2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.11.23 (Wed)

なんたる偶然 プフゥングシュテッターエーデル・ピルス Na tolles Timing / Pfungstaetter Edel Pils

おばんでございます


昨晩の、フェイスブック上でのやりとり

チェコ巡礼で大活躍した、ビール研究所・北海道支部長の
Aちゃん
から、こんな写真がポストされました

どうやら日本の通販でドイツのビールが取り扱われていて
Aちゃん母が購入を検討しているそうな…

Pfungstaetter Werbung

Aちゃん「太郎さん、このビール知ってますか?」


知ってるもなにも(゚Д゚)


ウチの酒蔵で出番を待っていたものの一つだったんです


なんたる偶然!!!


…そういう訳でして、今日は2日連続になりますが
このビールをご紹介したいと思います


で、今日のビールです。

プフングシュテッター・エーデル・ピルス
Pfungstaetter Edel Pils

ビール研究会ドイツ支部長A.D.君より寄贈

IMG_0250.jpg

Aちゃんからの写真の瓶とはちょーっと、外観が異なりますが
シンボルマーク・馬のヒヅメはハッキリと同じですね

こっちではほとんど見た事のないデザインなので、恐らく輸出用...?

そちらの輸出用?デザインでは「1831」とデカデカと書いてある様に
創業1831年のプフゥングシュテッター醸造所。


ちょっと舌を噛んじゃいそうな名前ですが…
この日本の雑誌は潔く、「フングシュタッター」と
記述していますね


実はこの醸造所、以前ご紹介した夢のビールショップ「マルーン」から
歩いて10分位の所にあるんですよ(゚Д゚)

そういえば「マルーン」で、この銘柄がやたら沢山置いてあって
不思議だったのを思い出しますなーる!


このメーカーの特色として、裏のラベルに
「飲み頃温度」表示機能
ついているんですねーー

IMG_0249.jpg
(常温

            


IMG_0247.jpg
冷えた状態)


真ん中の星が、(うっすらと)緑色になってるのがわかりますかね?


なかなか珍しい、ナイスなアイディアではないかな・・・と

IMG_0251.jpg



スタイル: ジャーマン・ピルス

原材料: 大麦麦芽、ホップ

アルコール度数: 4,9%

色: 淡めの黄金色

香り・味: 開栓時はやや甘めの麦の香りが多くしてましたが
時間が経つにつれて、ホップの香りも感じられる様になります

味はやや辛口。でも後味で舌の上に麦の甘みが残って、鼻をホップが
通り抜けます…バランスは良いですね。


               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
           ☆   |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
               |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)


炭酸があまり強くなく、そこまで軽い訳でもありませんので
「キリっと爽快、ゴクゴクガブガブ」タイプのピルスナーではありませんが
「うむ、美味しい!」と味わいながら飲めるビールですね。

ジャーマン・ピルスなるものがこういう味だったなぁ、と
ちょっと教えられた気がします(笑)星4つ半です!

全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)






人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
21:09  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/155-b7cc4771

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |