2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.12.01 (Mon)

アルター・シュヴェーデ(Alter Schwede:老いたスウェーデン人)のニュアンスとは マリエスターズ・エクスポート/フェルトシュレッスヒェン・エクスポート

おばんでございます


先日お知らせした「メサイア」
とってもいい感じで終えることができました

georg-friedrich-haendel-106~_v-image853_-7ce44e292721619ab1c1077f6f262a89f55266d7


今後しばらくバイエルン放送のホームページで
コンサートを丸々見られる様なので、もし興味のある方は

 コチラ からご覧になってください


そんな、メサイアの演奏会。


舞台上で隣の同僚が
「アルター・シュヴェーデ!2日続けて満席てのは
嬉しいねぇ!」と。


アルター・シュヴェーデAlter Schwedeとは
老いたスウェーデン人を意味するんですが

ドイツ語で「驚いた時」に思わず出る言葉、
でもあるんです。

なんでまたドイツでスウェーデンが…
って感じですよね


調べてみると、三十年戦争でスウェーデン軍が
ドイツにやってきたのに関係しているみたいですが
出処はあまり定かではありません。



要は(゚Д゚)ゴルァ!
みたいなもんでしょうかね?



…はい、勘のいい読者の方はお気づきでしょうが
今日はもちろんスウェーデン・ビールの紹介です

でもスウェーデンからのビールは当ブログ
初登場です!いってみましょう


で、今日のビールです。


マリエスターズ・エクスポート
Mariestads Export

ビール研究会助手Y.C.氏およびその彼女M.T.氏より寄贈

Mariestads01.jpg


マリエスターズ醸造所は創業1848年。
スウェーデンのストックホルムから西に200キロほど行った
同名の街にあります。


スウェーデンといえば

Ikeabus.jpg

まぁあまりにこのイメージが
強い気がしますが


他にも


4871cc3d.jpg

えええ、エイチアンドエムって
(ドイツ語圏では『ハーウントエム』と言います)
スウェーデンの会社だったんですね!!


やっぱり北欧は家具とかデザインに
強いってのは本当なんでしょうか


Mariestads02.jpg


濃い黄金色、麦の甘い香りとアルコール香。
味は若干甘めですが後味でホップを感じるので
バランスは良いです。マイルドな口当たり。


エキスポートとありますが、同社のホームページには
「ドルトムンダー」と書いてあります。
僕の好きなタイプです…(・∀・)ヒャッホウ♪



なんの因果か、今日はエクスポートつながりで
ドイツのビールも合わせてご紹介します






フェルトシュレッスヒェン・エクスポート
Feldschloesschen Export

ドレスデンのスーパーにて1ユーロ(=148円)位だったと思う也

Feldschloesschen dresden01


ドレスデンにあるこの醸造所、あれ、どこかで…?

つい最近ご紹介したスイスの醸造所
同じ名前でした!(ノ∀`)アチャー

一応「ドレスデンの!」と強調されてますんで
混同はしないで大丈夫そうですが、あぶないあぶない


Feldschloesschen dresden02


黄金色。麦の香りが強いです。
とても軽い飲み口。エクスポートにしては
随分軽いんじゃないだろうか?若干甘めで
後味も麦の香りがしっかり。

ふむ、悪くはないものの
思わず「アルター・シュヴェーデ!」と
唸ってしまうほどではありませんでした(笑)


そう唸ってしまうビールを
見つけるべく明日からも帆走



と言いたいところなんですが



実は明日、オマーンに飛びます。

オマーン国へ、です。


ちなみに友人いわく(以下、反転)


オマーンには湖はなく、
首都にある国際空港は
マスカット国際空港という名前です。


でもマスカットには
オマーン国際銀行があるそうです。



友人談・終了
(決して僕の発言ではありません)



今回は首都マスカットにある
王立オペラ劇場でのコンサートなんですが


皆様ご存知の通り


イスラム教国は
アルコールが御法度(´・ω・`) ショボーン


滞在中のビールの確保には
相当な困難が予想されますが・・・


生命線確保の闘いも交えて
次回、オマーン国の様子を皆さんに報告します!!







人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:51  |  ビール・スウェーデンSE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/350-6a1baf4c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |