2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.10.21 (Mon)

ウィーンでのおもいで、そしてミラクル シュヴェヒャーター・ツヴィックル・フォム・ファース

おばんでございます


そしてお久しぶりです(´・ω・`) ショボーン


今月はじめからコンサートが立て続けにあって、でもって
その後さらにウィーンへのツアーがあった関係で
こんなに久しぶりな更新になってしまいました


ウィーンでは、あの有名な楽友協会ホール(ウィーン・フィルの本拠地で
ニューイヤーコンサートでおなじみの、あのホールです)での公演で
演目はヴェルディ作曲レクイエム、通称ヴェルレク


DSC_0899.jpg


公演はありがたい事に、両日完売!


実はこの作品は、僕が芸大の学部1年生だった時に(当時18歳でした…)
生まれて初めて歌った宗教作品だったんです。


15年近い年月を経て、初めて歌ったヴェルレクをこんな所で、
そして夫婦で歌えるなんて(奥さんもこのプロジェクトに乗っていたんです)
音楽家冥利に尽きるなぁ、というか本当に音楽を続けてきてよかったなぁ、と
ちょっとしみじみしてしまいました(´A`)


DSC_0898.jpg

ホール外観。夜なのもありますけど、フンイキありますよね~


musikverein.jpg

こちらは舞台から客席の眺め。ニューイヤー・コンサートを見ていると
とっても大きなホールという印象がありますが、実際の客席数は1600程度、
大きすぎず小さすぎず、とても良い大きさに感じます。


舞台上は信じられない程狭く、イスは背もたれなしのボロボロベンチ。
あるんだかないんだかな感じの空調のせいで半サウナ状態
そして僕の両隣はかなり体格の良い同僚2人…。


歌うよりも座るので体力を使ってしまいました


でもとっても良いコンサートだったから、よしとしましょうか


このコンサートの模様は、インターネットで丸々1公演見られるなので
お時間と興味のある方はゼヒゼヒ!どうぞ


BR-Klassik Verdi: Requiem



さて。


当ブログとして気になるのはやはり「ウィーンのビール」ですね…!

モチのロンロン飲んで参りましたのでいってみましょう



で、今日のビールです。

シュヴェヒャーター・ツヴィックル・フォム・ファース
Schwechater Zwickl vom Fass

Zum alten Fasslにて3,8ユーロ(≒510円)也

photo.jpg


この何とも言いにくい名前の醸造所は、ウィーンの南東にある
シュヴェヒャートSchwechatという街にあります。創業は1796年。

ここにはウィーン国際空港があるので、ひょっとすると
それでなんとなく耳にされた方がいるかもしれませんね

ビール自体は、典型的なツヴィックル。
これまでに当ブログでご紹介したここいらここいらと似た、
無ろ過でまろやか、少し辛口のビールです。


今回、このビールを飲んだのは
ウィーン在住、歌手仲間のK氏オススメの飲み屋さんでした。


てのもですね

「Taroお前はオーストリアにいただろう
だからいい飲み屋知ってるだろう。連れてけ


いや俺がいたの200キロ離れたザルツブルクだし…
ウィーンなんて観光で一瞬来たことがあるだけだし…



という不満を漏らしつつ、K氏に泣きついて
教えてもらった飲み屋だったんですが。
(あらためて、ぞえ、どうもありがとう!


その名もツム・アルテン・ファッスルZum alten Fassl
日本語では古樽亭、って感じでしょうか。

DSC_0820.jpg


ここがねぇ、もう!(゚д゚)ウマー


フンイキもさることながら、料理が最高!
典型的なオーストリア料理をフェアな値段で楽しめます。


photo (2)


今回の日程は3泊4日だったんですが、その同僚、
3日中3回もそこに行ったそうです(笑)
ま、僕達も2日はお供した訳ですが…


みなさんもウィーンにお越しの際は、ゼヒ!





ウィーンでは日本から来ていた懐かしい友達や同級生と再会したり
さらには偶然道端で遭遇した後輩くんとゴハンを食べたり
色々ステキなミラクルがあったんですが、そんな中でも最大のミラクルは
中華料理屋での出来事。


2013-10-16-11-30-27_deco.jpg

「ゲブラーテナー・太郎」要するに
「フライド・太郎」

!!?!??!?

中国4000年の歴史を紐解くには
どうやら時間がかかりそうですね・・・








人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:47  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/298-aed1370a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |