2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.10.23 (Fri)

深まる謎:350mlと355mlの違い カス・フレッシュ/ハイト・ペールラガー 

おばんでございます


ミュンヘンはどんどん秋深まり
寒くなってきて暖房をつけ始めていますが
みなさんいかがお過ごしでしょうかね?


さて。


ここん所のブログを読み返してみるに

ここ数回の記事がいただき物ばっかり
構成されているのに気づいてしまいました


ビールを進呈してくださった皆さん、
改めまして本当にありがとうございます


…とまぁ、これもいい機会ですし

いただき物を一気に紹介してしまう事に
してしまいましょうか


そういう訳で今日のビールは、
以前にもご紹介した韓国人同僚が
お土産で持ってきてくれたビールです。


ここでふと気がついたんですが


韓国の缶ビールって355mlなんですね!

IMG_1624a.jpg


日本のビールは350mlが主体。

IMG_1626.jpg



ここドイツをはじめとするヨーロッパの
小瓶サイズは多くが330ml


はて…?と思って色々と調べてみたら


アメリカの液量の単位・オンス(≒29,573ml)に
起因しているみたいです。

12オンスというのが缶ビールのスタンダードだそうで
その量が約355ml

(アメリカのビールも主に355mlだそうです

ヨーロッパの方は単純に3分の1リットル、だそう。

でも日本のビール缶がなぜ355mlでなくて
350mlなのかに関してはなーんも記載がないんです

IMG_1623.jpg

確かに、日本の350ml缶(左、このビールは後日公開予定)と
比べるとほーんの少しだけ、韓国のビール缶(右)が
大きいのがわかります


いくつかのビール好きな方のブログを読むに
「日本人がキリの良い数字が好きだから」
なんて書いてる方がいらっしゃいましたが
もしかしたら本当にそうかもしれませんね

このブログをお読みの方で、もしご存知な方がいたら
是非教えてくださーい!


で、今日のビールです。


カス・フレッシュ
Cass Fresh

ビール研究会韓国支部Q.H.氏より寄贈

IMG_1613.jpg

このビールは以前ご紹介した韓国の
OBビールという醸造所の製品です。


IMG_1614.jpg


やや濃い目の黄金色、泡持ちが非常に弱いのが
みんな気づきそうなポイントでしょうか。
軽い麦の香り、非常に軽い飲み口。
甘辛のバランスがとても良く、飲みやすいですが
なんだか発泡酒みたいな味わい、とも。







ハイト・ペールラガー
Hite Pale Lager

ビール研究会韓国支部Q.H.氏より寄贈

IMG_1621.jpg

こちらも同じく以前ご紹介した
韓国の醸造所
の1つ、ハイトビールの
もう1つの銘柄です。


IMG_1622.jpg


美しい黄金色、甘い麦の香り。
味はやや辛口。アルコール度が4,3%との事もあってか
スイスイと飲みやすいです。
後味も麦の香りが少し。


日本のビールに比べると、さらに軽い飲み口が
好まれているのだろうかという気がします

それにしても

今フッと思いついたんですが
355mlで売るよりは、350mlで売れば
そりゃぁ利益になりますよね…ゴホゴホ






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
19:24  |  ビール・韓国KR  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/381-e737f91d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |