2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.11.21 (Mon)

テノール歌手、免許を取る(4) プロッセルブロイ・バイエリッシュ・ドゥンケル/シュピタール・ヴァイツェン

おばんでございます


シリーズ

テノール歌手、免許を取る。

もう4回目です!いってみましょう



今回は免許を取るにあたって一番肝要な

技能講習です!


日本の教習所では立派な箱庭コースがあって
まず「仮免」を目指して、公道に出る前に
きちんとトレーニングができますが・・・


img_mainphoto01.jpg


ドイツにはそういうのがないので

初回講習から容赦なく公道です(゚Д゚)



IMG_2271.jpg

教習車のゴルフ君。
ドイツらしくフォルクスワーゲンです。
(ちなみにドイツ語では『〜ヴァーゲン』といいます)

そしてガソリン車ではなく
今めっちゃ話題のディーゼル車なのです。



abgasskandal.jpg



排ガススキャンダル



…という言葉が幾度となく頭をよぎります(´・ω・`)


教官の席(要は助手席)には運転席と同じく
アクセル・ブレーキ・クラッチがついています。
日本も同じだったですかね?


syanai.jpg

教習車一例。写真はアウディですが
フォルクスワーゲンもほとんど同じです。



第一回目の講習は教官の運転で
ほとんど車が通らない道に連れて行ってもらい
そこで車について色々な説明を受けます。


アクセルが右、ブレーキは真ん中、クラッチは左…


てかぜーんぜん知らなかったんですが
今の教習車って
サイドブレーキがないんですね(゚Д゚)

ギア脇のボタンをポチッとするのみ。

ワイパーもライトも全自動
もしエンストしてもクラッチをもう一度踏み込めば
エンジンが自動でかかるんです


ひょっとしてコレって常識…?

にしても技術の進歩って凄いなぁ



pascher4.jpg


で、

説明を一通り終えると選手交代。


はいじゃー運転席に座ってー

はーいゆっくりクラッチをつないでー

速度上がってきたらクラッチ切って2速ー


…このプロセスは間違いなく世界共通でしょうね、
なので詳細は割愛!


ちなみにドイツ語では「クラッチをつなぐ」というのを
「クラッチを来させる(来るにまかせる)」と言います。
Kupplung kommen lassen
クップルング コンメンラッセン。

個人的に「最もドイツ語っぽい」表現の
1つではないかと思うんですが…どうでしょう?


で、その道で1速〜3速くらいまで練習し
ハンドルの切り方を練習します。
それが大体30〜45分くらい。


練習した道は全長7〜8キロのながーい田舎道で
その終わりと始まりがロータリーになっているので
バックできない初心者が練習するには
うってつけの道でした


8064140.png


一連の動作がスムーズになってきたら
そのまま交通量の多い道に入り
教習所まで帰ってきましたが


むむむ、運転、けっこう楽しい…?


この調子でスムーズに先に進んで欲しいものです



で、今日のビールです。



プロッセルブロイ・バイエリッシュ・ドゥンケル
Proesslbraeu Bayerisch Dunkel

レーゲンスブルク宝箱の中の一本

IMG_2340.jpg


プロッセル醸造所はミュンヘンの北東約100キロ
レーゲンスブルクという街にある醸造所です。
創業は1838年。


去年レーゲンスブルクでコンサートがあった時に
お土産で購入してきた「レーゲンスブルク宝箱」

中に入っていた一本です。


IMG_2341.jpg


濃いめの焦げ茶色、炭酸がやや強めです。
カラメル香に加えてレーズンの様な香りがします。
味はやや甘め、でも甘ったるい感じは一切なく
とても飲みやすいです。
後味は軽く甘い香りが残ります。
まるで菓子パンを「飲んで」いるみたい。美味!!





シュピタール・ヴァイツェン
Spital Weizen

レーゲンスブルク宝箱の中の一本


IMG_2342.jpg

シュピタール醸造所もレーゲンスブルクに
ある醸造所ですがココは以前、レーゲンスブルクへ
聖地巡礼した際に訪れた所
です。
にしてもあれからもう3年半も経つのか…


IMG_2343.jpg

白ビールらしい、オレンジがかった黄色。
桃・梨系のフルーティな香りがします。
泡持ちはやや弱め。
味は甘辛バランスの良い味。いや、心持ち甘め?
後味はとても軽いです。


ではでは、また次回に続きます!






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:10  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/417-f1a95d6c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |