2015年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2015.03.24 (Tue)

テノール歌手、車を買う。ポドゥピヴェク・ルブスキエ/ヤブロノヴォ・ベルファスト

おばんでございます


ビールブログを更新しなくちゃ更新しなくちゃと思っていながら
普通の仕事に加えてミサで歌ったり
他の合唱団のお手伝いをしたりしていて

こんなに時間が経ってしまいました(´・ω・`) ショボーン


そんなモロモロあった用事に加えて!


実は車を買ったんです━(゚∀゚)━!


1781723_10205198612917665_6053880783848564982_o.jpg

キッカケは奥さんがドイツで
車の免許を取得
しましてですね

(ちなみに僕はバイクの免許しか持っていないので
肩身が狭い限りなんですが)



よし、それなら!


という事で車を入手してみたわけです



ミュンヘンは電車やバスの便が割といいので

車(゚⊿゚)イラネ

なんて思っていた時期が私にもありました。



いやコレ、便利ですね!!(゚Д゚)



スーパーで重たい物とかをガンガン買っても
家までスイーと帰れるなんて


ザルツブルク時代にとなり街まで
自転車でン十分もかけて
買い物に行っていたのが懐かしいです遠い目


メーカーは日本人らしく
信頼のトヨタ!豊田!TOYOTA!

toyota-logo.jpg

ちなみにドイツでは
「トヨータ」となりますが


アウディやメルセデスにもめっちゃ惹かれたものの
予算的にちょっと叶わず


まぁでも外国にいる日本人が日本のメーカーに
ほんのちょーっとだけ協力する…
みたいなのも悪くないかなぁなんて思ったのもありまして


ただでさえドイツではドイツ車が沢山走ってますからね…


ちなみにドイツでの日本車のシェアは
おおむね10パーセント弱(2014年)。

日本車メーカーはドイツ以外のメーカーでは最大勢力ではあるものの
ドイツ国内メーカーの総シェア(50パーセント以上!)
に比べたら遠く及びません。


ちなみにドイツ・トヨタのキャッチコピーは
Nichts ist unmoeglich.
(できない事はなにもない)


toyotas-werbespruch-von-1985-zieht-immer-noch.jpg


プリウスなどのハイブリット車が大変な人気なものの
ドイツでは苦しい戦いが続いているみたいですが


がんばれ日本車(´・ω・`)


とにもかくにもこれで

電車が通っていない田舎にある醸造所にも足を伸ばせる…?

なんて考えていますが


てかそれより前に

お前免許取れや!(゚Д゚)ゴルァ‼︎


って感じでしょうか


今年の夏の休暇はドイツに留まるつもりなので
その時期に取るかなぁ、なんて企んでまして。


まぁ、それだとしたらせっかくですし

ドイツで免許を取る!

…みたいなのを当ブログで紹介できたらなぁ、とも思っています


でもとりあえず日本の二輪免許をドイツのに書き換えなきゃ…



で、今日のビールです。


ポドゥピヴェク・ルブスキエ
Podpiwek Lubuskie

ポーランドのスーパーマーケットにて100円くらいだったと思う也

IMG_1153.jpg

ポーランドの北、ドイツとの国境の近くにある
ヴィトニッツァという街にあるヴィトニッツァ醸造所。
創業は1848年だそうです。

このビール、ポーランドの伝統的な
ノンアルコール・ビール
だそうで…。


IMG_1154.jpg

コーラより濃いこげ茶色、泡持ちはほぼありません。
麦とカラメル、そして醤油の様な香りが少し。
何かのシロップみたいな香りもします。独特。
味はとっても甘いです。ちょっとコカ・コーラみたいな
感じがしないでもないです。というか、コレはもはや
ビールという枠に括るべきなのだろうか?
…という気がしてきます。

ビール、と考えないのなら、アリなのかな?
好みは相当分かれそうな味ですけれど






ヤブロノヴォ・ベルファスト
Jabłonowo Belfast

ポーランドのスーパーマーケットにて100円くらいだったと思う也

IMG_1156.jpg

1992年に設立された新しいヤブロノヴォ醸造所。
ワルシャワの南20キロ位の所にあります。

色々な原料を使ったりして、新しいタイプの
ビールを積極的に開発している醸造所みたいです

IMG_1155.jpg

おお、このビールはスタウトタイプなんですね。
スタウトといえば当ブログでも
こんな感じで何回か取り上げました


赤みがかった茶色、ハチミツとカラメルの香り。
味は甘いです。少し水っぽい気が…
アルコール度数6,5%なのでそれなりの
アルコール感はあるんですが、コレはスタウトなのか…?

うーむ、ポーランドのビールは以前から何度も取り上げて
レベルの高さに脱帽していたんですが
伝統的なビールの方が強いのかもしれませんね。

ま、当たり外れはあるものの
鉄道の便があまり良くない東ヨーロッパ、これからは
車で足を伸ばして色々開拓したいと思います





人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:34  |  ビール・ポーランドPL  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.03.09 (Mon)

今日も元気だ、ビールがんまい ツンフト・ケルシュ/ベルギッシェス・ランツビーア

おばんでございます


先週はバッハの「ヨハネ受難曲」のコンサートがあり
病み上がりの身体にムチ打って歌ってきました

IMG_1150.jpg
↑コンサートのプログラム。
バッハ先生は色んな肖像画が残ってますが
けっこう顔が違いますよね


今回はソリストもオーケストラも
とーっても良い人達が揃ったので

(ザルツブルク時代の友人もオケに乗っていて
嬉しい再会もありました

コンサートはラジオ放送された物が
今週いっぱいインターネットで聴ける様なので
皆様にもお知らせを…


J.S.バッハ「ヨハネ受難曲」
(リンク先で表示されるプレーヤーから
再生できます



2年前の今頃も(もう2年経っているのに驚愕!)
「マタイ受難曲」をやりました
が、それと並ぶ
人類遺産と呼ぶべき素晴らしい作品ですんで

聴けるうちにぜひ、聴いてみてくださいね


実は芸大大学院時代の修了演奏が「ヨハネ」だったのもあって
今回は個人的に特別感慨深かったんです



あの場にいられて良かった…!



さて今日は、その病み上がりの身体を
支えてくれた同僚からのプレゼントを
ご紹介したいと思います



で、今日のビールです。


ツンフト・ケルシュ
Zunft Koelsch

ビール研究会賛助会員T.W.氏より寄贈

IMG_1147.jpg


前回の更新で登場したビール(後者の方)を
プレゼントしてくれた同僚からの物・その2です。
ちなみにそれと同じ醸造所の銘柄です。

ケルン近郊出身の彼らしく、ケルン特産のケルシュを
持ってきてくれました


てかですね
自分のブログを自分で検索してみて
初めて気づいたんですが


めっちゃケルシュの事
書いてますね(゚Д゚)イパーイ



その数15種類

もしみなさん興味がありましたら
右上のブログ内を検索するエンジンを使って
「ケルシュ」で検索してみてください


…にしてもビックリしたなぁ


この銘柄のラベル、面白い仕組みがありまして

IMG_1151.jpg
醸造所・銘柄の下に
「下の白い部分に『プロースト(乾杯)』と
表示されたら、飲み頃の温度です」
と書かれています。

IMG_1148.jpg

おお!
なかなかイキなラベルですよね…

ケルシュといえば「わんこそば」ならぬ
「わんこビール」。200mlのグラスを
引っ張りだしてきました


IMG_1149.jpg

美しい黄金色、泡持ちがとても弱いです。
ケルシュ独特の麦っぽい香りプラス、
バターの様な香り。
とても良い口当たり、味はやや辛口。
後味は麦の香りがとても長く残ります。






実はさらにもう一本、同じ同僚からの
贈り物があったので…もう1ついってみましょう!


ベルギッシェス・ラントビーア
Bergisches Landbier

ビール研究会賛助会員T.W.氏より寄贈

IMG_1145.jpg

同僚からのビール・その3です。

おお!このビールも上のビールと
同じ醸造所の銘柄です。名前がだいぶ違うので
全然気づきませんでした

IMG_1146.jpg

ふむ、ランツビーア(田舎ビール)という
名前だけあって?茶色のビールですね。

※むかーしむかしのビールは黄金色ではなく
黒ビールの様に濃い色だったと言われています

豊かなカラメル香。
味わいは黒ビールにしては辛口ライトボディ。
トーストみたいな香ばしい後味が残ります。


さーて、風邪もほぼ全快!しましたんで
今月は精力的に更新しましょうかね…

…って出来ない事の方が多いですよね

ななななんとか、ベストを尽くしたいと思います






人気ブログランキングへ
21:28  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.03.03 (Tue)

風邪の回復は酒蔵の整理に似たり マック・イズビヨルン・リュス・ピルスナー/エルツクヴェッレ・ピルス

おばんでございます


前回更新してから随分時間が経ってしまいましたね



というのも



風邪ひいてました(´・ω・`)ショボーン


かぜっぴき

かぜひいてまんねん…って
もうこのCMやってないのかな?



今ドイツでは、信じられないくらい大!流行している
風邪がありましてですね


厳密にはインフルエンザではないそうなんですが


高熱が何日も続いて、なかなか良くならない…

それプラス四肢の痛みと頭痛、鼻水にセキ、
という症状のものなんです。

それインフルじゃね?とツッコミを入れたいのは
グッと我慢しまして



この感冒?のせいで、ザクセン州にある病院は
お医者さんや看護師さんが病気になってしまって
働き手が足りなくなったせいで
いくつかの病棟を閉鎖せざるを得なくなったとか


同僚が一人一人倒れていく中で
見事に僕も倒れました


丸4日間39度の熱があって(゚Д゚)
解熱剤を飲んでもすぐに元に戻るのは
本気で焦りましたが、10日かけてなんとか良くなって
昨日からようやく仕事に復帰できました


ibuhexal.jpg

普段、熱がある時はこのイブ・ヘクサール400という
薬局で買える物の中では強い部類に入る
解熱剤を飲んでいるんですが


sympal.jpg

あまりに効かないので、お医者さんから
最強の解熱剤「ジンパール」を
処方される始末だったんです



みなさんも季節柄体調には気をつけてくださいね



ただ、こうやってひどーい風邪にかかってみて
体調が元に戻ると、なんというか
身体の中にたまっていた物がすっかり
外に出て行った感じで

ちょっと生まれ変わった気分(;´Д`)

…がします。


まるでビール酒蔵の
在庫整理
をしている感覚?


カンのいい読者の皆様はお分かりですね
はい、そういう流れです


で、今日のビールです。


Mack Isbjørn Lys Pilsner
マック・イズビヨルン・リュス・ピルスナー

ビール研究会会員A.D.氏より寄贈

IMG_1139.jpg

白くまに青い缶が印象的なこのビール、なんと
ノルウェーからのビールです。

アイルランドへゴルフに行っていた友人が
買ってきてくれたビールなんです(アンディありがとう)!

醸造所の名前は、マックス醸造所。ノルウェーの
トロムセーという街に居を構えており
世界で最も北にある醸造所らしいです創業は1877年。

IMG_1144.png

…ってマジで北ですね(゚Д゚)フィヨルドー
(青い点がミュンヘンです。北に3000キロは離れてますね)

IMG_1140.jpg

プルトップ部分にも白くまが…


IMG_1141.jpg

黄金色、ほんの少しドロドロしています。
泡が上っていく速度が心持ち遅いような…?
香りは麦の香り、ホップ、そして少しのバター系の香り。
軽いボディで味はやや辛口。
後味は軽い麦の香りが若干。美味しいです。






エルツクヴェッレ・ピルス
Erzquelle Pils

ビール研究会賛助会員T.W.氏より寄贈

IMG_1142.jpg

このビールは、病欠の間に同僚が
奥さん(←いつも健康)に持たせてくれたビールです

ボンBonn出身の彼が、帰郷した時に
ご当地ビールを持ってきてくれました


なんか貰い物ばっかですね嬉しいっす…


エルツクヴェル醸造所は、ケルンにほど近い
ジーゲンSiegenという街にある醸造所です。創業は1900年。

IMG_1143.jpg

ピルスナーらしい淡い黄金色、香りはほとんど
感じませんが麦の香りが少し。泡持ちがいいです。
味は非常に辛口。うっわ、とても苦いです
後味もずーっと苦味が口に残ります。コレは凄いなぁ
北の辛口ピルスナーともまた違う、独特な
味わいです。珍しいと言えば珍しいですね。


風邪もだいぶ良くなった事ですし、今月は
酒蔵にたまっている銘柄を頑張って紹介したいと
思います!お付き合いくださいネ






人気ブログランキングへ
20:59  |  ビール・ノルウェーNO  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |