2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.01.29 (Wed)

これで腰を据えてビールが飲める コーブラー・ヴァイセ

おばんでございます


以前、殺伐としたドイツの外国人局に関して
記事を書きました
が。


今週始めにも、そちらへ行ってきました


朝の9時に



というのも



交付されたんですよ、
永住権が!!!(゚Д゚)



mukigen2.jpg




留学を始めてから早7年。
これまでにオーストリアに5年ちょい、
ドイツには2年弱住んでいることになりますが

運のいい事に2012年から特殊な制度?ができたとの事で

(ドイツ独自のブルーなんちゃらという制度で
いまいちよくワカランのですが)


なんだか僕もソレに該当するものだそうで…


個人的な感想ですが外国人局の人も、新しい制度だし
『ちょっとやってみたい』的なノリがあったので
勧められるがままに、こうなりはしましたが


これで選挙権・被選挙権以外は
ヨーロッパ人との差がなくなります。( ゚∀゚)イエイー!!

とにかくこれで例の外国人局関連のゴチャゴチャとは
しばらくはオサラバできそうです(´A`)ホッ







そしてその日の午後。

稽古のために放送局へ行って
同僚と社食でこの話題で盛り上がっていると



「Taro、そんなあなたに」


…とテノール同僚から渡された一本の瓶



「親戚がブルクハウゼンBurghausenという所に住んでいて
そこのビールがとーっても
美味しかったから買ってきたよ

これでお祝いしなさい


レンツ(彼のあだ名)、どうもありがとう


コレでお祝いしない訳にはいきませんよね・・・




で、今日のビールです。


コーブラー・ヴァイセ
Kobler-Weisse

ビール研究員名誉会員L.F.氏より寄贈

DSC_0907.jpg

ミュンヘンからまーーっすぐ東に100キロ程進んだ所、
ブルクハウゼンBurghausenというオーストリア国境の街に
このアウアー白ビール醸造所はあります。創業は1809年。

ホームページもないような小さな醸造所で、まさに
「知る人ぞ知る」、もしくは本当の「地ビール」な訳です。

DSC_0906.jpg


白ビールにしては濃いめの茶色(一見するとドゥンケルスのよう)
フローラルなホップの香り、泡持ちはやや弱め。
味はやや辛口、ややライトなボディ。
麦とカラメル系の香りが後味で残ります。

コレは美味!


こういった超小規模醸造所がドイツには
たーーーーーくさんありますが、その多くが
ビックリする程美味しいビールを作っていたりします

スーパーで買えない様な珍しいビールも、これから
どんどん積極的にご紹介できればと・・・







人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:29  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/311-3a6cf945

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |