2015年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.08.29 (Sat)

夏休み ああ夏休み 夏休み もしくは マルタ島 ああマルタ島 マルタ島 チスク・ラガー/ホップリーフ

おばんでございます


前回の更新で「夏休みに入りました」的な
お話をしました
が。


今年は5月に日本にいた関係で
夏の日本行きをやめる代わりに(ぐすん)、

マルタ島に遊びに行ってきました━(゚∀゚)━!


マルタ島はイタリアの南、
地中海のど真ん中に浮かぶ小さな島(でもれっきとした国)です。


IMG_1563.jpg
縮尺の関係で島が見えませんが


ミュンヘンからは飛行機で2時間ちょい、
あまり遠いわけではないんですが
けっこうお手軽に南国気分が味わえる…
という事で今回はソコに決めました


IMG_1451.jpg


利用したマルタ航空。
マルタの空港に着陸してからターミナルまでは
徒歩移動でした(笑)なんかザルツブルクを
思い出しました


今回の旅行目的は
「何もしないをする」
ということ。


泊まったホテルには

IMG_1562.jpg

こんな感じのビーチがありまして


旅行目的を体現すべく


島では岸辺に寝そべって
ビールを飲みまくり

IMG_1524.jpg

本を読んだり昼寝したりしました


IMG_1544.jpg


1日だけ旧市街に観光へ行ったり
もう1つの目玉・新鮮な魚介類を
満喫したりしたんですが、その模様は
次回の更新でお届けしましょうかね

…ええ、今回のマルタ紀行は3部構成です


ん?ビール??


もちろん飲んできましたよ、
マルタ島のビールを!!

これも3部構成にするほど在庫がありますんで
小出しにお届けしますね(笑)

で、今日のビールです。


チスク・ラガー
Cisk Lager

レストランGululuにて3,95ユーロ(≒538円)也

この銘柄は、マルタに行ったならば
必ず一度は目にする銘柄です。

IMG_1564.jpg

マルタ航空の機内誌にもデカデカと
全面広告を出していましたし…

あまりにこればかり飲んでいたので
海辺での写真を撮り忘れる始末

(というより、ほとんどのレストラン・バーで
『生ビール』と言えばこの銘柄だけでした)


そんなちょい寡占状態?なこのビールは
サイモンズ・ファルコンズ・チスクという
マルタにある醸造所のものです。創業は1928年。


IMG_1457.jpg

やや淡い、レモンがかった黄金色。
あれ?バイエルン特産のハラタウ・ホップの香りがする…
やや甘口でとてもとても軽いです。
後味はほぼ、なし。
スイスイグイグイ飲める、海辺のビール!
って感じです。


※ちなみにこのビールを飲んだレストランGululuは、
ミュンヘン在住のHさんファミリーに教えてもらったものです。
(Hさんありがとう、とても美味しかった!)

上の「Gululu」のところにリンクしておきましたんで
もし興味があったら見てみてくださいね






ホップリーフ
Hopleaf

ホテルビーチで4ユーロ(≒544円)位だったと思う也

IMG_1469.jpg

このビールも、上記のビールと同じ
サイモンズ…の製品です。

これはペール・エールなので、先ほどのとは違い
上面発酵ビールなんですね

IMG_1470.jpg

やや淡い琥珀色、炭酸が強いです。
少し辛口でバター系の香りがします。
でもあまりペール・エールの良さが
出ていない気が…いや、なんでもないですモゴモゴ

いずれにせよ、とてもとても軽い飲み口で
南国のビールなんだなぁって感じですね


ううむ、他にもマルタで買い込んできたビールはみーんな
軽い飲み口って事になってしまうんでしょうか…?

次のマルタ紀行記+マルタビール、
はてさてどうなるかご期待くださーい






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:46  |  ビール・マルタMT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.08.19 (Wed)

お疲れアメリカ人・いらっしゃい日本人 エンゲル・ゴルト/プレミアム・ピルス

おばんでございます


色々ありましたが、先週いっぱいをもって


シーズン2014-2015を
無事に終える事ができました

*・゜・*:.。..。.:*・゜(n'∀')η゚・*:.。. .。.:*・



そして今は夏休みです(゚Д゚)キュウカー



IMG_1437.jpg

バイエルン放送合唱団・テノールグループより、
夏のごあいさつ!

休暇の始まりに、テノールで集まって
BBQパーティをしました


これまで8年館芸術顧問(≒テノール・リーダー)を務めた
エンドリュー(一番手前の筋肉質な彼)がその役を引退するので
お疲れ&来季からは頑張ってねTaro的な会合だったんです。



…ん?



そうなんです、実は色々ありまして
次期から僕が芸術顧問なんです


片付けなければならない仕事の山を
考えると頭を抱えそうになってしまいますが
まぁ、次のシーズンが始まるまでは
まだ時間があるわけですし


このまま9月半ばまでお休みになりますんで
色々とノンビリして、リラックスして
過ごす事にしましょうかね





さて

bachwoche_AN-Logo.jpg


シーズン最後の演奏会は、アンスバッハAnsbachという
バイエルン北部(フランケン地方)の音楽祭で
バッハのミサ曲ロ短調という曲を歌ってきました


IMG_1436.jpg

演奏会のあった教会。

バイエルン州にしては珍しく
プロテスタントの教会だったので
(バイエルンの大部分はカトリックです)

ガラス張りで割と簡素な教会
だったのですが。


演奏会当日は、記録的な猛暑日。
しかもそんな日が1週間以上続いていた上
ガラス張り=直射日光で温室効果
という恐怖の方程式も成立し


演奏会は地獄の暑さでした


僕たちは黒スーツを着ていたんですが
シャツはおろかスーツまで汗まみれ
という非常事態に。


「ここまで暑い演奏会はなかったよねー」

…と、口を揃える年配の同僚たち。



いやー、暑いって言っても
何の助けにならないのは百も承知ですが


本っっっっっっっっ当に
暑かったです




そんな演奏会の後には…

そう、もちろんビールが美味しいわけですね

しかもフランケン地方はビールの幅広さ・美味しさで
世界的に有名な地方



おのずと期待が高まってくる、ってモンですね


で、今日のビールです。


エンゲル・ゴルト
Engel Gold

Dialog Hotelのバーにて2,5ユーロ(≒343円)也

IMG_1430.jpg


ビール工場制手工業・エンゲル(本当にそういう名前なんです)は
1738年創業。バイエルン州にある醸造所ではなく、お隣の
バーデン・ヴュルテンベルク州・クライルスハイムCrailsheim
という街にあります。

IMG_1429.jpg

美しい黄金色、軽い麦の香りとホップの香り。
味わいはバランスの良い辛口。ボディはやや重たく
感じますが、後味が爽やかでとても飲みやすいです。
これは本当に美味!!






エンゲル・プレミアム・ピルス
Engel Premium Pils

Dialog Hotelにて2,5ユーロ(≒343円)也

IMG_1427.jpg

すみません、こっちの銘柄は
かなり酔っ払った段階で撮影したので
フラッシュ使ってえらい事になってますね

ピルスにしてはやや濃いめの黄金色。
草原系のホップの香り(Spalt種というそうです)
味はやや苦め、でも後で続く麦の後味が
ちょっと珍しい感じでしょうか。
ピルスとヘレスの中間という感じです。


さっすがフランケン地方、ビールのレベルは
とってもとっても高いです!


今年の夏休暇は日本に帰らず、ヨーロッパに
留まりますんで…その分!頑張って飲んで
みなさんにビールをお届けしまっす






人気ブログランキングへ
20:23  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.08.10 (Mon)

4年振りの再会・イン・プラハ ラデガスト/チェルノヴァール

おばんでございます


いやー、またも随分とご無沙汰してしまいました


今回こうやって更新が滞っている間、
実はチェコにいたんです。


一年に一度、ヨーロッパ中のクリスチャンが
一堂に会する催し物がありまして
今年の開催地がプラハだったんですね


マルチン・ルターが宗教改革を行った100年以上前、
チェコにおいてヤン・フスという人物が
ルターと同じような改革運動を行い、激しい弾圧にあった後
火炙りの刑で処刑されました。


Jan Hus

ヤン・フス (1369-1415)


今回は、彼の殉教600年(!)を記念して
チェコで集いが開催されたわけです。


そんなフスが活躍した土地であるのに加えて
ビール好きにとっては聖地の1つである
チェコ・プラハ。

もちろん催し物自体はとっても
感慨深いものだったんですが(感謝!)


まさかチェコのビールを味わわずして
おずおずと家に帰る事が出来るだろうか?


否!!


というわけで

プログラム合間の自由時間をフルに活用

行ってきました、金の虎!

11872653_10206218346210360_1798661134_n.jpg


金の虎?という方は
コチラをご覧くださいね



お店の正面入口・カンバン「金の虎」は
もちろん健在です

11844228_10206218346250361_855915173_n.jpg


といいますか

自分で自分のブログを検索して
気づいたんですが


前回、ビール研究会・会員夫妻(当時はカップル!)と
このお店を訪れた
のが
4年前
なんですね(゚Д゚)


4年前はザルツブルクに住んでいたんだなぁ…とか
K君は当時まだ博士じゃなかったなぁ…とか
Aちゃんは今でも変わらず可愛いなぁ、とか


色々と思い起こすと感慨深いですね


でも!

今回は前回の反省を活かし、午後3時の開店前
2時45分
からお店に並びました(笑)


11872583_10206218346330363_1735003281_n.jpg

こうやって並んで、待ちます。

開店が近づくにつれて
並ぶ人の数も増えてきますが

…開店すると、並んでいた甲斐あって
空いている席にスムーズに着席

ちなみに今回座った席は、ドイツ首相のメルクルさんが
プラハを座った際に座った席と同じでした


お店の中は、4年前とまーったく同じ。

11853791_10206218346290362_1401444530_n.jpg


座っただけで何も言わないのに
ビールが出てくるのも同じ
でした(笑)


11851235_10206218346370364_1095345503_n.jpg

そしてそのビールの美味しさも!

まさに(゚д゚)ウマーとしか
表現しようのない味!!


11855440_10206218346610370_1450541721_n.jpg

もう、何というか

至福

というのはこういう事を言うんでしょう


みなさんも是非!是非!是非!!

プラハにお越しの際は行ってみてくださいね



あ、このビールは4年前にご紹介しましたんで
今日はプラハでの戦利品の中からご紹介です


で、今日のビールです。



ラデガスト
Radegast

プラハのKauflandにて17,9チェココルナ(≒90円)也

IMG_1423.jpg


ラデガスト醸造所はノショヴィーツェという
チェコの東部にある街にある醸造所です。
創業は1970年。

ラデガストってのはスラブ神話に登場する
神様の一人だそうです


IMG_1424.jpg


やや濃い目の黄金色、草原のようなホップの香り。
味はやや甘め…と思いきや、苦味がフッとこみ上げてくる
いかにもチェコ!なビールです。
後味は麦の香りが強く残ります。





チェルノヴァール
černovar

プラハのKauflandにて15,5チェココルナ(≒78円)也

IMG_1425.jpg


プラハから50キロ程西にある、ラコヴニクという街にある
醸造所です。設立は1454年。

IMG_1426.jpg

ちょっと濃い目の黄金色、って前者とほとんど
色の違いがありません


この「ちょっと暗い黄金色」ってのは
チェコビールのスタンダードな気がします

香りはあまり強くないんですが(麦の香り)、
口当たりがスムーズ、甘辛絶妙なバランス!
いやぁー!美味しいビールです!!


チェコはやっぱり、ビール好きにとって
夢のような国ですね






人気ブログランキングへ
22:10  |  ビール・チェコCZ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |