2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.11.24 (Wed)

おらが村ふたたび、トゥルーマー・ピルス

さて、凹みレッスンから1日経ちまして…
実は僕、些細な事でもものすごく過去を引きずる男でして、それがもう
自分の声に関わってくるモンだとしたら、そりゃもう大変

「ヘンっ!」と鼻で笑い飛ばせる様になりたいものです。。。難しい、か

ま、そんな人たちのためにあるんですよ、ビールは!
「くわーッこのために生きてるぜーーぃ」的な勢いに任せて、悲しい事や
不快な事は吹っ飛ばしていくしかないッスねー。あ、決してアル中ではないので
ご安心を
いや、もはやセミ・アル中位には足を突っ込んでしまってるのかしら?(笑)

いやーいや、気のせい気のせい…!多分、まだ、大丈夫……!!!
ネガティヴ思考?を吹っ切るためにも、本日は僕が最も好きなビールの1つを
ご紹介します

で、今日のビールです。

トゥルーマー・ピルス
Trumer Pils

Intersparにて0,89ユーロ(≒99円)也

Trumer Pils02

あわわ、今の今まで気付かなかった、間の「M」は一個だけなんですね…
Trummer(トゥルンマー)ではなく、Trumer(トゥルーマー)。
ずーっとお店でもどこでも「トゥルンマー」って注文し続けてました
タイトルの通り、これもまた「おらが村」ザルツブルクの
トゥルーマー醸造所が生産しているビールです。

いやね、ここのビールが「んまい」んですよー

…って「うまいうまい」言う前に、ピルスPilsというビールについてご説明をば!
ピルスとは、本来ピルスナーと呼ばれるもので、チェコ(当時はボヘミア)の
ピルゼン地方で生まれたビールのスタイルです。
「ピルスナー」という方が日本でも馴染みがあるかもですね。

古来からの白ビールやエール・ビールをはじめとする「上面発酵」という醸造方法の
概念を覆した「下面発酵」という技術によって生まれたものです。
日本のビールもほとんどが(…と言ってしまうとアレなので、『大手ビールメーカーの
物は』と言っておきます)その製法を参考にして作り出されたため、日本でイメージする
ところの「ビール」そのものです。

ただ、ピルスの特徴は豊かなホップの香りと、強めの苦味。
通常のビールよりも香り付けのホップの含有量が高めなので、
その多くはひじょーに辛口です。

あ、先にお断りしておきますが、僕はこの辛口とホップの香りが大大大好きなので
勝手にうまいうまいと騒いでおります。このブログの評価は概ね、その観点に
基づいてますので、もし皆さんが渡墺されてこのビールを飲んで
「うぇっ、嘘つきめこんなん飲めねぇよあのバカテノールが
となっても、責任の方は…負いかねます。。。
その代わり、どこか別の飲み屋に別のビールを飲みにご案内させて頂くのは
可能です(笑)そんなんいかがでしょ?


Trumer Pils01

色は、ピルスにしてはやや濃い目の黄金色で
ホップ、炭酸ともにかなり強めのキリリとした男前です。(なんだそれ?)
もー、のどごし!のどごし!そしてホップ!ホップ!!
夏の暑い日の終わりに、これをカーーーっッと飲んだ日には、そりゃもう…(遠い目)

辛口がお好きな方には、ぜーーーったいに気に入って頂けると断言できます
僕がザルツブルクに友人を迎えた際に全力で勧めるのが、このビールです(笑)

…ただ、ほんとうに男前の辛口なので、これが3杯4杯・・・と続くと
正直ちょっと、しんどくなってきます。もちろんこれも個人差あるでしょうが

何事もホドホドが一番、そうそう歌も同じ、時々うまく行かなくなる位が丁度いいのさ。
うーんビールって深いなぁ、人生の勉強にもなるんだ…って、アレ??

てな訳でポジティヴ・シンキング終了!(強引?いいんです)
このポジティヴさを武器に、明日はこの「ピルスナー」の語源となった
チェコのビールをご紹介します
スポンサーサイト
22:36  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

*Comment

凹みレッスンお疲れさまv-222
もう復活したかなv-236

この次にまさに登場v-237すると思われる
「ピルスナー」の語源となったチェコのビール工場に
来月旅行がてら行ってくるよv-238
一緒に行けなくて残念v-275
keiko |  2010.11.25(木) 08:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/11-bf0a3790

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |