2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.12.04 (Sat)

未知との遭遇② マイゼルス・ヴァイセ・オリギナール

おばんでございます

さーて!アドヴェントカレンダーも早、4日目になりました

マス目を開ける時のドキドキ感は薄れてきてしまった反面、日々の楽しみとして
着々と根付きつつあります

昨日はどこの馬の骨とも知らぬあまり馴染みのない醸造所との出会い、そう
未知との遭遇パート1
でしたが…さてさて今日は、いかに??

1412Maisels Weisse Original

マイゼルス…aus Bayreuth「バイロイトより」と書いてありますので
ドイツ、バイエルン地方のビールですね。し、知らないなぁ。。。

バイロイト…これは一体何の縁か?昨日ご紹介したブレゲンツと同じく
夏に行われる「音楽祭」の開催地で非常に有名な都市です!

ほとんどワーグナー作品のみを上演するこの音楽祭は、なんとまぁワーグナー自身が
自分のオペラ作品を上演するために始めたものでして

熱狂的なワーグナー・ファン(ワグネリアン)が毎夏、大挙し「巡礼」に訪れるという
劇場内には冷房設備がないので、大変暑くなるという…
しかも客席の椅子は居眠りを防ぐために(!)ワーグナー自身の指示によって
「わざと」座り心地悪く作られているという…

色ーんな意味で「有名な」音楽祭です。
ワーグナーの音楽、素晴らしいんですけどねー。でも真夏の劇場で冷房ナシか…

うーむ


…かかか、閑話休題しましょうか


で、今日のビールです。

マイゼルス・ヴァイセ・オリギナール
Maisel's Weisse Original

アドヴェントカレンダー4日目

Maisels Weisse Original02


ちなみに今日の王冠は、栓抜きで空けるタイプのものでした。そうこなくちゃ


Maisels Weisse Original01

おお、色は濃い目で、赤みもかっていますね。
ドゥンケルスでもない白ビールとしては、相当濃い部類に入ると思います。
色の傾向としてはシュナイダー・ヴァイセのオリジナルに近いかもですが
アレよりは薄いかなー。

強いバナナの香り、加えてトマトの様な濃厚な香り…
いや、トマトじゃないかも、でもどっかで嗅いだ記憶のある香りがします。
濃厚な様で爽やかな果実・植物系………わかった!梅の香りだ
バナナに続いて梅がやってきます。

かといって甘すぎる訳でもなく、苦味もほとんどありません。

炭酸はかなり強め、泡もちはかなり良い。
炭酸が強いので(特に開封直後)あまり味を感じられない感がありますが
逆に言えばその分、豊かな泡と炭酸によって、非常にクリーミィな味わいです

上記の理由(強炭酸)により、後味も大方吹き飛ばされますね

なんだろう、やっぱこういう、炭酸強めでフルーティなのは
夏場に真っ昼間からこう「カーーッっ」と?かな??

あ…でも、飲み屋で白ビールを飲んでいるおっさん、一杯を何十分もかけてゆっくり
まったり飲んでいる人が多いかなぁ






………




そういう意味では…

結論:本来ならもっと、時間をかけて
飲んでみるべきであった。


次の白ビール・レポートの機会には、時間の移り変わりによる味の変化を

説明できる程度のペースで飲む様にしますです(涙)

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
21:19  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■レイバン

アクセサリー 激安
レイバン |  2013.09.18(水) 09:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/22-ff11ac61

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |