2014年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014.04.21 (Mon)

2つのイースター音楽祭・2つのビール アイヒホーフ・ラーガー/ゲッサー・ナトゥーアゴルト・アルコホールフライ

おばんでございます


そしてみなさん、


ハッピーイースター!


日本語で言うと

復活祭おめでとうござる


…と、ちょっとビックリな響きになりますね



クリスマスはイエス・キリストの生誕を祝うものですが
彼の受難・死・復活を思い起こし祝うのが
イースター(復活祭)です。


今年はそのイースターが昨日の日曜日だったわけですが
それまでの46日間を四旬節と呼び、その期間中は
おのおのの意思に応じて
を絶ったり、を断ったり
慈善事業を行ったりします。



timgabelisstkleinklein1.jpg


自分の好きな物を絶つ、というのも
アリみたいですね…

だとすると、僕にとってはビーr
(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい



そしてこの時期は音楽祭の時期でもあります。


先週から今週にかけては、去年と同じく

ザルツブルク・イースター音楽祭(オーストリア)と
osterfestspiele-2.jpg




今年は新たにもう一つ

ルツェルン・イースター音楽祭(スイス)に

参加してきました

Luzerner Osterfestspiele

公演のプログラムです。


とは言うものの


ザルツブルクルツェルンも、当ブログ読者の皆様には

ああだ こうだ こうだ ああだ といった感じで

あまり目新しくないのがちょっと恐縮です


なので今日はスイスとオーストリア、
2つの国からビールを同時にご紹介


で、今日のビールです。


アイヒホーフ・ラーガー
Eichhof Lager

COOPにて1,6スイスフランケン(≒186円)也

Eichhof01.jpg


カンのいい方はお気づきかもしれません。


カブってしまいました(゚Д゚)


一昨年に始めてルツェルンに行った時
レストランで飲んでいました


(ーー;)キ、記憶力・・・



…でででででも、あの時は「樽生」
今回は「缶ビール」


なのでギリギリセーフってことに
しましょうかね・・・!?


Eichhof02.jpg

やや淡めの黄金色、とてもモルティな香り。
味は甘めでライトミドルボディ。
後味は甘いパンの様で
全体的にオーストリアのメルツェンに近いかもしれません。







ゲッサー・ナトゥーアゴルト・アルコホールフライ
Goesser Naturgold Alkoholfrei

Restraunt Zipferにて3,6ユーロ(≒510円)也


もう一銘柄は、オーストリアの新しい
ノンアルコール・ビール。

Goesser AF


ゲス醸造所は、これまでに何度も登場していますので
説明はそちらにオマカセするとして・・・


ちょっと白ビールにも見えるオレンジ色。無ろ過なので
濁っています。とってもフローラルなホップの香り。
味わいは辛口、後味はごくごく軽くホップです。

これが美味(゚д゚)ウマー!!

2年前にザルツブルクにいた時は見かけなかった
銘柄なので、きっと新しい物なんだろうと思いますが
コレはノン・アルコールの中ではベストです

今回のザルツブルク滞在では、3回
飲んでしまいました(笑)

カロリーも低くて美味しいノンアルコール・ビール
素晴らしいです是非お試しあれ!!







人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
19:35  |  ビール・スイスCH  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.04.16 (Wed)

ミュンヘンでお花見を アインガー・ヴァイツェン・フォム・ファース/アインガー・ケラービーア

おばんでございます



・・・あれ?いつもは「」なのに

また今日はどうしてサクラ


って感じでしょうか?

いやね、アレですよ


Sakura06.jpg


ミュンヘンでも桜が咲いているんです

とーっても嬉しいことに勤務先の中庭には
何本か、桜の木があるんです。

上の写真からもわかる様に、こっちの桜は
日本の物よりちょっとだけ色が濃い物が多いんですが
とにかくその咲き誇る姿は壮観(´A`)



Bashou.jpg

さまざまの
こと思い出す
桜かな
    芭蕉


…僕が大好きな句です。



日本を離れて早7年



最近はほぼ毎年日本に戻っていますが
仕事と休暇の兼ね合いから、帰省時期はどうしても
に限られてしまいます


日本の桜が恋しいなぁ…


なんて思っていたんですが、フト




ミュンヘンには日本の桜
(みたいな物)はないのだろうか!?



で、色々調べてみると、どうやら
ミュンヘン・オリンピック公園
Olympiapark München

の桜が有名らしい、という事がわかりました。


でもどこを見ても、広大な公園のどのあたりに
あるのかが書いてない・・・



なので行き当たりばったりの
体当たり
で行ってみてきたんですが

これが大正解!


Sakura01.jpg


公園の南側、小高い丘の上に
桜ゾーンがありました


Sakura05.jpg

ヨーロッパで見かける桜の中では
割合色も淡めで日本のものっぽいですかね・・・?


Sakura04.jpg

時期的にはほーんの少しピークを過ぎた感じでしたが
風で花びらが舞ったり、地面の「桜じゅうたん」は
それはそれで趣のあるものでした


Sakura07.jpg

桜とオリンピック・タワーをパチリ。



ああやっと春がキタワァ
*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n'∀')η゚・*:.。. .。.:*・゚゚


…って感じで、心底癒されてきました



敬愛なる読者の皆様のために、
具体的な場所をお知らせしておきます

sakura Olympiapark


地下鉄3号線(U3):オリンピア・ツェントルム駅
(Olympia Zentrum)から徒歩10分弱です。

駅を出て、塔の方向に歩いていって
橋を渡ると池が見えてきて、その向こうの丘にあります。



で、みなさんお気づきでしょうかね?



桜のある「ピンクゾーン」の隣、
「小ビアガーデン」を…??



Sakura03.jpg


さっすがミュンヘン、オリンピック公園の中に
ビアガーデンがあるんです(゚Д゚)


しかも置いてある銘柄はアインガー
僕がイチオシの醸造所なんです




で、今日のビールです。


アインガー・ヴァイツェン・フォム・ファース
Ayinger Weizen vom Fass

Olympia Almにて3,4ユーロ(≒481円)也

Ayingerweizen.jpg


この醸造所に関しては以前記事を書きましたんで
そちらを参照して頂ければ嬉しいです


白ビールにしてはとーっても黄色いです。
香りはフルーティ。バナナ香が強いです。
炭酸がとても強いので、ちょっとお腹にたまりますね
味わいはやや辛口、でもココのヘレスほどの
感動はないかも…






アインガー・ケラービーア
Ayinger Kellerbier

Ortererにて75セント(≒106円)也

Ayingerkellerbier01.jpg

この銘柄は、このビアホールでも販売されていたんですが
あまりにお腹一杯になってしまったので(後述)、ウチの近くの
酒屋さんで購入してきました

Ayingerkellerbier02.jpg


レモン色に近い黄色、無ろ過なので濁っています。
香りはフルーティかと思いきやとってもモルティ。
味はしっかり辛口ですが、同時にマイルド。
独特の口当たりなので好みが別れるかもです。
後味はしっかりと麦の香り。





このオリンピック公園にあるビアガーデン、
オリンピア・アルム(Olympia Alm)といいます。

レストランではないので、ぜーんぶセルフ・サービスですんで
もし行かれた方はビックリしないでくださいね

OlympiaAlm.jpg

こうやって「飲み物売り場」に
自分で買いに行きます。

飲み物は正面向かって右側の窓口で
食べ物は左側の窓口です。


Sakura02.jpg

注文した「カレーソーセージ」と「ハンバーガー」。
そりゃぁお腹一杯になりますよね


もう今年は桜が散ってしまいましたが
ミュンヘンでお花見がしたい!という方は是非
来年にでも行ってみてくださいね。

天気の良い日にボケーっと散歩して
ビールを飲む
のも悪くないと思います(笑)






人気ブログランキングへ
20:04  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.04.06 (Sun)

同僚からのプレゼント、一体何本目だろう ピヴォヴァール・ボヘームス/ベックス・ビーア・フォム・ファース

おばんでございます


前回前々回と続いておりますハンブルク特集、

あんまりダラダラやってもアレですんで
ぼちぼち今回で〆たいと思います


いやー、それにしても楽しい滞在でした



滞在中は色々とレストランにも行きましたが
韓国人同僚が激しく薦めてくれた韓国料理屋では


「サムギョプサル」を注文してみると


Kankoku03.jpg

ドーン!コレ、焼肉の鉄板なんです


Kankoku01.jpg

このつけ合わせ?の量が韓国料理って感じですよね~


Kankoku02.jpg

みんな黙々と肉を焼いています(笑)


ドイツにいながら本格的な焼肉を食べられるなんて!
夜遅くなっても客足が引くことはなく
ずーっと混んでいました。大人気です


お店の名前は「ハンミ」、一応住所を:

Hanmi
Rentzelstr. 36
20416 Hamburg
Tel: 040 38073802




その他には

奥さんと美味しいお寿司を食べに行ったりしました

HAMsushi.jpg

フンパツして「上ちらし」

オペラ近くの高級店だったみたいで、お昼にしても
やや高級でしたが味はさすが!


こちらも住所を:

日本食レストラン「まつみ」
Colonnaden 96
20354 Hamburg
Tel: 040 343125


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・にしても


食ってばっかですね(゚д゚)ウマー



…てか、前回・前々回の更新もさらに踏まえてみると

なんだか遊び歩いてたみたいな事になっちゃってるなぁ



なので一応


Laeiszhalle.jpg


コンサートのあった、ハンブルクの誇るライスホールLaeiszhalle。
クラシックな造りでとってもフンイキのあるホールでした



ね、キチンと仕事してるでしょ!ね!?




今日のネタはそんな舞台裏での出来事。


「あーいたいた」

と、北ドイツ出身のドイツ人同僚が僕のところへ

「聞いたんだけど、Taroは
ビールのブログを書いてるんでしょ?
このビールを試してほしいんだけど
感想きかせて!」



キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!


考えてみるとナンダカンダで同僚から
ビールを貰いまくってますよね。。


累計50銘柄はいただいている気がします


みんななにかしら「オキニ」があって
それを試させてみたい、てのがなんとも
ドイツらしいですよね・・・



こうやって色々なビールを
いただきまくる僕を見た別の同僚(←ビール好き)には

「その手があったか!

…と大笑いされました(笑)



た、確かに




で、今日のビールです。


ピヴォヴァール・ボヘームス
Pivovar Bohemus

ビール研究会同志A.K.氏より寄贈

Bohemus01.jpg


「ピヴォPivo」ということはチェコのビール…?
とも思ったんですが、どうやらニュルンベルクにある醸造所が
安売スーパー「ノルマNorma」のために醸造している
銘柄みたいです。


Bohemus02.jpg


濃い目の黄金色、フルーティかつフローラルなホップ香。
むむむ、甘い・・・
ボディもしっかり、後味も麦の甘さです。

ホップの感じとか、色の感じもチェコっぽさが出ていますが
これはちょっと甘すぎるよなぁ

苦いのが苦手な人にはオススメできるかもですが
まさか辛口の北ドイツで、甘口のビールを飲むとは
思いませんでした(´A`)







ベックス・ビーア・フォム・ファース
Beck's Bier vom Fass

ガストハウス・アン・デア・アルスターにて3ユーロ(≒426円)也

Becks vom Fass


前々回の更新で登場したお店で飲んだ
ベックスの樽生です。

甘ったるいビールの口直し対抗馬として
簡単にご紹介しておきます


美しい黄金色、「北」のホップの香りです。
言うなれば芝とか干し草系?
甘さのかけらもないほどの辛口、
ライトミドルボディ。後味も辛口です。

いやー、やっぱり辛口のビールが
北っぽいですよ!ベックスは外れがないです


3回にわたってお届けしたハンブルク記も
今日で終わりです。次回は、桜咲くミュンヘンから
新しい記事をお届けします。







人気ブログランキングへ
19:53  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |