2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.07.01 (Fri)

ドイツ鉄道の「顔」たるプライド ベックス・樽生

おばんでございます

ダルムシュタットの楽しい滞在を終え、ザルツブルクに戻ってきました!


滞在中は巨大な酒屋「マルーン」訪問に若干取り乱してしまいましたが


ダルム-ザルツは、直線距離で約450キロ。
ソコを電車(在来線特急)で走ると約6時間の道のりになります

その6時間、一体何をしたもんやら…とボケーッとしていましたが

ボケーっとするのにも限界がありますよね


ボケーッとするのに疲れてきた頃!隣のおっさんがビールを持って
戻ってきました


おっ、その手があったか(゚Д゚)


ドイツ鉄道(ま、日本のJRですね)の特急ではほぼ100パーセント
食堂車かビストロ(簡易食堂車)が連結されていて、そこではさすがドイツ!
…という感じでサーバーからの生ビールを飲む事ができるんですね


ドイツ鉄道。…名前からもわかる様に、この電車はいわばドイツの「顔」

世界中の旅行者が利用するこの電車で提供する「ビール」には、間違いなく
きっと自信があるに違いない

それを読者の皆様に報告しない訳には、いきませんよね( ー`дー´)キリッ


なーんて大義名分もできましたし、ブログのネタにもなるし
ビストロもすぐ近くにあるわでルンルンで買いに行ってきました


銘柄は「ベックスBeck's」。この銘柄は
アドヴェント・カレンダー(懐かしい!)の時期に、瓶ビールを取り上げました


樽生の味はいかに…?いってみましょう!


で、今日のビールです。

ベックス・ピルス・樽生
Beck's Pils vom Fass

DB(ドイツ鉄道)ビストロにて3,60ユーロ(≒425円)也

Becks vom Fass01


なみなみと注がれていたので、自分の席に戻る前にこぼさない様
すこし飲んでしまったので、あんまり美しい写真ではないですが

グラスにはキチンとDB(ドイツ鉄道)のロゴが書いてあります

Becks vom Fass02


ちゃんとベックスのコースターと、液垂れ防止の紙もついてきます。
臨場感タップリですね

Becks vom Fass03


スタイル: ジャーマンピルスナー

原材料:

アルコール度数: ,%

比重:

色: 美しい黄金色

香り: ホップの爽やかな香りと、締まった麦の香り。
ほんの少しのバター香。ピルスナー・ウルケルを彷彿させます…というより
恐らく同じホップ「ザーツ種」を使用しているのでは、と思います(たぶん

炭酸&泡: やや弱め/やや弱め
ピスルナーにしては弱めかもしれませんが、これはこれで…

味: 典型的「ピルスナー」!とてもとても美味しいです。

先述の様にこのビールは確か瓶で取り上げた記憶がありますが
ソレとはまた印象が違う気がします。これが樽生たる強み…?

ピルスナーLove!な人間の意見ですので評価はちょっと偏りがちかもですが
このビールは、(・∀・)イイ!!です
むしろいまいち、欠点を指摘できないほど…


ボディ: ミドル

後味: サッパリと軽め、典型的なピルスナーの後味です。


何に合わせる?:
通常ビールに合うと思われる物なら、なんでも…(放り投げ系コメントですみません
でもここまで重たい目な造りになっていると、魚介はちょっとアレかもですね。
あ、でもイカフライとかならとても合いそう!


全体評価:★★★★★ (満点は★5つ)


文句のない美しい黄金色、締まった辛口(でも辛すぎではない)、
ハッキリ言って「完成形」感があります

皆さんも、ドイツ鉄道でビールを飲んでいる人を見かけても(例えば僕)

「なによあの人、電車でビールなんて飲んでやぁねェ」

…なーんて言わないで、むしろ試してみてください(キッパリ)


ととととにもかくにも

ドイツ鉄道「顔」のプライドを垣間見た道中でした 

星5つあげちゃいましょう!!




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:49  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

先輩のブログ見てたらビール飲みたくなってオラが街Astraのラードラーを飲んでいまっす!おいしいおつまみも作った☆Becksって北のじゃなかったでしたっけ??いろんな色がありますよね。
makiko |  2011.07.01(金) 21:07 |  URL |  【コメント編集】

■プレイ内容自由

痴女・巨乳・癒し系の手コキをお楽しみ下さい(*´ェ`*) http://sns.b8y.in/
知子 |  2012.09.04(火) 22:05 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/102-7ef39c18

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |