2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.11.02 (Wed)

テノール歌手、免許を取る・(2) ファウスト・エクスポート・ウアヘル/アルコブロイ・モーザー・リーズル

おばんでございます


シリーズで続いております

テノール歌手、免許を取る。

第2話です。お話を続けましょう


前回はErste-Hilfe-Kurse
(エルステ・ヒルフェ・クルセ: 救急講習会)に
参加しなくてはならない事がわかった所でしたが


行ってきました、救急講習会


b-dlrg-240716.jpg


教習所でもらったインフォメーションの紙には
ミュンヘン中央駅とか、ミュンヘン西駅とか
とても交通の便の良い所で講習会があると
書かれています。


…にしても開催時間を見てみると


09:00 - 16:30

とか

14:00 - 21:30

とか


講習会が7時間半になってるんですけど
これって間違いじゃないですよね(゚Д゚)


IMG_1774.jpg


いやでもきっと休憩時間が充分にあったり
少し早目に終わりになったりするんだろうなぁ


…そう思っていた時期が私にもありました







結論から言いますと


地獄でした(゚Д゚)


IMG_2245.jpg

ちょうど時間が合ったので選んだ受講場所は
ミュンヘン西駅のすぐ近く。


IMG_2244.jpg

なんだかちょっとアレな薄暗い
教室の中です。



7時間半の間、休憩は15分2回のみ。

後はぜーーーんぶ講義と実習でした



講義の内容は確かにまぁ、充実していて
ためになる事ではあったんですが


担当の先生が驚異的に早く喋る人で
しかも下らないあまり重要でない世間話の合間に
突然質問を挟んできたりするので

なんだか常に気を抜けない状態で
本当に疲れました


もちろんこれは先生の合う・合わないの問題でもあるので
今回は単にツイてなかった、というとこでしょうか



とにもかくにも!


IMG_2247.jpg

講習会を無事終えてゲットした修了証明書は
まさに値・千・金(゚Д゚)オウゴソー


これプラス、講習会の合間に行われた視力検査の結果を添え
市役所で申請の手続きをしてきました


これでようやく、教習所通いが始まるんです。。。


次回につづく!



で、今日のビールです。


ファウスト・エクスポート・ウアヘル
Faust Export Urhell

AschaffenburgのYormasにて1,7ユーロ也

IMG_2277.jpg

ヴュルツブルグから西に50キロ程度、
バイエルン州とヘッセン州の境目にある
ミルツベルクという街のファウスト醸造所は1875年創業。


2016年はベストオブクラフトビールinドイツ
…に選出されたみたいです


色はから直接飲んだため不明。
豊かな麦の香り、
やや辛口でボディは重め。
後味はホップの香り
とても美味しいビールだけど、この手のは
飲み過ぎると二日酔いになりやすいかな…?





アルコブロイ・モーザー・リーズル
Arcobraeu Mosser Liesl

AschaffenburgのYormasにて1,7ユーロ也


IMG_2313.jpg

ミュンヘンから北東に100キロ、チェコ国境付近の
モースという名前の小さな村にある醸造所で
1567年にはここで醸造を行っていたそうです。


IMG_2314.jpg

美しい黄金色、泡持ちがやや弱めです。
香りは麦に加えて植物系の爽やかな香り。
味はヘレスにしては辛口、後味も甘みと
あいまってとても心地よいです。


ではでは、次回はようやく通い始めた
教習所の様子をレポートします






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:57  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/415-56482141

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |