2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.11.25 (Fri)

「ろ過」必要性の是非 エーデルヴァイス・クリスタルクラー・ヴァイスビーア Recht und Unrecht der Filtierung / Edelweiss Kristallklar Weissbier

おばんでございます


明日・明後日とカルテット「Duo x Duet」の録音が予定されてるんですが


朝9時から(゚Д゚)


…という事で、必然的に朝方にすべく
今朝は6時半に起床して、夜は疲れて寝てしまえる様に
強制的に朝の散歩に行ってきました


その散歩の帰り道、フト立ち寄ったスーパーで

ヴァイツェン・ビールの中でも珍しい「クリスタル・ヴァイツェン」を発見。


ブログを開設して早1年ちょい、実はまだこのスタイルには触れておらず…


書かなきゃ書かなきゃとは思ってたんですけどね


なので今日のブログのネタにすべく、一本購入して帰ってきました



そもそもヴァイツェンビール(白ビール)、とは。

かいつまむとこういう事でして(手抜きですみません)


ヴァイツェンWeizenとは、ドイツ語で「小麦」の意。


まぁ簡単に言えば、大麦以外に小麦も使用して醸造した
おおむねフルーティな味わいのビールです。分類としまして


①(ヘーフェ)ヴァイツェン

いわゆる、白ビール。とは言っても、「白ビール」という名称は

バイエルンでのみ(゚Д゚)知らなかった・・・!!!!

なので基本はこの呼び名ですね。ヴァイエンシュテファン・ヘーフェヴァイスビーアなど。

②ドゥンケル・ヴァイツェン

①の黒いバージョン。HB トラウンシュタイン・ヴァイスビーア・ドゥンケルなど。

③ヴァイツェンボック

①の強いバージョン。ツィプファー・シュテファニー・ボックなど。

④ドッペルヴァイツェンボック

③の更に強いバージョン。シュナイダーヴァイセ・アヴェンティヌスなど。

⑤クリスタル・ヴァイツェン

コレが今日のネタ、①のビールをろ過して透明にしたものです。

⑥ベルリーナー・ヴァイセ

シロップを加えて飲む毒々しい色のビール。ベルリーナ・キンドゥル・ヴァイセなど。

⑦ゴーゼ

コレ、ここにカテゴライズしていいんだかわかんないんですが
ライプツィヒ近辺・特産のビールです。こちらも近い内に必ず!


…って、結構ありますね!(゚Д゚)

しかもこの分類は「ジャーマン・ヴァイツェン」に限った分類。

ベルギーだのフランスだのに手を出したら、それこそコンプするまでに
どれだけ時間がかかるのだろうか…


ま、ここまで来たらある意味ライフワーク化しているので
のんびりまったり、少しずつ視野を広げて行く事にしましょう…



で、今日のビールです。

エーデルヴァイス・クリスタルクラー・ヴァイスビーア
Edelweiss Kristallklar Weissbier

SPARにて1,07ユーロ(≒110円)也

IMG_0265.jpg

この「エーデルヴァイス」という銘柄はこのブログでも何度か
取り上げていますが、エーデルヴァイス醸造所、というもので
醸造しているモンだとばかり思っていたら


大間違い(゚Д゚)ガーン


えーっと、色々と調べてみたら、色々とヤヤこしくてですね

どうやら以前は、ザルツブルクの南・ハラインという所にある
カルテンハウゼン醸造所で醸造してたものの、2011年(しかもつい最近!)に
オーストリア醸造連合Brau Union Oesterreichに吸収合併されたそうで

今現在、正確にはどこで醸造されているのか
わからずじまいでした

HPでは花まで添えて、歓迎してくれているってのに…

Edelweiss.png

エーデルヴァイスのHPより借用「Willkommen:ようこそ!」


詳しい事が何かわかったら、またアップさせてもらいますね


IMG_0267.jpg



スタイル: クリスタルヴァイツェン

原材料: 小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ

アルコール度数: 5,3%

色: 濃い目の黄金色。メルツェンとかヘレスとか、
少し重たい目のラガービールっぽい色で、もちろん透き通ってます

香り・味: うむ、例のバナナ香はろ過したからといって
消えてなくなるモンぢゃないんですね・・・
白ビールなので炭酸はやっぱり強め、それが口の中でハジけるのも手伝って
かなり辛口です。白ビールにしては珍しいですね



               |↑軽い(キレ)
               |
               |  
               |
               |
               |
               |
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ←辛口                     甘口→
               |
      ☆        |
               |
               |
               |
               |↓重い(コク)



うーん、どうしても見た目との違和感が…


目から入ってくる「ラガービールっぽい」印象と
口に広がる「ヴァイツェンビールっぽさ」。


個人的に「ろ過する必要あったのかな?」という
意見なんですよね。。。クリスタルヴァイツェン、興味深いので
また近日UPしたいと思います。星3つ半です!


全体評価:★★★+ (満点は★5つ)







人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
20:18  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/156-909d8b34

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |