2013年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2013.02.27 (Wed)

忙しい時の友 ヴァルシュタイナー・アルコホールフライ

おばんでございます



あーーーーーーーーーーーもう!(゚Д゚)ゴブサター



またご無沙汰してしまいました




今回はなんというか、本業(バイエルン放送)に加えて
いろんなプロジェクトのお手伝いで忙しくてですね

まぁ言ってみればバイト

をしていた訳です



一つはミュンヘン・フィルのお手伝い、
もう一つは国立歌劇場のお手伝い。




でも実はどっちも同じ指揮者だったのはナイショです



劇場の方は、なんだかイタリアから大統領?が聴きにくるとかなんとかで
ドイツの大統領も来てたみたいで、演奏会始めに両国の国歌演奏があり。


italiaitalia.jpg

残念、今なにかと話題の彼は見られませんでしたが



ドイツで生活していると、ドイツ国歌を歌う機会は数ありますが

今回イタリアの国歌って始めて歌ったんですけど、あれって

誰でも歌える曲ではありませんよね?


後半めっちゃくちゃ盛り上がって、とっても高いフレーズで締めくくられるので
スゲーびっくりしました(゚Д゚)タケー


バスの同僚は「こんな高いの歌えねーよ」って(笑)


19_01_10.jpg



国歌までもがイターリアオーペラなカーンジなんですね




…で、です。

こういう忙しい日が続くと、どうしてもブログ更新用に
お昼にビールを飲むという事ができなくなります



今日はそんな時のための、心強い見方をご紹介します


で、今日のビールです。


ヴァルシュタイナー・アルコホールフライ
Warsteiner Alkoholfrei

Kauflandにて50セント(≒60円)位だったと思われる也


DSC_0396.jpg

ヴァルシュタイナー醸造所は1753年創業の
ドイツ西側の街にある醸造所です。
一番近い大きめの街は以前もご紹介したドルトムントでしょうか…?

ドイツ語の「フライFrei」は英語の「フリーFree」に相当する語で
アルコール・フリーなビールです。

日本でも結構この「ノンアルコールビール」、人気が出てきている様ですが
こちらヨーロッパでも、日に日に種類が増えてきています


DSC_0397.jpg


スタイル Gattung: ノンアルコール・ビール Alkoholfreies Bier

原材料 Zutaten: 大麦麦芽、ホップ抽出物 Gerstenmalz, Hopfenextrakt

アルコール度数 Alkoholgehalt: < 0,5%

色 Farbe: 黄金色 Gelbgold

香り Duft:
モルティでホップの香りはほぼなし
Malzig. Hopfenduft ist sehr wenig

味・ボディ Geschmack und Koerper:
「麦ドリンク」感がとってもあります。
味自体は辛口なので、ビールを飲んでいると言えば、言えなくもない?です。
ライトミドルボディ、後味はほとんどありません。
Hm, ein gutes Malzgetraenk. Herb, mittelschwerer Koerper.
Kaum Abgang aber erfrischend.


               |↑軽い(キレ)Leicht
     ☆         |
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口 Herb                   甘口 Suess→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)Koerperreich







人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:42  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2013.02.14 (Thu)

受け継がれる伝統 ダルマイヤー・バイエリッシェスビーア・ウアテュープ

おばんでございます


今月こそはより頻繁に更新を!(゚Д゚)ウラー!!


なーんて当初の決心はどこへやら

2週間ぶりの更新になってしまいました


ここ1週間ほど、微妙に体調を崩していたのと

今週末にあるコンサートJ.S.バッハ・「マタイ受難曲」
準備に追われていたんです


今回は珍しい試みとして、土曜日のコンサートは
インターネットでライブ配信されるそうなんです


詳細はこちら: BR-Klassik Matthaeuspassion
16日(土)20時(日本時間17日04時)~
このページに表示されるFlashプレイヤーから観られます


johann-sebastian-bach-102~_v-image360h_-ec2d8b4e42b653689c14a85ba776647dd3c70c56
バッハさん肖像画
(ちなみにバッハBachはドイツ語で『小川』、なのでバッハは
日本語に直すと『小川さん』という事になります)




Ogawa.jpg

このハッスルしている格闘家と同じ名前になる訳です。




で、ですね。


バッハのマタイ、と言えばクラシックの世界において
絶対に避けて通れないものの一つです。


えーなに受難曲?バッハ?宗教曲?なにそれ難しそう・・・


なんて声が聞こえてきそうですが



かれこれ10年以上前に僕はこの作品と出会いましたが
当時の僕も全くもって、そうでした

そんな拙い先入観を
見事にブチ砕かれたのをよく憶えています


あれは本当に衝撃だったなぁ・・・ ←遠い目




DSC_0389.jpg

そんな大曲を今こう稽古してる訳ですが
ご覧の様に、合唱団所有の楽譜(ン十年物!)を使っているので
僕が使っている楽譜はこんなにボロボロです


一応楽譜ごとに「誰々の」というのが決まってますんで
こうやって名前が貼られるわけですが。

DSC_0390.jpg

僕の名前Takagiの前に、誰が使っていたという事が書かれています。


この前「所有者」のKさんは、3年ほど前に亡くなられた
古い古いテノールの同僚だそうで・・・

もちろん彼は僕の事を知りませんし、僕も彼の事は
同僚から話に聞くだけです。

でも!

こうやって何十年もの間、1つの楽譜が受け継がれているって凄いなぁ、と
なんかこうしみじみ、してしまいました(´A`)


今回はそのミュンヘンの「伝統」繋がりということで
ミュンヘンの老舗が出しているビールをご紹介!


で、今日のビールです。

ダルマイヤー・バイエリッシェスビーア・ウアテュープ
Dallmayr Bayerischesbier Urtyp

Dallmayrにて2,4ユーロ(≒290円)也

DSC_0392.jpg


ミュンヘン一の「グルメ屋さん」として知られるダルマイヤー。
日本のデパ地下・専門店がたくさん詰まったようなお店で
1700年創業でミュンヘンのど真ん中に大きな店を構える、ミュンヘン人なら
誰もが知っている有名なお店です。


初めて名前を聞いた時は「ダルマ屋」?って思いました


どんなにミュンヘン中心にあるのか…というのを伝えるために

DSC_0391 Kai

非力な携帯カメラで写真を撮影してきましたが…
伝わりますかね?

左が州立歌劇場、右がダルマイヤーです。歩いて2~3分くらいかな?


そんなお店のオリジナル・ビールなんですが
詳細は全くもって不明

今度混んでいない時間帯に行って、店員さんに聞いてきます・・・


DSC_0393.jpg



スタイル Gattung: ミュンヒナー Muenchener

原材料 Zutaten:
明るい大麦麦芽、ホップ、ホップ抽出物
Helles Gerstanmalz, Hopfen, Hopfenextrakt

アルコール度数 Alkoholgehalt: 5,2%

色 Farbe: 茶色。コーラの淡い感じ Braun oder
leichte Cola-Farbe

香り Duft:
香りはあまり強くありません。軽い麦の甘い香り、
ホップの爽やかな香り。
Ganz leichter suesser Duft vom Malz und Hopf,
aber nicht intensiv.

味・ボディ Geschmack und Koerper:
意外や意外、辛口です。ライトボディ。
後味に若干甘みが感じられないでもないですが、基本辛口。
クセのない味でとても飲みやすいです。
Ueberraschend herb! Leichter Koerper.
Leichter Abgang. Sehr Smooth.



               |↑軽い(キレ)Leicht
               |
      ☆        |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口 Herb                   甘口 Suess→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)Koerperreich







人気ブログランキングへ



20:30  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2013.02.01 (Fri)

物々交換 アウフゼッサー・ツヴィックルAufsesser Zwickl

おばんでございます


もう2月ですね!(゚Д゚)ソーデスネー


2月ってのは日数が少ない分、なんというかこうちょっと
存在感が薄いイメージがないでもないですが


今週は新しく発売される(はず)のCD録音をしていまして…
そのテーマはなんとも季節外れなクリスマス(゚Д゚)ジングルー

クリスマスが終わって1ヶ月ちょい、というなんともまぁ微妙な時期に
みんなで「きよしこのよる」だの「グローリアー」だの歌うのは
ちょっと妙な気分ですが


kiyosiko.jpg
ぜーんぜん関係ないですけど、前にこの本↑を読んで以来
どうしても「清しこの夜」と耳にすると、コレが浮かんできます


収録曲自体は入り組んでいない、シンプルな物ではあるんですが
急にラテン語やフランス語の曲が挿入されたり、曲の1番2番3番などで
曲想を変えて演奏したりするので、録音は意外とハードなんですよ


そんなこんなで今日の稽古合間の昼食時。


以前肩や首のコリに悩む同僚に悩んでいる同僚(ニュルンベルク出身)に
ピップエレキバンを1シート進呈したところ
これがまた結構な好評で。

そんな彼が地元から、お礼にビールを持ってきてくれました


これぞ物々交換
人間の本来あるべき姿な気がします(笑)


img02.jpg



今日はもちろんそのビールをご紹介!


で、今日のビールです。

アウフゼッサー・ツヴィックル
Aufsesser Zwickl

同僚E.S.氏より寄贈

DSC_0384.jpg

家族経営の小さなローテンバッハ醸造所という所のもので
「アウフゼッサーAufsesser」の名の通り、アウフゼスAufsessという
ニュルンベルクの北にある街に醸造所があります。1886年創業。

この辺りはミュンヘンよりもかーなーりー北に離れており、同じバイエルン州でも
フランケンFrankenと呼ばれる地域になります。

フランケン地方は小規模醸造所の宝庫と言われてまして
このへんにも一度、巡礼旅行をしないといけないなぁ、なんて
思っているんですけれどね

DSC_0385.jpg



スタイル Gattung: ツヴィックル Zwickl

原材料 Zutaten: 大麦麦芽、ホップ、酵母 Gerstanmalz, Hopf, Hefe

アルコール度数 Alkoholgehalt: 4,8%

色 Farbe:
茶色がかったオレンジ、濁っている
Orange-Braun, trueb

香り Duft:
とてもホッピーで、花の様な草の様な香り
Sehr hopfig, blumig / grasig

味・ボディ Geschmack und Koerper:
上の写真を見てお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが
泡持ちが素晴らしく良い!
味はカラメルの風味があり、やや甘口ですがバランスは良く
ライトミドルのマイルドな味わいです。美味!
Wie das Foto oben, sehr sehr stabiler Schaum. Karamelliger
Geschmack, relativ suess aber gut ausbalanciert.
Mittelschwerer Koerper, mild. Sehr gut!


               |↑軽い(キレ)Leicht
               |
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口 Herb                   甘口 Suess→
               |        ☆
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)Koerperreich







人気ブログランキングへ



21:15  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |