2013年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013.05.28 (Tue)

さまよえる日本人inオランダ その2 バヴァリア・ピルスナー/ラ・トラッペ・トリペル

おばんでございます


いやー、オランダから戻ってきました!(゚Д゚)チューリップー


今回は「『オランダ人』をオランダで」


…という、ちょっと安易わかりやすいプロジェクトだった訳ですが。


指揮もオケもソリストも(願わくば合唱も)、もうこれ以上ないでしょ?
的な組み合わせでしたんで、コンサートの間ぢゅう


ここにいられてしあわせ(;´д`)ハァ

って感じで昇天しっぱなしでした


公演は丸々ライブ放送されまして、当日だけかな?と思っていたら
なんとしばらくの間はラジオ局のホームページから聴けるみたいです


よろしかったら コチラ からどうぞ!
(オランダ語のサイトに飛びますが、プレイヤーが表示されますんで
ご心配なく)


さて。

お仕事以外でもオランダの良いところを沢山見てきました


ちょっと珍しいインドネシア料理を食べたり

DSC_0549.jpg
ランチタイムの「ナシゴレン」。
チャーハンの上に、これでもか!とオカズが乗ってます


アムステルダムに沢山インドネシア料理屋があるのは
かつてオランダの植民地だった関係があるみたいですね


食べ物続きでは

DSC_0569.jpg

ハイジの様なチーズが沢山並ぶチーズ屋に行ったり


ほかにも・・・

DSC_0566.jpg

最近?リニューアル・オープンした「王立博物館」。



DSC_0561.jpg

DSC_0558.jpg


ゴッホフェルメールレンブラントなど
オランダを代表する巨匠の絵画をみたり、他にも!





DSC_0572.jpg


ビールを持って、電車でちょっと行った所にある
海を見に行ったりしました


ちょっと風が強くて肌寒かったですが
約2年振りの海にトコトン癒されました


…今日はそのビールをご紹介する訳ですが。


DSC_0578.jpg


・・・あれ?もう一杯!?


まぁ奥さん、そうカタい事言わないでくださいよ


その帰り道にフラっとカフェに入って
トラピスト・ビール(修道院ビール)を飲んでみたりしました

以前にも紹介した事がありましたが、オランダのカフェやバーには
かなりの種類のビールが取り揃えてあります


DSC_0531.jpg

メニューの一例。

樽生だけで7種類
瓶の銘柄だと20種類近くあります(゚Д゚)

ドイツよりもお値段ちょっと高めなのが惜しいところですけれども
カフェによってはけっこう珍しいビールも置いてあります


…ってフラっと入ったカフェでトラピスト・ビールの
樽生が飲めるとは思いもしませんでした


今日はそのフラッと入ったカフェのビールも合わせてご紹介します!


で、今日のビールです。

バヴァリア・ピルスナー
Bavaria Pilsner

Albert Heijnにて1ユーロ位だったと思われる也

DSC_0570.jpg

このビール、オランダで見かけた時から突っ込みたくて
仕方なかったんですけど、バヴァリアBavariaとは英語で
バイエルンの事を指します。

これはバイエルン人に対する挑戦(゚Д゚)コイヤ!!

なーんて一人で盛り上がって飲んでましたが。

ベルギービールのホップの香り。フルーティ。
やや甘めでモルティさもあって、飲みやすいんですが
ミュンヘンのヘレスとはちょっと違いますかね…美味しいですけれど
軽い後味です。


ラ・トラッペ・トリペル
La Trappe Tripel

カフェ名忘失!(ごめんなさい)にて4ユーロ也

DSC_0577.jpg

オランダのビールの中で唯一「トラピスト」と
名乗る事の許されるブランドです。
(後はベルギーにある6つの醸造所のビールのみ)

とてもフルーティ、少しトロピカル?な程フルーティな香り。
洋ナシやマンゴーみたいな香りがします
アルコールは8%ありますが、あまり重くは感じません。
甘さもありますが苦味とのバランスが非常に良い!
もちろんグイグイは飲めませんけれど、味わって飲みたい一品
マイルドかつスムーズ。とても長く重たい、複雑な後味です。

コレは美味しい!!(´A`)


皆さんもオランダを旅行される際には
ゼヒゼヒお試しあれ!!







人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
18:05  |  ビール・オランダNL  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.05.22 (Wed)

さまよえる日本人inオランダ 欧和 / 生きビール・生・ユズ

おばんでございます


さて、突然ではありますが


アムステルダムに来ています(゚Д゚)オランダー


今回はワーグナー作「さまよえるオランダ人」という作品を
(今年はワーグナー生誕200周年なのです)オランダの
コンセルトヘボウというオーケストラと演奏する事になってます

DSC_0527.jpg
コンサートホールの「コンセルトヘボウ」。


DSC_0530.jpg
とっても美しいホールで、音響も素晴らしいです



にしても



「オランダ人」を「オランダ」で。。。



まぁこれ以上わかりやすいプログラムはありませんよね(´A`)



今日は午前中に稽古があって、その後はフリーだったので
同僚たちと一緒にアムステルダムの街を巡ってきました



DSC_0535.jpg

同僚オススメ、ラブリーなカフェのケーキ。
オランダだけに「コレは何か入ってるでしょ?」
おっしゃりたくなる気持ちはわかりますが、ノーマル・ケーキです(笑)


そんなこんなでレンガ建ての建物の中を歩いていると、ふと

「MEIDI-YA」の文字が。


へー、オランダ語でも似た様な言葉があるんだねぇ

なんて思っていたら


日本にある明治屋の
オランダ支店でした(゚Д゚)


DSC_0537.jpg


お店を見つけて一人で大盛り上がりして、一目散に
中に駆け込んでしまいました(笑)


なので今日はもちろん、そこで見つけたビールを
ご紹介します


で、今日のビールです。


欧和
Owa

アムステルダム明治屋にて2,75ユーロ(≒366円)也

DSC_0538.jpg

DSC_0542.jpg


ドイツとベルギーでビール醸造を勉強した日本人の方が
2006年からベルギーの醸造所において醸造をしているビールです。
あまり詳しいインフォメーションがないのでアレなんですが
恐らく間違いなくベルジャン・エールの一種かと。
ベルギービール特有の、とても豊かでフルーティなホップの香り。
豊かなボディですが飲みやすいです。後味もホップ。



生きビール・生・ユズ
iki Beer Yuzu

アムステルダム明治屋にて2,50ユーロ(≒333円)也

DSC_0545.jpg

DSC_0546.jpg


これまたインフォメーションが少ない…んですが
このビールは日本に留学していたオランダ人の方が、帰国後に
ベルギーの醸造所で醸造しているビールの様です。
どうやら「柚子」と「緑茶」を使用しているらしんですが
柚子はまぁ感じるとしても、緑茶の方はそこまで感じませんね…。
先述の物と同じくベルギービールらしい、柑橘系のフルーティな味わい。


P.S.:今回「明治屋」で見つけてとーっても嬉しかったのは・・・

DSC_0543.jpg

大きなカップ入りの「枝豆」!!

明治屋さん、ミュンヘンにも進出してくれませんかねぇ…







人気ブログランキングへ
20:50  |  ビール・ベルギーBE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.05.19 (Sun)

膨らみ続ける在庫、二刀流で対応 レッシャー・ツヴェルク

おばんでございます


前々回の更新で、盟友ヴォルフガンクが
連日ビールを持ってきてくれる
旨は書きましたが。


昨日
「今日のコンサートは車で行くよ」
「なので一瞬お前の所寄るわ(実際、通り道なので)」
「コーヒーでも飲ませて」


「あいよー


なんて軽く返事していたら


DSC_0515.jpg


コレですよ奥さん(゚Д゚)


前回前々回の酒蔵補充?に比べて
なんともまぁ、倍以上の数のビールが新たに
やってきた訳です



てかですね、ウチの酒蔵の容量が、なんつーか

廊下の幅を超えようとしている


・・・という危機感を抱き始めたので

しばらくは同日2本更新を心がけたいと思います


みなさん、適宜お付き合いくださいませ・・・



で、今日のビールです。

レッシャー・ツヴェルク・ヴュルツィヒ
Loescher Zwerg wuerzig

ビール研究所研究員W.K.氏より寄贈

DSC_0516.jpg


1864年創業のシムプフレ醸造所は、ミュンヘンから
北西に50キロほど離れたアウグスブルクという街にあります。

色はレモン~淡い黄金色、フレッシュなホップの香りがします。
味は甘め。若干炭酸が強い気がしますが、それゆえに
爽快感があると思います。ライトボディ、後味も軽いホップ。


DSC_0519.jpg



               |↑軽い(キレ)Leicht
               |
               |  
               |
               |
               |   ☆
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口 Herb                   甘口 Suess→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)Koerperreich



なんか今日は簡易版って感じになっちゃってますが
同じ醸造所のモノがありましたんで、もう一本!


レッシャー・ツヴェルク・コーラ・ヴァイツェン
Loescher Zwerg Cola Weizen


DSC_0520.jpg


コレは白ビールとコーラを混ぜた製品みたいですね。
味はほぼ全体的にコーラ、でもビールと一緒になっているので
割と甘みは抑えられている感じかな?後味はコーラと白ビールの酵母が
入り交ざっている感じです。

DSC_0522.jpg


               |↑軽い(キレ)Leicht
               |           ☆
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口 Herb                   甘口 Suess→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)Koerperreich


双方とも、特に2本目は個性的なビールでしたが

DSC_0517.jpg

どちらのビールも、こういう形のプルトップ?に
なっているのが面白かったです


でもコレって、手榴弾・・・??






人気ブログランキングへ
22:14  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.05.12 (Sun)

時にはホップの話をしようか アウアー・ヘレス

おばんでございます


久々の中1日更新です(゚Д゚)メズラシー


てのはですね、まぁ


日に日に酒蔵が膨らんでいるのが理由な訳ですが。

珍しいビールを貯蔵しておきながら
賞味期限を切らしてしまっても悲しいですからね・・・


さて。


ミュンヘンで僕が住んでいる地域から北はインゴルシュタット、
東はレーゲンスブルクという街あたりまでの地域を
ハラタウ地方 Region Hallertauと呼びます。



3a407c466b3b980e44725c3eee256262.jpg

「はらた・・・」
いや、これだと始め3文字しか合ってないから!(´A`)



・・・ゴホン。気を取り直してですね、地図をば。


karte_au_in_der_hallertau.png

この赤矢印あたりがハラタウ地方。


バイエルン州だけの地図で拡大してみると

Lage_der_Hallertau_in_Bayern.jpg

だいたい、位置関係がわかるでしょうか…

というかうちんちが結構ミュンヘン中心から
離れているというのがバレてしまいますね・・・モゴモゴ



このハラタウ地方、何を隠そう
ホップの特産地なんです


578px-Unterrichtungstafel_Hopfenland_Hallertau_(2009).jpg

この地方に入る道路標識には、誇らしげに
「ホップの国・ハラタウ」との記述が!


ホップというのは、主にビールの「苦味」や「香り」を
決定付ける原料の一つで、色々なホップを組み合わせて
醸造する事でビールの味が様々なものに変化します。


この「ハラタウ地方」産のホップは
ここいらの醸造所はもちろん、ドイツ全土のみならず
世界的に使用されているスーパーホップなんです


もちろん日本でも
img_column03.png

ココのビールに使われている事で有名です・・・!


そして何を隠そう今日のビールはですね


Au Helles

赤枠内、

「原材料:水、大麦麦芽、
ハラタウ産アロマホップ

との記述が!(゚Д゚)

通常は「ホップ」とか「ホップ抽出物」とだけ記述するので
コレは本当に珍しい!!期待に胸躍らせ、いってみましょう


で、今日のビールです。

アウアー・ヘレス
Auer Helles

ビール研究所研究員W.K.氏より寄贈

DSC_0508.jpg

このアウ・ハラタウ城醸造所は、1590年から醸造が始まっていて
そこから所有者が変わったりして諸々あって後、
現在の運営形態になったのは1846年だそうです。


DSC_0509.jpg




スタイル Gattung: ヘレス Helles

原材料 Zutaten: 大麦麦芽、ハラタウ産アロマホップ
Gerstanmalz, Hallertauer Aromahopfen

アルコール度数 Alkoholgehalt: 4,7%

色 Farbe: レモン~黄金色 Zitronegelb-Goldgelb

香り Duft: ものすごいホップの香り。
これが「ハラタウ」なんですね
Super intensiver hopfenduft. Das ist Hallertau!

味・ボディ Geschmack und Koerper:

やや辛口のミドルボディ。ヘレスにしてはかなり
辛口な方だと思います。後味もホップ・ホップ・ホップ。
Relativ herb, mittelschwerer Koerper. oder
sehr herb als Helles. Sehr sehr hopfiger Abgang. Halltauer!!


               |↑軽い(キレ)Leicht
               |
               |  
               |
               |
               |
       ☆       |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口 Herb                   甘口 Suess→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)Koerperreich





人気ブログランキングへ
20:40  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑

2013.05.10 (Fri)

増える在庫・迫られる効率化 ヴェルテンブルガー・クロスター・バロック・ドゥンケル

おばんでございます


なーんだか、とっても暖かくてナマケモノな気分なところに
大量の花粉も飛び交ってなんだかスッキリしない感じの
ミュンヘンです


Haengebirke.jpg




今週は明日の土曜日も出勤になっていて

うーん大変だなぁ休みたいなぁ

なんて思っていたら・・・



素晴らしい指揮者・ペーターの超!効率的な稽古配分により

お休みになっちゃいました(´A`)


稽古のクオリティは一切落とすことなく、良いフンイキのまま
次々に片付けていく効率の良さっていったらもう


そんな明日の休みをみんなで狂喜乱舞していたら、以前
1ダースのビールをプレゼントしてくれた同僚が接近して来て


その右手にはビンが入った包み紙。

「やる」と…


(゚Д゚)


このペースで渡され続けたら、1日1回更新しないと
消化できなくなってしまいそうです…(贅沢な悩み!


「お前の趣味が他にないのは知っているから
たった一つの趣味を応援しなくてはならない」


・・・なーんて言ってくれていましたが



僕も効率よく消化する方法をぼちぼち、
学んでいかなくてはならない様です。。。

なので今日はその「効率化」のためにも、その中からご紹介します


で、今日のビールです。

ヴェルテンブルガー・クロスター
バロック・ドゥンケル
Weltenburger Kloster Barock Dunkel

ビール研究所研究員W.K.氏より寄贈

DSC_0504.jpg


このヴェルテンブルガー修道院醸造所、なんとまぁ
以前に一度ご紹介していました

 その記事はコチラです 


自分のブログを自分で検索するという奇妙な現象が
頻繁に起こる様になってきているから困りものです

以前ご紹介したのは「ヘレス」でしたが
ココの醸造所の主力商品は、どちらかというと
この「バロック・ドゥンケル」みたいですね


同醸造所HPによると

「世界最古の黒ビール、本当の味」
だそうでして。。。


ワールド・ビール・カップにおいても
何度も金賞を受賞しています。

DSC_0503.jpg

王冠にもドヤァ…と、主張があります


DSC_0505.jpg


スタイル Gattung: ドゥンケル Dunkel

原材料 Zutaten: 大麦麦芽、ホップ Gerstenmalz, Hopfen

アルコール度数 Alkoholgehalt: 4,7%

色 Farbe: 赤茶色~茶色 Rotbraun-Braun

香り Duft:
香ばしいトースト+カラメルの香り
Toastig + Caramellig

味・ボディ Geschmack und Koerper:

黒ビールにありがちな「甘口」ではなく、マイルドな飲み口で
苦味もありながら麦の甘みが鼻を抜ける感じです。ボディも軽め。

Nicht typisches suesses Dunkelsbier, nur ganz leicht suess.
Sueffig, mild, leichter Koerper. Leicht bitterer Abgang.


               |↑軽い(キレ)Leicht
               |
               |  
               |
               |   ☆
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口 Herb                   甘口 Suess→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)Koerperreich






人気ブログランキングへ
21:11  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT