は2回の席に座りましたが
ソニーセンターの中庭(…って言うのかな?)が一望できます


そして当然のことながら、お店の中に醸造釜が鎮座しています
通常よく見られる銅製ではなく、なんとコレは銀製なんだそうです

DSC_0049.jpg


お店では色々な種類のビールが提供されていますが、ココで醸造しているのは
今回注文したヴァイスビーア(白ビール)だけだそうでして・・・


今回はお腹も減っていたので、マウルタッシェンMaultaschenという
トルテッリーニのオバケみたいな物を注文したんですが

DSC_0052.jpg

さすが都会、マウルタッシェンだってのに盛り付けまで洗練されている・・・

そしてコレがもう!(゚д゚)ウマー!!

これまでの人生で食べてきたマウルタッシェンの中で…って
別にこれまで数える程しか食べてきてないんですが

もうこれは、絶・品!


いや、もとい



絶☆品!!



…と表記しちゃいたいくらいです(笑)
本当の本当に、オススメ


食い物の事になると、どうしてもビールと同じ位力が入ってしまいますね


DSC_0050.jpg



スタイル: ヴァイスビーア

色: オレンジ~琥珀色

香り・味: 白ビールにしてはホッピー。ハラタウ種?
ミュンヘンのアウグスティナーと同じ香りデスね
後は柑橘系の香り、炭酸がとても強いです。



               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
        ☆      |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


これもまた、とてもとても美味!
料理はとっても洗練されていましたが、このビールは
全く持っていい意味で「洗練されていない」感じ…ってのが適切な気もします

日本人の誇り、ベルリン・ソニーセンター。
ご飯が美味しすぎたのも一因ではありますが、星5つ進呈です

全体評価:★★★★★ (満点は★5つ)




追記:ここの醸造所のロゴが、とーってもカワイイんですよ

DSC_0055.jpg

2匹のワンちゃんがビールを酌み交わすその下に

Trinkt mehr Bier!
「おまいら もっと ビール 飲め!」


…と書いてあります。意外とアグレッシヴ(笑)




人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
22:07  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.05.29 (Tue)

都会で感じる「洗練」 ベルリーナー・ピルスナー

おばんでございます


突然ですが、今、ドイツの首都ベルリンに来ています(゚Д゚)ベルリソー


ミュンヘンの人間がベルリンに何の用ぢゃ!(゚Д゚)ゴルァ!

…なーんて言わないでくださいね



今回は天下のベルリン・フィルとお仕事があって
洗練された都会にやってきた訳です


今日の稽古初日は、みんな旅行疲れもあって
ちょっとグダグダな稽古になってしまいましたが

今回は6泊と、けっこう余裕のある滞在なので、素晴らしいオケを垣間見つつ、
じっくりゆっくり腰を据えて本番に臨みたいと思います…!


プローベ(稽古)の様子も、おいおいご報告しまっす!



それはそうと、なんつーかですね


ブログ読者の皆さんがお察しの通り



ベルリンのビールを飲み尽くしますよ(´A`)


先述の様に今日は初日、ザ・ベルリン!なビールをお届けします



で、今日のビールです。


ベルリーナー・ピルスナー
Berliner Pilsner

NETTOにて56セント(≒56円)也

DSC_0038.jpg


ベルリーナー・ピルスナー醸造所は1902年創業。

DDR(ドイツ民主共和国:旧東ドイツ)のあった時期も、東ドイツを代表する
醸造所として醸造を続け、アメリカやイギリスに輸出を行っていたみたいですね

ベルリンの壁崩壊後は、ラーデベルガー・グループに吸収合併されましたが
ベルリンを代表する醸造所というのは変わってないみたいですね


DSC_0040.jpg


ラベルにはベルリンの州旗でもあり、同時にシンボルでもある
クマが描かれています


ちなみに、ベルリンの州旗はというと

berlin wappen


・・・このクマさん恐ろしいくらい笑っているのが
ちょっと気になりますけど、いいんですかね?


DSC_0041.jpg


スタイル: ピルスナー

原材料: 大麦麦芽、ホップ抽出物

アルコール度数: 5,0%

色: 黄金色

香り・味: ピルスナーにしては、麦の香りがします。
でも奥の方に?爽やかでフワァとなる香りがするんで、それがホップかしら?
味は辛口です。キリリとしてますね…なかなか美味!


               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
    ☆          |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


この値段(56円!)で、この味ならナカナカぢゃないでしょうか…?
どうやらベルリンで最も売れているビールだそうですが、それも納得
特に文句のない、都会らしく洗練された味です。星4つ半!

全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)





人気ブログランキングへ


21:03  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2012.05.25 (Fri)

ブルータス、お前もか ベルクアードラー・プレミアム・ピルス

おばんでございます


前回の更新では、安売りスーパー・アルディのビール
ご紹介しましたが・・・


「アルディ」という名前を聞くと、条件反射的に浮かんでくる
もう一つの名前があります。さーてソレは何でしょう??



…ヨーロッパ在住の皆様、用意はいいですか?





さん、はいッ






リードルLidl」、ハイ正解です

lidllogo.png


シュヴァルツ家が経営するこのチェーン・スーパーマーケットのリードルは
安売りスーパーにおけるアルディと双璧をなす、巨大チェーンです。

しかもこの一族はカウフラントKauflandという、スーパーとホームセンターを
合体させた様な大きいバージョンのお店もチェーン展開しているのです


DvhBBzSq0ByQbVtYM1hSW0.jpg


リードルの営業形態はアルディとは少し異なり、普通に流通している商品を
安い値段で売る事を念頭に置いているそうですが。


でもリードル自身「アルディの手法に倣って開業」
言っちゃってるみたいですから
まぁ、アルディの凄さというのが伺えますよね


いずれにせよ、消費者側としましては
選択の幅は広がれば広がるに越したことない訳でして…


実は僕もザルツブルクにいた頃は毎週自転車で国境越えて
ドイツのカウフラントKauflandまで買出しに行っていました(´A`)トオカッター


アルディとリードルは、貧乏学生&庶民の
力強い味方でもあるのです・・・


Aldilidl.jpg



…って、本題に移りましょうね



前回のアルディ・ビールが意外にも美味しかったのに
味を占めてインスパイアされて、今回はリードルの物を試してみようか
と思いついたわけです


なーんか同じ様なパッケージの物がノソノソと
売られていましたんで、それを購入してきましたいってみましょう!



で、今日のビールです。


ベルクアードラー・プレミアム・ピルス
Bergadler premium pils

Lidlにて37セント(≒37円)也

Bergadler Lidl01


さすが「プレミアム」を謳っているだけあって
外見は結構プレミアムですよね…?


そしてココで、衝撃(゚Д゚)


裏のラベルには「フランクフルター・ブラウハウス」Frankfurter Brauhausの文字。


工エエェェ(´д`)ェェエエ工



一昨日のアルディと同じなんですけど。。。



ブ、ブルータス、お前もか・・・



蛇の道は蛇。

アルディ・リードル両者が適切な醸造所を見つけ出したのか、
はたまたこの「じゃない方フランクフルト」の醸造所が、ディスカウント・スーパー用の
委託醸造でうまい汁をすすろうとした活路を見出したのか。

(注:あくまで筆者の推測です)


でも両者の利害関係は見事に一致してますよね・・・


Bergadler Lidl02



スタイル: ピルスナー

原材料: 大麦麦芽、ホップ

アルコール度数: 4,9%

色: 黄金色

香り・味: ピルスナーの割に、麦っぽい(モルティ)です。
でも味は結構な辛口!キリリとしたピルスナーですね
ボディはややしっかり目、後味もしっかりとホップの辛味が鼻を抜けます。


               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口 ☆                    甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


アルディと同じ醸造所で、しかも「ピルス」という名前を冠しているものの
味わいは若干違っている気がします…たぶん。

それもそのハズ、アルディの方には「ホップ抽出物」が加えられているのに対し
リードル製品は「ホップ」のみ。コレがひょっとして、こだわり?商品の細分化??


でも費用対効果的な考え方をしてみると、やっぱりアルディの方が
ちょっと上かもしれませんね。星4つ半にしておきましょう!

全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)





人気ブログランキングへ


20:42  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.05.23 (Wed)

世界第10位の「企業努力」 カールスクローネ・ピルスナー

おばんでございます


前回の更新では、ウチの近くにあるリカー・ランドをご紹介しましたが

今日は一番近くのスーパーをご紹介しましょうかね


それは…アルディAldiです!!

Aldi_Logo.png


ドイツ在住で知らない方は間違いなくいないという位有名なスーパーで


普通のスーパーとは違い、主に自社製品を安値で提供することで
爆発的なスピードで展開している、ディスカウント・チェーンです。


店内は究極の簡素化という表現がふさわしい陳列方式で

siteco_aldi_rastatt_b6_aa3b6334d4.jpg

ausbildung-aldi2.jpg


全ての店舗で概ね同じ商品配列
なっているというから驚きです(゚Д゚)


ちなみにこのお店、オーストリアではホーファーHoferという名前で
展開しているんです。ドイツ名をはねつけるオーストリアの誇り、でしょうかね?

Hofer_500px_Logo_svg.png




ココの社名「アルディAldi」は、創業者の名前アルブレヒトAlbrechtと
ディスカウンターDiscounterの組み合わせになってまして


驚くことなかれ、このカール・アルブレヒト氏は

ドイツ一の富豪なんです(゚Д゚)

しかも世界で10位(2012年)というオマケつき!(゚Д゚)(゚Д゚)

ちなみに日本の長者番付筆頭・ユニクロの柳井さんが88位なのを見ると
凄さが伺えますよね…




このアルディ、値段は安くても並んでいる商品が決して悪くないというのが
大ヒットの理由な訳ですが。


そんなスーパーが家のすぐ近くにあって、ソコのビールを試してみない…
事がありましょうか?否、ない!(反語!!)


という訳で今日は、そこのビールを購入してきました

もちろん自社製品のものです…いってみましょう



で、今日のビールです。


カールスクローネ・ピルスナー
Karlskrone Pilsner

Aldi suedにて29セント(≒29円)也

KarlskroneAldi01.jpg


・・・はい、このビール、


KarlskroneAldi02.jpg


ペットボトルに入っているんです(゚Д゚)

ちょっと味気ない気がしないでもないですが
30円しないという安さには参ってしまいますよね(´A`)

裏面のラベルを見てみると「フランクフルター・ブラウハウス」の文字が。

なるほど委託醸造なのね…でもフランクフルトにそんな名前の醸造所、
あったっけか?なんて思っていたら


フランクフルト・アン・デア・オーダーの方でした


ヨーロッパ中央銀行がある、ライン川沿いの大きいほうの都市は

フランクフルト・アム・マイン Frankfurt am Main


ポーランドとの国境近く、オーダー川沿いの都市が

フランクフルト・アン・デア・オーダー Frankfurt an der Oder


なるほど、旧東ドイツ側の物価が(まだ)比較的安い地区で
効率的に醸造して、それをドイツ全土に持ってきているみたいですね


KarlskroneAldi03.jpg


スタイル: ピルスナー

原材料: 大麦麦芽、ホップ、ホップ抽出物

アルコール度数: 4,9%

色: レモンがかった黄金色

香り・味: ややホッピー、それと若干の麦。
味はやや辛口、とてもバランスの取れたピルスナーです。
後味は香りそのまんま、ホップが鼻に抜けると麦が舌の上に残ります。美味!



               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
       ☆       |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


うーん、素晴らしい企業努力(゚Д゚)

コレが30円とかで買えちゃうんですから、そりゃぁもう
この企業がトンでもなく凄い利益を叩き出すのはわかりますよ

そんじょそこらのピルスナーには太刀打ちできませんね。
星5つ、差し上げましょう!!


全体評価:★★★★★ (満点は★5つ)




追記:そういえば、オーストリア版アルディ・ホーファーでは
オッタクリンガー醸造所の物を販売していましたね…あれも美味でしたよ~




人気ブログランキングへ

21:12  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑

2012.05.17 (Thu)

やっぱスゲーわ、バイエルン フライジンガー・ホーフブラウハウス・イェーガービーア

おばんでございます


先日ご紹介したリカーショップ・オルテラーですが
昨日もちょーっとだけフラッと足が向いてしまいまして
広いお店の中をブラブラし、ご当地ビールを購入してきました


今回チョイスしたのは、以前もご紹介した世界最古の醸造所
ヴァイエンシュテファン醸造所 (その記事は  コチラ 


…があるフライジングFreisingという街にある、もう一つの醸造所
ホーフブラウハウス・フライジングのビール。


このフライジングという街は、僕が住んでいる街を通っている電車を
もう10~15分乗っていると到着してしまうという、隣町的な立地でして


この「ヴァイエン…」はなんとまぁ、1040年にはビールを生産していたという
泣く子も黙る世界最古の醸造所なんですが


…今回の醸造所も1160年創業という、ビックリな歴史を誇る
醸造所なんです



うーん、これで「ヴァイエン~」から随分離れた所とかにあったのなら

1160年創業!えっへん!!

…みたいな感じでもう少し踏ん反り返る事もできたんでしょーに、ねぇ


そんな不運?の醸造所のビールを今日はご紹介!


で、今日のビールです。

フライジンガー・ホーフブラウハウス・イェーガービーア
Freisinger Hofbrauhaus Jaegerbier

Ortererにて68セント(≒69円)也

Freising Jaegerbier01


「イェーガー」とは、「狩人」という意味なんですが
なんでまた狩人?というのはいくら調べてもわからずじまい・・・

このビールは典型的・バイエルンのビール「ヘレス」と違って
ちょっと強い目の「エクスポート」というカテゴリーに入っている事から
「狩人が飲む様な強いビール」的な位置づけってトコですかね?


azusa2.jpg


いずれにしてもあずさ2号とは
何の関係もなさそうですが



Freising Jaegerbier02



スタイル: エクスポート

原材料: 大麦麦芽、ホップ、ホップ抽出物

アルコール度数: 5,6%

色: 黄金色

香り・味: とてもモルティ、ホップの香りは少ないです
味わいはややニュートラル。若干甘めかな…?
後味もモルティーです。エクスポートなだけあって、やっぱりちょっと
強い様な重たい様な感じはあります



               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |  ☆
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


実はこのビール、「隣町にある醸造所」と「名前が面白い」という
2つのポイントのみで購入に至ったビールだったんですが


適当に買ってきた銘柄でこのレベル・・・


バイエルンのビールのレベルは
本気でパネェですね(゚Д゚)



星4つ半としておきます。他には一体どんなご当地ビールとの出会いがあるのか、
これからも楽しみだーー!!!


全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)





人気ブログランキングへ

20:39  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT