2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.12.26 (Sat)

鼻風邪に宝箱、そしてクリスマス シアリンガー・ピルス/ビショッフスホーフ・レーゲンスブルガー・プレミアム

おばんでございます


うーむ、またもご無沙汰してしまいました


前回の更新でも一瞬触れました

今年の12月は本当に忙しかったんです


もちろん色々な所で歌わせて頂けるわけですから
心から感謝しているわけではありますけれど



毎週末の演奏会に加えて、ちょっとばかり
鼻風邪をひいてめちゃめちゃナーバスに


その流れの中

バッハ「クリスマス・オラトリオ」の
1・4・5・6番を当日ゲーペー&本番
歌わなければならなかったのと
(↑スミマセン、同業者にしか通じませんね

24日の深夜ミサ(就寝時刻:25時半)そして
25日早朝ミサ(起床時刻:5時45分)というのは

精神的にかなりクルものがありました(゚Д゚)


4時間睡眠で早朝にソロを歌うのは
楽しめたモンではありませんよね、やっぱり


でも!一クリスチャンとして、クリスマスという
大切な時期のミサや演奏会に数多く携われるというのは
とっても感慨深いものでした


…考えてみたら、なんかこーんな感じの事を
毎年書いているみたいな気もしますが


歌手ならではの年末の風物詩、でしょうか



さてさて。

更新が滞っている中で増えていくネタの中から
ちょっとづつでも書いていく事にしましょう


IMG_1684 2

先日、レーゲンスブルクで「メサイア」を
歌った際にふと立ち寄ったスーパーで



IMG_1695.jpg


「レーゲンスブルク醸造所
ビール詰め合わせ」

(正式名称は『レーゲンスブルク宝箱』!)

…という、なんともこのブログのためにあるかのような
商品を発見、即購入してきました(`・ω・´)キリッ


IMG_1696.jpg


レーゲンスブルク周辺にある醸造所の銘柄8つと
地元の人がこよなく愛する「クナイティンガー」の
グラスがセットになっています

IMG_1698.jpg


クナイティンガーも以前レーゲンスブルクへ
醸造所巡礼した際にご紹介
しましたね…



この中の幾つかの銘柄は以前取り上げましたが
有名な銘柄はわざと王道を外したチョイス
(例えば『ヘレス』でなく『ボック』のような)
色んな意味でありがたい限り(笑)



今日はこの中から2銘柄、お届けします



で、今日のビールです。


シアリンガー・ピルス
Schierlinger Pils

レーゲンスブルク宝箱の中の一本

IMG_1699.jpg

シュペツィアール・ブラウエライ・シアリング
(シアリング特別醸造所)は1834年創業。
レーゲンスブルクから南に15キロほど
行った所にあります。


IMG_1700.jpg

レモンがかった黄色、ハラタウ・ホップの香り。
締まった辛口ですがいかにもバイエルンらしい
麦感の強いピルスナーといった感じ。
辛口なミュンヒナー・ヘレスとも言えます。







ビショッフスホーフ・レーゲンスブルガー・プレミアム
Bischofshof Regensburger Premium

レーゲンスブルク宝箱の中の一本


IMG_1701.jpg

ビショッフスホーフ醸造所は以前当ブログでも
取り上げました


前回はツォイグル(ケラービーア系)、
今回の一本はスタンダードなヘレス系です。


IMG_1702.jpg

美しい黄金色、フルーティなホップの香り、
甘辛のバランスがとての良いです。美味!
ボヘミアン・ピルスナー感もあります。
後味は心地よい苦味が長く残ります。






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:18  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/386-fca440e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |