2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.07.04 (Mon)

グーテンベルク聖書の印刷された年から アンデッヒス・シュペツィアル・ヘル

おばんでございます

いやー、暑くなってきましたね

…なーんて言ってしまうと日本にいる読者の皆様に叱咤されそうですが


ザルツブルクはここ数日

7月ぢゃねぇだろ(゚Д゚)ゴルァ!!

的に涼しい日が続いてまして(概ね20度あるかないか位)、

今日は久々に太陽が顔を出して、ちょっと暑くなった一日でした


こういう日は、うん、ビールに限るよね( ー`дー´)キリッ


・・・と言いながら稽古に行ってきました

でもその稽古では美人バイオリニストからご当地ビールをプレゼントしてもらい

(↑『美人』と書かなければ怒られるから書いている訳ではありません。ええ、決して)


うん、マジメに生きてるとイイ事もあるモンですね(・∀・)テヘ


そのビールについて書きたいトコだったんですが、残念ながらまだ
冷えていないので(死活問題)
今日は数日前から冷蔵庫で出番を待っていた奴をご紹介します


で、今日のビールです。


アンデッヒス・シュペツィアル・ヘル
Andechs Spezial Hell

Edekaで90セント位(≒105円)だったと思う

Andechs Speziel01

この醸造所のあるアンデッヒスでは、中世の時期から(彼らは1455年と謳っています)
修道院で醸造がされていたそうです。それが大元みたいですね

それにしても古いなぁ…ポカ───( ゚д゚ )───ン

活版印刷で初めて聖書が印刷された年ですよ(Google先生より)

Andechs Speziel02

スタイル: ミュンヒナー・ヘレス

原材料: 大麦麦芽、ホップ

アルコール度数: 5,9%

比重: 13,5度

色: ヘレスにしては淡い目の黄色、わら色?

香り: 非常にモルティ。ホップの香りもそれなりに。

炭酸&泡: やや強め/やや弱め

味: 「麦っぽさ」が前面に出ています。でもそこまでしつこくなく
ホップの爽やかさと苦味がそれをよく引き締めている感じです

ボディ: ミドル

後味: やっぱりモルティ


何に合わせる?:うーむ、やっぱりミュンヘンご飯には
文句無く合うでしょうね…鳥の丸焼き、ステーキ、ソーセージ、クネーデル

でもここまでモルティだと逆に、合わない料理とかも出てくるかもですね。
それこそ日本食なんかは、チョット無理かな?


全体評価:★★★★ (満点は★5つ)

とてもミュンヒナー・ヘレス「らしい」味だと思います
でもやっぱり、レーベンやアウグスティナーに比べると洗練されてないかな…??
逆にソレがいいって言う人も沢山いるんでしょうけどね…星4つです




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:15  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

*Comment

”すぎる”が抜けてる!爆
いくしゅか |  2011.07.05(火) 18:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/103-feb1a809

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |