2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.11.22 (Sun)

ドイツでの環境保護への取り組みと賞味期限が迫るビール ハーケ・ベック・ピルス/フュルステンベルク・プレミアム・ピルスナー

おばんでございます


先日、とても仲良くしている韓国人同僚から
「こんなんをお店で見つけた!!!」と


IMG_1652.jpg
「太郎・ぶつ切り」


こんな写真が送られてきて


すかさず

IMG_1653.jpg
「太郎の唐揚げ」

こういう写真を送り返す…


などとおバカな事をやっている今日この頃ですが
読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか



さて、週末だしゆっくりとブログでも更新しようかと
酒蔵をゴソゴソしていたら


IMG_1656.jpg

賞味期限が近づきつつあるビールを発見!


奇遇な事に今回はそれが二つとも缶ビール

なので今日はドイツのリサイクルについて
お話ししましょうかね


up-willkbild-u-087-u-uhh-sukhina-u-630x300.jpg


環境問題にとても敏感なドイツでは、ビールなどの
瓶・缶・ペットボトルなど再利用される物には全て
プファンドpfand(デポジット)
科せられています。


要するに、こうすればケチなお金にシビアで
環境保護とかに敏感なドイツ人たちは
デポジット代を取り戻そうと、飲み終わった瓶や缶を
お店にきちんと返却する訳です。

「それを すてるなんて とんでもない!」

…精神、とでも申しましょうか(わかりますかね?)


それが功を奏し、街中でペットボトルや缶が
ポイ捨てされている…みたいや光景は
ほっとんど見られません。
これは本当に(・∀・)イイ!!事です


このプファンド代金、
ビール瓶は一本につき8セントなんですが

缶とペットボトルはなんと25セント!なんです
(゚Д゚)ヒトザイサンー



IMG_1659.jpgIMG_1660.jpg



今回の記事でご紹介する缶、それぞれに
描かれている「デポジット」のマーク。
(バーコードの上のマークがソレです)


飲み終わったらこれをスーパーに持って行って…
(必ずしも買ったのと同じ場所で返却しなければ
ならない、という事はないみたいです)


3014890967_1_5_oEV7bgbK.jpg

こういうマシーンが置いてあるので、そこに缶を投入。
一つ一つカウントされていきます

Fotolia_58135980_S.jpg

そして全ての缶や瓶を返し終わったら
横のボタンをポチッとな。


そうしたらレシートが出てきて、それをレジで会計時に提示して
その分が会計分からマイナスされる、というシステムです。


ちなみにビールは、ケースごと返す事ができるマシーンもあって
(上の写真の機械の下の部分がソレです)
ケース分のデポジット(大体1,5ユーロ程度)を計算し
それプラス中の瓶の数をカウントしてくれます。
これってなかなか凄い技術ですよね



僕は基本的に「ビバ!日本!(・∀・)!!」な人間なのですが
日本を離れてみて初めて気がつく日本の良さ…でしょうね)
瓶缶ペットボトルのデポジット・システムに関しては
ドイツって凄いなぁ、と思います。

もちろん機械の導入とか整備とか色々問題はあるでしょうが
日本でもこのシステム、導入されたりしないのかな?
…なーんて夢見たりしています


そんな感じで夢見つつ、賞味期限切れ間近の
ビールを現実的に飲む事にしましょうか(笑)


で、今日のビールです。


ハーケ・ベック・ピルス
Haake Beck Pils

ブレーメンのスーパーで1ユーロ位だったと思う也

IMG_1654.jpg


この醸造所は以前この記事でご紹介しましたので
詳細はそちらをご参照くださいね


IMG_1655.jpg


淡い黄金色、強い麦の香りプラス軽いフルーティな香り。
味はかなり苦め。後味までしっかりと苦く、
いかにも北のピルスナー!という味です





フュルステンベルク・プレミアム・ピルスナー
Fuerstenberg Premium Pilsner

バーデン・バーデンのスーパーで80セント位だったと思う也

IMG_1658.jpg

この醸造所は、バーデン・ビュルテンベルク州にある
ドナウエッシンゲンという街にある醸造所で
創業はなんと1283年

1900年代前半は客船や長距離列車、またルフトハンザなどで
広く提供されていたそうで
かなりインターナショナルなブランドだったみたいです。


IMG_1661.jpg

美しい黄金色、麦の香りに加えて少しだけ
オフフレーバーを感じます。
これはビールが古くなってしまったためかもしれません
炭酸が強いです。泡持ちはそうでもないんですけれど
味は辛口、甘味はほぼ感じません。
後味は麦の香りが少しだけ。


とにもかくにも、せっかく購入したビールは
賞味期限には余裕を持って消費するように
努める事にします…






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
23:33  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/384-983ee98c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |