2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.09.25 (Fri)

香川県人、うどんを打つ フィッシャーズ・ピルスナー/ネッカーミュラー・ヴァイセ

おばんでございます


前回はオクトーバーフェストへ行った時の
模様
をお伝えしました


実はそれよりも前に書いていた記事があって
ちょっと時間が前後してしまうのですが…


ナイスなネタに加えて
ナイスなビールを飲んだので
その記事をアップすることにします


記事を書いたのはマルタから帰ってきた直後、
自宅で平穏に過ごしていたものの


eb725022a3d60c6c80495e74f323cd7b.png


だったんです…





でもよく考えれば文字通り

みで

だから休暇なんですね


仕事をして、そしてまとまった休みをもらえて
それで休んでたらヒマだなんて言ってたら
怒られてしまいそうですが




そんな折に、芸大で一緒に学んだ
テノールのK君が遊びに来てくれました!!


IMG_3347.jpg

彼とオペラ座の前にて。
後ろに見えるマクシミリアン王の銅像と同じポーズを
したのにも関わらず、銅像は見きれて
しかも逆光という


彼とは同い年。
18の大学受験の頃から
お互いを知っています


彼は現在ウィーンを起点に活動してますが
今年の夏はザルツブルク音楽祭で歌って
その帰りにミュンヘンまで来てくれたんですね



そんなZ氏は香川県出身。

そして香川県といえばうどん

Googleで「香川県」と入力すると
「天気」の次には「うどん」
出てくるのをご存知ですか!??


どうやら香川県ではうどん打ちを
小学校で習うらしいですが(うそです)



ミュンヘンでも地の利?を遺憾なく発揮し
美味しいうどんを打ってくれました

IMG_4145.jpg

うどん打ちその1。
水を粉を混ぜたものをで踏みます


IMG_4144.jpg

うどん打ちその2。
根気よく踏み続けて、こういう
球体を作り上げます


そして愛しい我が子の様に愛着の湧いた球体を
3時間ほど寝かせまして…


IMG_4149.jpg

うどん打ちその3。

綿棒で生地を入念に伸ばして…

(え、後ろにいる人が飲んでて手伝ってない?)


IMG_4151.jpg

うどん打ちその4。

延ばした生地をたたみ、まな板を定規代わりに
うどんの太さに切りそろえます


それを茹で、ねぎ・しょうが・大根おろしと
だし醤油を上からかければ・・・


IMG_4152.jpg

完成!!


よく讃岐うどんを食べた人が
「コシがある!」なーんて言いますが

そうか、これが、か!(゚д゚)ウマー
なーんて唸ってしまうほどに
コシのある美味しいうどんでした


ぞえ、どうもありがとう!


…それでですね

今日のビールの方はというと
もちろん!彼が持ってきてくれたビールを
紹介したかったんですが


どちらもこれまでにブログで
書いた事のあるものだったので…∑(゚Д゚)ガーン


ちなみに彼のお土産は
コレ(Die Weisse)コレ(Stiegl)でした


かねてから冷蔵庫でキンキンに冷えていた
頂きものをご紹介します!

ミュンヘン日本語キリスト教会で一緒の
日本人夫妻Hさんからもらったんですが
奥様は奈良出身
旦那さんは広島カープファン
そしてK君は香川出身


全部「西」関連という事で、ね?


「お前、西をなめんな」って声が
(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい




で、今日のビールです。


フィッシャーズ・ピルスナー
Fischer's Pilsner

ビール研究会賛助会員H夫妻より進呈

IMG_1557.jpg


このビールを醸造しているメッシンゲン醸造所は
シュトゥットガルトの南約50キロに位置する
メッシンゲンという街にあります。


IMG_1558.jpg


美しい黄金色。
ピルスナーにしては麦の香りが強いです。
味わいはキリリと辛口。後味に麦の香りと
草原のようなホップの香りが残ります。

シュトゥットガルト辺りのビールの特色として
ピルスナーがかなり麦感が強い、
ってのがありますね。







ネッカーミュラー・ヴァイセ
Neckarmueller Weisse

ビール研究会賛助会員H夫妻より進呈

IMG_1575.jpg

こちらはシュトゥットガルトから南に20キロ、
テュービンゲンという街にある醸造所です。

ここいらの醸造所、色々と調べてみたんですが
みーんな具体的な設立年が書いてないんですよね

ビールよりもワインという土地柄も
関係している気がしないでもないですな


IMG_1576.jpg


オレンジがかった明るい黄色、
ヴァイツェンにしては炭酸弱めか?
爽やかなトロピカルな香り(バナナ+α?)
味はやや甘め、まろやかな飲み口
バナナの香りが鼻に残ります


ここ(バーデン・ヴュルテンベルク州)の
ビールを飲んでいると、3年前に
シュトゥットガルトでビール屋巡りをした
のを
思い出します


所変われば品変わる。
まさにビールも然り、です!






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:05  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/377-aad41121

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |