2014年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2014.03.30 (Sun)

港町で、しかもスイートルームで、飲む ホルステン・ピルゼナー/エーデル

おばんでございます


前回からの続きになるんですが
ハンブルク滞在記2弾目いってみましょう



突然ですが



HAMhotel01.jpg

この沢山ドアのあるお部屋、
いったいなんだと思います?




そう、今回僕達があてがわれた
ホテルの部屋です
(゚Д゚)ラグジュアリー


今回の演奏旅行は、幸運なことに
奥さんも一緒に参加していたんですが。


出発前日に、事務所の人が
僕のところへ


「ハンブルクのホテルの話なんだけれど
Taro達はキッチンつきのアパートメントで
構わないかしら?ツインが埋まってるみたいで…」


その時は「ああ、キッチンつきなら
自炊できるし悪くないかもなぁ」

・・・程度の考えだったんです




HAMhotel02.jpg


(゚Д゚)


ぶっちゃけ自分の家よりも豪華
キッチンがついてきました

しかも食器洗い機洗濯機もついている・・・
洗剤も柔軟剤も全て完備!


いっても二口(ふたくち)コンロが申し訳程度に
ついているもの位に想像していたんですけどね




キッチンの隣はバスルーム、入り口の横には
ゲスト用トイレまでついていて


その反対側は

HAMhotel03.jpg

こんな感じでさらにもう二部屋!!



寝室と、

HAMhotel05.jpg



居間です。

Hamhotel04.jpg



「俺の部屋狭くてトランクも開けんわ」

「ぼくの部屋なんて冷蔵庫ないんだよ」


…と部屋にブツブツ言う同僚を横目に、
なかなか自分の部屋の事は言い出せず(笑)



「…でTaroたちの部屋はどんなん?」





(ノ∀`)アチャー





「こーんな不公平な話があるか!

「まーたこうやって日本人を優遇するー



「で、ビール買ってくるけど
またいつ来ればいい?」




…まぁ、そう、なりますよね




そんな感じで、正味5日の滞在のうち
3日間は誰かしら遊びに来てくれまして



要するに飲み会、でした



…お陰で飲み歩く手間も省けて
北のビールを沢山飲めましたけどね



で、今日のビールです。


ホルステン・ピルゼナー
Holsten Pilsener

EDEKAにて70セント(≒99円)位だったと思う也

Holsten01.jpg


ホルステン醸造所は1879年創業。
港町ハンブルクに居を構える、北ドイツを代表する
醸造所の一つです。


「一つ」というのは、ですね。

日本でも居酒屋の入り口に提供するビール会社の
カンバンが飾ってあるじゃないですか。

たとえば

mickey_simpsons-img600x492-1383821819xnvcfh49927.jpg

とか

0bb4f683a410426b0e0b5a74671dc98a.jpg

あ、コレは決して個人的な趣向とかそういうのではなく
キリンをアサヒを平等に扱いたかったからでして・・・モゴモゴ



そんな、北ドイツの飲み屋が掲げているビールのカンバン



ベックスBeck's


イェーヴァーJever


ココ、「ホルステンHolsten」
8割は占められているのでは?と思うんです。


コトにハンブルクでは、ご当地醸造所として
ホルステンを目にする機会がとても多いです!


Holsten02.jpg


黄金色、南とは全く違うホップの香りです。
麦の感じもあるにはあるんですが…
味は割と辛口ですが、そこまででもありません。
軽めのボディーで後味は爽快な草原のよう。






ホルステン・エーデル
Holsten Edel

EDEKAにて70セント(≒99円)位だったと思う也

Holstenedel01.jpg

同醸造所の、別銘柄です。

エーデルedelというのは「高貴な」とか「優雅な」
といった意味でして


060708_14100001.jpg

この花の名前にも、ついていますね。
高貴な白・エーデルワイス


Holstenedel02.jpg


先ほどのピルスナーより、やや濃い目の黄金色。
フローラルなホップの香りです。
キリリと辛口で飲みやすく、後味には少し甘みが残ります。
コレは美味!!(゚д゚)ウマー

今回のハンブルク滞在で僕が最も気に入った
ビールでした。みなさんもハンブルクにおいでの際は
是非試してみてくださいね






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
12:38  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.03.25 (Tue)

港町で、飲む ハーケ・ベック・ピルス/オーマス・グーテス・ドゥンケル

おばんでございます


6日間の滞在を終えてハンブルクから戻ってきました


前回、


来週はハンブルクから
更新できたらと思います!
(`・ω・´)キリッ


…なーんて言っておきながら、こうミュンヘンで
更新しちゃってる訳ですが(´・ω・`) ショボーン


今回はスケジュール的にそこそこ詰まっていて
ブログを書く余裕がなかったんです


でも、ちゃあんと飲んだビールは全て
味をメモしてきましたから・・・、ね!


Hamburg_2.jpg

ドイツ北に位置する、港町ハンブルク
南にあるミュンヘンとは約700キロ離れています。


ハンブルク一発目は、ガストハウス・アン・デア・アルスターで
飲んだビールをご紹介したいと思います


ハンブルク中央駅の近くにあるこのレストラン、
ガストハウス・アン・デア・アルスターGasthaus an der Alster(長いなぁ)は
ハンブルクのシンボル「アルスター湖」のそばにある
とってもフンイキのあるレストラン(独:ガストハウス)です。


奥さんの友人であるUさんファミリーが
日本に帰国されるとの事で、ご挨拶もかねて一緒に行ってきました


an der Alster01

お店の中その1。
なんかちょっと昔にタイムスリップしたかの様な
店内です


Anderalster02.jpg

こちらはその2。
ちょっとわかりにくいですが、左に見える
ポケットに手を突っ込んでいるおっさんは人形です


トイレから戻ってきた時にぶつかって思わず
「おっと失礼」と言ってしまったのはナイショです



一応お店の住所と電話番号を:
Gasthaus an der Alster
Ferdinandstraße 65-67
20095 Hamburg
Tel. + Fax 040 / 32 72 09



で、今日のビールです。


ハーケ・ベック・ピルス
Haake Beck Pils

ガストハウス・アン・デア・アルスターにて3ユーロ(≒426円)也

KraeusenPils.jpg

ハーケ・ベック醸造所は1826年創業。
ハンブルクの西ブレーメンにある醸造所で、おもに
その周辺でのみ消費されているビールです。

南とは全然違うホップの香り、飲み口はとても軽く
そこまで辛口ではありません。
後味は少し甘いかな?でも少しだけ水っぽい気が…



オーマス・グーテス・ドゥンケル
Oma's gutes Dunkel

これまた3ユーロ(≒426円)也

Omas gutes Dunkels

オーマス・グーテス・ドゥンケル、意訳すると

「おばあちゃんの美味しい黒ビール」

…ってところでしょうか


「おばあちゃんの~」といえば
noplg_logo_pota.png
どうしてもコレを連想してしまうのは
僕だけでしょうか・・・?


どこの国でもおばあちゃんの作った物は
ちょっと特別…みたいな意味があるのは面白いですね


なんですが


このビール、どこをどう探しても
見つからないんですよね…

ひょっとしたらココのお店が醸造(あるいは委託醸造)している
オリジナルのビールなのかもしれません。


深い黒。香りはカラメルが強く
甘くてたっぷりとしたボディです。
後味はちょっとコゲっぽい味がします。



甘めで麦感の強いヘレスひしめく南ドイツとは違い
とっても辛口で軽いピルスが主流の北ドイツ。


まだまだ色々飲んできましたんで、その模様は
次回の更新でお届けしたいと思います







人気ブログランキングへ
20:37  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.03.15 (Sat)

永遠の安らぎを賞味期限ビール達に与えたまえ、主よ フォルモント・ビーア/ルツェルナー・ビーア

おばんでございます


ちょーっと色々あってご無沙汰してしまいました


先週・今週と取り組んできた演目が
デュルフレ作曲「レクイエム」

そして来週はハンブルクで
フォーレ作「レクイエム」をやります。


Requiemm.jpg



「レクイエム」というのは日本語で「鎮魂歌」といいまして
「死者のためのミサ曲」とも訳されます。

厳密に言うと「レクイエム」という言葉自体には「鎮魂」とかいう
意味はないんですけれど、まぁ、ね、ええ・・・


レークイエム エテールナム ドーナ エーイス ドーミネ
Requiem æternam dona eis, Domine
永遠の安らぎを彼らに与えたまえ、主よ


・・・というラテン語の固有文で始まるこの曲、
昨今の名だたる作曲家がこの詩に曲をつけ
「レクイエム」を残しています。

モーツァルト、ハイドン、シューマン、
ヴェルディ、ドヴォルザーク、
フォーレ、デュルフレなどなど・・・



そういえば去年ウィーンでコンサートをやった演目
ヴェルディ作曲の「レクイエム」でしたね







ハンブルクでのフォーレ「レクイエム」は
NDR(北ドイツ放送)からライブ放送されますので

日本で早起き/遅寝の皆様は是非・・・

と、いつもなら書くところなんですが(゚Д゚)ドッコイ!!


今回の演奏会は
マチネ公演で午前11時開演、
なので日本時間の
午後7時開演なんです(゚д゚)ウマー



ここまで日本の皆様にオススメできる時間帯は
なかなかありませんし(笑)3大レクイエムの一つである
フォーレの作品、ぜひどうぞ!!


3月23日(日)11時(日本時間19時)~

インターネット・ラジオはこちらから:
NDR Kultur

ページ右側、女の子の顔が出ている下の
「Jetzt einschalten」という所をクリックすると
ラジオが始まります。



・・・で、なぜそんな
レクイエムレクイエム言うかって?



期限切れのビールを
複数発見したからです(爆)




しかもこういう時に限って
珍しい外国産の物だし…
(´・ω・`)ショボーン



期限切れビールへのレクイエム
いってみましょうか・・・



で、今日のビールです。


フォルモント・ビーア
Vollmond Bier

ルツェルンのCoopにて1ユーロ位だったと思われ

Vollmond01.jpg


スイスのアッペンツェルAppenzellという街にある
アッペンツェラー醸造所は1810年創業。


フォルモントVollmondとは「満月」の意。
このビールはなんともまぁ、「満月の夜」に
醸造されたビール
なんです…!

vollmond03.jpg

ちょっと見づらいかもですが「この日に醸造しました」
とばかりに、満月の日が書いてあります


vollmond02.jpg


ちょっと濃いめの黄金色、とても麦の強い香り。
やや甘めの味わいでライトミドルボディ。
後味はしっかりと麦の味が残ります。





ルツェルナー・ビーア
Luzerner Bier

ルツェルンのCoopにて1,5ユーロ位だったと思われ

luzerner02.jpg


スイス・ルツェルンの街名を関した、
このルツェルナー醸造所。
色々調べてはみたんですが、あまり情報がなく…
恐らく新しい醸造所なのではないかと推測されます


…にしてもこのラベル、

img9e547cb9zikazj.jpeg

某漫画家の描くキャラクターのお決まりのポーズを
思い浮かべちゃうのは僕だけでしょうか?

(多分ラベルの方はルツェルンの『L』なんだと思いますが…)

luzerner01.jpg


少しオレンジがかった黄金色。
無ろ過・無殺菌をウリにしているので少し濁っています。
花や草原のようなホップの香りが心地よいです。
味はやや辛口で後味は麦の香りです



来週はハンブルクから更新できたらと思います!
北海で取れた新鮮な魚に、
北ドイツ特有の辛口のビール。

今からもう楽しみでっす(゚д゚)ウマー







人気ブログランキングへ
20:30  |  ビール・スイスCH  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |