2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.11.30 (Tue)

愛するがゆえに シュロス・エッゲンベルク・ネッシー

おばんでございます

なによ今日のこのタイトル!?と思われる方が
いらっしゃるとは思いますが…

なーんてことはないです、ビールの事です(えっ?)

てのは、何日か前にそんな事を匂わせる発言をしましたが
アドヴェントカレンダーAdventkalender、買っちゃったんです
タイトル通り、「愛するがゆえに」
もちろん「大人の」カレンダーですよーっふっふっふ

アドヴェン…ナンタラってなんなの?という方はこの日記をご参照の程


Adventkalender (2)

はい、それとなくクリスマス仕様な場所に納まっております


Adventkalender03.jpg

↑「日付」と「キリコミ」が入ってるの、わかりますかね??

という訳で、明日12月1日~クリスマスまでは
このアドヴェントカレンダーの中身を一つずつご紹介します
いっっっっやーーー、楽しみです!!!!!

そんなワクワクも最高潮に達する今日(笑)、その興奮を鎮めるべく(?)
オットナー(大人ぁ~、です。。)なビールを取り上げてみました。

で、今日のビールです。

シュロス・エッゲンベルク・ネッシー
Schloss Eggenberg Nessie

Merkurにて1,45ユーロ(≒158円)也
Eggenberg Nessie01


以前も取り上げた、奇をてらった変り種なプロダクトがちょっと気になった
シュロス・エッゲンベルク社の別製品。
って、この会社はザルツカンマーグートSalzkammergutにあるんですね

※ザルツカンマーグート:ザルツブルクのそば、山に囲まれた風光明媚な
湖水地帯(…って言うのかな?)で、世界遺産でもあります。
※※でもエッゲンベルク社はオーバーエスタライヒ州Oberoesterreichの会社です


前回は「ビールのコニャック」なる物をちょい酷評させて頂きましたが…

今回はなんでも「ビールの中のウィスキー」だそうで
いやがおうにも不安が募期待が高まります
どうやらウィスキー醸造に用いられる、スコッチ・ハイランド種という
麦芽を用いて、2ヶ月の熟成期間を経ているそうですが…
…あ、これぢゃGBだわ。てかスコットランドの国旗ってどんなだっけ?

てかなんだこの会社は、なんか常にこういう方向で模索を続けてるのかしら?
大人の世界ってのはビール界でも大変なんだなぁ。。。


Eggenberg Nessie

さすがに「赤ビール」と書かれている程なので、赤というか、大変美しい
琥珀色です。炭酸は中庸ですが抜けるのが早く、泡は割と弱めです。

そして肝心の味。さっき酷評・再び…みたいな空気を出しておいてアレですが
意外や意外で嬉しい拍子抜け「美味しい」です。

ホップ系の爽やかな香りや苦味というよりも
焙煎された麦芽の香ばしい、スモーキーな香りがします。

色の割に…というか、「ウィスキー」とか「熟成期間」とか聞いてしまって
重めのボディを想像していましたが、これがまた意外と軽めなのに
なめらかで。でも後味はあんまり残りません。あえて言えば、ビールには
あまり馴染みのない香りが残る気がするので、それが「ウィスキー麦芽」由来
なのでしょうか…?

乾杯する時の「とりあえずビール!!」とか
遅れてきた友人に渡す「かけつけ一杯!!」とか
(一気飲みの強要ではありません。ていうか、イケマセン
そういうのにはあまり適さないかもですが
それこそ夜もふけてこんなブログを更新しながら、その傍らに…
みたいなのが合ってると思います。だから「ウィスキー」なのかな??

スポンサーサイト
22:03  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/18-cffda38b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |