2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.06.22 (Wed)

やるねぇ日本も キリン・一番絞り

おばんでございます

イキナリですがまず、なんつーかこう、大きな声で叫びたい事として


祝!ブログ第100記事なんです!


いやーー、3日坊主の僕がこうやって続けられるとは、夢にも思いませんでした

度を超えた僕のビール好きもさる事ながら、ここ最近色々な方から

「ブログ読んでるよ~」

などと仰って頂いて、調子に乗って頑張ってこれたんだと思います


これからも頑張りますんで、是非是非見にきてくださいネ

そしてビール好きなお友達に宣伝しちゃってください(笑)


さて!

記念すべき100記事目、一体何を書いたらいいのやら?

…と迷っていたんですが、これまで



日本のビールを紹介していなかった(゚Д゚)


事に気付きまして


どうしようどうしよう、と酒蔵をゴソゴソしていると

去年の年末にアジア・ショップで購入した「一番絞り」を発見


なので今日は、この逆輸入?(…輸入、はしてないのだけれども)ビールを

ご紹介したいと思います


で、今日のビールです。

キリン・一番絞り
Kirin Ichiban

アジアショップにて1,2ユーロ位(≒140円)也

Kirin Ichiban01


いやー、嬉しいなぁ、まさかオーストリアの地から
日本のビールの事を書けるだなんて・・・

キリン・グループに関してはいくらでも長く書けてしまいますんで、詳細な記述は
省略しますが、創業は1870年。厳密に言うと旧社名の「麒麟麦酒」の創業は
1907年で、日本で2番目に古いビール会社です。
てか、日本で一番古いのはサッポロだったんですね…知らなかった

で、ですね。

この「一番絞り」に関しまして(僕の中でのイメージは緒方拳)。

去年10月から、一番絞りの


欧州における生産(ライセンス)は全て

独・ヴァイエンシュテファン社が行っている


うっわーーもー、ビックリですよ!!!


あ、ヴァイエン…社もこのブログでまだ取り上げてませんでした
泣く子も黙る、一大企業です。そちらも近日、必ず!!


なんでも以前、一番絞りは製法を大きく転換した時期がありまして

(要はひじょーーにかいつまんで言うと、麦芽100%になりまして)

その結果、ドイツのビール純粋法に違反しなくなったので、ドイツでの生産が
始められたそうなんです…へーへーへーへーへー(←ちょっと古い)

※「ビール純粋法」って何だ(゚Д゚)ゴルァ!という方は上の下線部をポチっとな


キリンのHPでも、それなりに大騒ぎしています

http://www3.stream.co.jp/web06/kirin/110121_ichiban_01_8je.asx


で、それ以前の生産はというと、in ロシア。おそロシア。。。

要するについ最近までここいらで出回っていた一番絞りは、メイド・イン・ロシア。

カンの良い方はお気づきかもしれませんが。。。


先述のよーに、僕がこの一番絞りを購入したのは去年の年末

ビンの裏面には、見事に「生産元:カニングラード・ロシア」

…って書いてありました


工工エエエエエェェ(´д`)ェェエエエエエ工工


なので今回は、ある意味貴重(?)な

ついこないだまでヨーロッパで出回っていた一番絞り、のご紹介です

Kirin Ichiban02


スタイル: ラガー

原材料: 大麦麦芽、ブドウ糖、ホップ

↑下線部、赤文字に注目!!!!!!!!!
見事にブドウ糖なんか、添加されちゃってますね。。。

ドイツで生産されていないのが、逆に裏づけされました


アルコール度数: 5,0%

比重:

色: わら色~薄めの黄金色

香り: キリリとしたホップ+麦の甘い香り

炭酸&泡: やや弱め/ 中庸

味: 甘め。ホップの苦味が引き締めているけど、ちょっと甘いかな・・・

ボディ: ミドル

後味: 麦。割とよく残る


何に合わせる?:
ここまで甘いと、刺身とか寿司とか、繊細な和食には合わないかもですが
テンプラとか、しゃぶしゃぶとか鍋とか、そういう和食にはイケますね

注:今「海苔ピー」と一緒に食べてみたんですが、合いません(゚Д゚)

ご注意ください!!!


全体評価:★★★+ (満点は★5つ)

うーむ、どうしても甘ったるいのが気になります

厳しい評価ですけど、でもコレが日本のビールだ、全てこんなモンだ、と
こっちの人に思われてしまうのはあまりに忍びない。。。

てかですね、キリンHPにも

「生産ラインを変更して以来
販売実績が対前年6割増!」


なーんて書いてます。そりゃ、コレから甘ったるさが消えれば美味しいでしょうが…

そういう意味では、新しい一番絞りに興味シンシンですね(いい消費者)


近日必ず、新しい生産ラインで生産された物でリベンジしたいと思います




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:59  |  ビール・日本JP  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/100-9d3c49e1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |