2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.01.11 (Sun)

空港警察に連行されそうになった話 シュナイダーヴァイセ・マイン・グリューネス/アヴェンティヌス・ヴァイツェン・アイスボック

おばんでございます


1月に入ってからナンダカンダで
もう半分近く過ぎてしまいましたが

先月更新を怠ってしまったせいで
まだネタが残っている始末なんです…

恐縮なんですがお付き合いください



さて。


前回前々回前々々回と書かせて頂いた
オマーン旅行記。


その帰り道で
ちょっと珍しい事がありましてですね


時差の関係で、誕生日を
3回も迎えたんです(゚Д゚)



オマーンからミュンヘンに戻ってくる日は
誕生日(12月6日)の前日・5日だったんですが


時差の関係で、

まず深夜フライトの
マスカット→ドーハ便機内で一回目


乗り換え便を待っていた
ドーハ空港内で二回目


そしてドーハ→ミュンヘン便の中で三回目



こんなに珍しい事ってあるんですねぇ…



ドーハ空港では、空港内の大きなホールで
同僚みんなにハッピーバースデー
歌ってもらって


10828106_10205505336060959_861275875996800817_o.jpg


なんと奇特な事か!誕生日が同じ同僚が
もう一人いたので、彼と一緒に
シャンパンを準備してみんなに振る舞いました


シャンパンは沢山買っておいたので
みんなでガブガブ飲みながら
「ポーン!」なんて大きな音を立てて
開栓したり、別の歌を歌ったりして
そうやってバカ騒ぎしていたら


向こうから屈強な男4人組がこちらへ。





彼らの制服の文字を見て凍りつきました、



「空港警察Airport Police」



……(゚Д゚)タイーホ!!??



そう、イスラム圏では
公の場での飲酒ご法度


「すぐに止めて解散しなさい
法律で禁止されています。
飲みたいのならバーに行きなさい」



…と半ば脅され言われ、
ちょうどシャンパンもなくなったのを良い事に

ソソクサと退散しました


あやうく前科者
なってしまうところでしたよ




そんな誕生日でしたが、色んな人から
たっぷりとプレゼントを頂きました


Gbuatstog01.jpg

中でも圧巻は、この
ビール飲みセット


その中にはずーーーーっと欲しかった、
ツィンスデッケZinnsdecke(錫でできたフタ)つきの
陶器のビールジョッキ!!


Gbuatstog02.jpg

「T.T.」と、しっかりと
僕のイニシャル入りです


みんなありがとう


…というわけで今日はもちろん
その中からお届けしたいと思います!



で、今日のビールです。


シュナイダーヴァイセ・マイン・グリューネス
Schneider Weisse Mein Gruenes

ビール研究会会員の皆さんより贈呈

SchneiderTAP401.jpg


シュナイダー醸造所に関しては
以前にも何度かこのブログで取り上げました


この醸造所は、そもそもミュンヘンにあった
醸造所だったんですが、二次大戦中のミュンヘン大空襲により
醸造所を焼失。その後レーゲンスブルク近くの
ケールハイムという街で醸造を続けています。

そして、なんと!

このビールは以前「ミュンヘンの醸造所」だった頃に
オクトーバーフェストで提供していたビールを
再現した物だそうです


※オクトーバーフェストは、当ブログでも書きました
ミュンヘンにある醸造所の銘柄のみに出店を許可しており
醸造所がミュンヘン外になってしまったシュナイダーは
出店できなくなってしまった、という訳なんです。


SchneiderTAP402.jpg


白ビールにしては、そして同社の主力製品と
比べても明らかに明るい色です。
ムワっと立ち上るシトラス系・草原の様な香り。
しっかりした飲み口だなぁと思ってラベルを見ると
6.2%との表示が!そりゃそうだ

麦感はあるものの、キリリと辛口。
心地よい味わい&後味です。






シュナイダーヴァイセ・アヴェンティヌス・ヴァイツェン・アイスボック
Schneider Weisse Aventinus Weizen Eisbock

ビール研究会会員の皆さんより贈呈

SWEisbock01.jpg

にしても

長い名前ですよねぇ

あえて改行しなかったんですが
これってどう表示されるんだろう?


このビールは「アイスボック」というジャンルで
昔々に取り上げた事がありました


SWEisbock02.jpg

今回のプレゼントに同梱されていた
この銘柄のためのグラス。


「お前このグラスで飲めよ、
絶対に飲めよ!!」


…というダチョウ倶楽部バリな
同僚のセリフが脳内再生されます


SWEisbock03.jpg

濃いこげ茶色。ムワッと香るレーズンの様な
濃厚な香り、シロップの様な甘い香りとアルコール香
泡もちはほとんどありません。
味は濃厚な甘さ、食感ならぬ飲感は
シロップやオリーブオイルみたいな食感です。
フルボディ、後味はかなり長く甘い香りが残ります。美味!

ボックビール系、特に強いドッペルボックはどうしても
敬遠しがちだったんですが、コレは美味しい!
白ビールのアイスボックだから、普通のビールに比べて
飲みやすいんでしょうか…?


肝心のアルコール度数は
オドロキの12%!!(゚Д゚)


こんなモンをガンガン飲んだら
間違いなく酩酊、いやきっと
酩☆酊しそうですね

ですんで

時間をかけてゆっくりと飲むなら、とっても
オススメできるビールです






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:39  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/354-bbaabd83

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |