2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.12.13 (Mon)

雪降りしザルツブルク、ラーデベルガー・ピルスナー

おばんでございます

いやーーーーーーーー、よー雪がふっております
実はザルツブルクはここ2・3日とても暖かで(雨が降ったくらいです)、そのせいで
昨日は道の雪もすっかりなくなったトコだったんですが、今朝起きたら

Schnee strasse 131210
(↑ウチの窓から通りを眺めます)

ゑゑゑゑゑ またかよーーー
てな感じでした。


てか木曜の北ドイツ行きフライト、大丈夫だろうか…?


…ま、今からネガティヴになってもアレですんで、今日も元気に
アドヴェントカレンダーをあけてみましょう 13日目!

1312Radeberger.jpg

また知らないメーカーがきました… 今日はラーデベルガー社。


…が、色々調べてみると、とても興味深い!


ラーデベルガー社は1872年創業。社名と同じラーデベルクは、かつての
東ドイツの都市、ドレスデンの近くに位置する町です。

この会社はなんというかこう、ドイツ人らしく律儀にも…というか、
ピルスナー「だけ」(!)の醸造を昔から行っている様です。

会社のHPを見てみても、本当に製品は「コレ」のみビシッ

http://www.radeberger.de/

↑ラーデベルガー社ホームページ


んー、僕もピルスナー大大大好きですから、こういう頑固さは
色々と商業主義に流れ易い今の世の中で、ちょーっと共感できますよ…ね!?

ベルリンの壁が存在していた時は、全て「輸入品」として流通していたそうですが、
(ビール自体の評判もとても高かった様です)東ドイツ内での入手は
とても困難だったそうです…


こんな話を聞いてしまっては
愛着が湧いてしまうでわないか(笑)



で、今日のビールです。


ラーデベルガー・ピルスナー
Radeberger Pilsner

アドヴェントカレンダー13日目

Radeberger01.jpg

色はピルスナーにしては濃い目ですね。
炭酸強め、泡もち良。

Radeberger02.jpg

ホップの香り・麦の香り共にやや少なめ、でもバランスは良い。
いい意味でフレッシュな香り、でもピルスナーとしてはなぁ…

ピルスナーの割にはしっかりとしたボディです。
そして炭酸が強いのでキレがありますね ←ってそう切れる?

後味はあんまりないです。若干麦の香りが残る程度かなー

キレとスッキリさという意味ではよくまとまったピルスナー、でも
苦味が少ないので奥行きに少し欠けてしまう様な気がしますが…

コレは、そうだなぁ。。。なんと言うか、なにも考えないで飲めてしまう、感じ?
夏場のバーベキューとかにピッタリだと思いまーす

もしくは、「ピルスナーはちょっと苦いから…」という感じでピルスナーを
疎遠なさっている方にもオススメですね



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:35  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/32-e699fd93

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |