2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.01.09 (Sun)

ずーーーっと飲んでみたかったもの フリュー・ケルシュ

おばんでございます

昨日ご紹介した「北ドイツからの宿題」、あの中にはいくつか
そこまで北でもないビールが混ざっていまして…

それの一つが、フランスとの国境に近い街、ケルンより
その名も「ケルシュKoelsch」というジャンルのビール

ケルンと言えば例の大聖堂が有名ですが、このフリュー醸造所は
その目の前に店を構える、由緒正しき?醸造所なんです


てか、そもそも「ケルシュとは何ぞや?」という話ですよね


ケルシュとは、ケルン内の指定された地域でのみ醸造されているビールで
醸造過程で発酵させる温度が比較的低めなので、上面発酵ながらもとても澄んだ、
ラガービールに近い姿形のものが出来上がるみたいなんです
んでもって上面発酵のフルーティさとか、香りの豊かさ、幅広さみたいなのも
ご丁寧に兼ね備えているみたいでして…

そしてこの「ご当地感」みたいなのは正にボルドーとかシャンパンみたいな感じで
ワイン等の概念に非常に近いですね


…ちなみにこの「地方」の定義は、ビール純粋法に定められているそうで


なかなか厳格な!と思いつつ、「ご当地!」みたいな響きに触発されて
ご当地ポッキーとかじゃがりこをついつい購入してしまうのは
きっと僕だけぢゃありませんよね?(笑)



ちなみにケルシュというビールはこれまでも何度か耳にしていたんですが
この具体的な情報を知ってしまってからは、まぁーソレが


飲みたくて飲みたくて


割と一生懸命探していたんですが
オーストリアとか、南ドイツでは売っていなかったんですよ…


なので先月ハンブルクのスーパーで見つけた時、目を丸くして


「うっわーフリューだ!ケルシュだーー」


割と大きな声ではしゃいでしまい、店員さんに怪訝な顔をされた思い出は
ハンブルクのエルベ河深くに沈めつつ、瓶と一緒にザルツブルクに戻ってきました


いやがおうにも期待が高まります
さてさて、初・ケルシュ、どうなるでしょうか…いってみましょう!



で、今日のビールです。


フリュー・ケルシュ
Frueh Koelsch

EDEKAにて0,95ユーロ(≒102円)也

Frueh Koelsch01

美しい黄金色。てかこれが上面発酵というのは信じられない…
炭酸はやや弱め、泡もちは中庸。

Frueh Koelsch02

ひっじょーーに複雑な香りがします
麦のアルコールっぽい匂いが少しと、フルーティというより
フローラルな香り。それに酵母の香りが少し(発酵食品独特のアレです)。

味は心持ち苦めだけど苦すぎる訳でもなく、かといって甘いわけでもない。複雑!
まろやかなんだけど「いやね、俺ビールですから」という感じで主張してきます
でもボディ自体は全く重たくないので、かなりすんなりと入ってきます。

後味は豊かな麦。でもラガービールとも残り方が違うのが面白いです


いやー、美味しいです
…と言ってもビールらしい美味しさとも違う感じで
(かけつけ一杯をグーーっと飲んで『んんんんまい』みたいな感じでないって事です)
ああ、深いな、おいしいな、って感じです。
ワインを味わってる時の感覚に近いかな…?

でも、決して敷居が高いとか、そんな事はなくて
何も考えないでかけつけ一杯とか、最初の乾杯とか、ダラダラと飲み続けても
ぜーーんぜん違和感はないと思います…

この複雑さの割に、なんつーかこう、このとっつき易さと言いましょうか

言ってみれば今旬の


池上彰の学べるニュース


的な感じでしょうか…


そういえば故・井上ひさしさんは

むずかしいことをやさしく。 

やさしいことを深く。

深いことを愉快に。



なーんて仰ってましたねー。
このブログも是非是非、それを実行していきたいものです



おまけ:なかなかセンスの良い、フリューの広告。

62_Du_sollst_nicht_luegen.jpg

ケルンの飲み屋において、このビールは200mlの小さなグラスで「のみ」提供され
しかもそれが「わんこそば」状態で出てくるらしいので
もう要らんって時はこうやってコースターでフタをするんですが


"Du sollst nicht luegen." 「ウソつくな」 (←注:絵文字は脳内変換による)

だそうです(笑)

わんこビール屋、行ってみたいなー…(遠い目)



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
22:45  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/52-3dc2c077

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |