2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.01.30 (Sun)

宗教改革の傍らでルターも愛したもの アインベッカー・ウアボック・ドゥンケル Einbecker Urbock Dunkel

おばんでございます

先日勝手に自分の中で始めた「ボックビール・フェア」、
「ボックビール」という種類のビールを紹介していく設定だったんでしたが


バリ忘れてました(゚Д゚)


…すみません
普通に普通のビールを紹介していましたね

なので今日は、その罪滅ぼしに…って訳でもないんですが
何事もなかったかの様に引き続きボックビールを紹介させてもらいます


ボックビール?という方はコチラどうぞ!


さて、今日のビールは「アインベッカー」。
ドイツのど真ん中(のちょっと北寄り)、ゲッティンゲンの近くにある街が本拠地です

ここのビールは昔から非常に評判が良く、それが南に伝わって行く中で
アインベッカーの「ベッカー」の部分が訛り
「ボック」に変わって、「ボックビール」のカテゴリーが確立したそうです


いやね、それだけでも凄いんですけれども

まだあるんですよ、もっと凄い事が(゚Д゚)


そんな「ボックビール」の祖、「アインベック醸造所」。
ここの醸造所の創業は1378年!
この歴史の中でも特筆すべきなのが、この醸造所・このビールに関しての
ルター(宗教改革を行った人ですね)の記述 日記かな??


"Der beste Trank, den einer kennt, wird Einbecker Bier genannt!"

「最も美味しい飲み物、それはアインベッカー・ビールと呼ばれる!」


この記述が1521年。この年はルターがカトリック教会から破門され、
偽名を用いながら放浪し、プロテスタントの構想を練っていた時期なんですね

(ちなみに彼はこの時期を「精神的な試練であった」と言っているそうです)

そーんな苦しい時期において、このビールが彼を支える一端を担ったのは
マチガイないでしょう!ええ!(断言)


ビール好きの気持ちはちょっとばかしわかりますもんで(笑)


ルター、辛かったんだろうなー・・・
でもこのビールを飲んでる時は、少なくともストレスから解放されたんだろうなー

そんな感じで思いを馳せつついってみましょう


で、今日のビールです。

アインベッカー・ウアボック・ドゥンケル
Einbecker Urbock Dunkel

EDEKAにて69セント(≒77円)也

Einbecker Urbock Dunkel01

色は美しい琥珀色、または紅茶の色。
炭酸はやや弱め、泡もちも弱めです。

Einbecker Urbock Dunkel02

そして香りが、これが、ねぇ!とても幅広い
まず感じたのは乳酸菌の香り。そしてやや強めのアルコールの香り、
後は甘いナンラカの香りなんですが、それがわからない…(これまたすんません)
砂糖でもカラメルでも黒糖でもない、一体なんなんだろう?という香り…


僕のチープな鼻ではわかんないんです(涙)


そして味はやっぱり、甘めです。
でもそこまで強すぎる訳でもなく、やや強めのアルコール(6,9%)と
うまくバランスを保っている感じがします。

後味は舌の上に甘みが少し残って、後は麦の香りが鼻を抜けます


いやはや、色んなウンチクはちょーっと、ウザい感がありますけど
こういう歴史を知ってしまうと、また味わいが変わってきますよね・・・

考えてみれば、ルターが宗教改革を行って、ドイツ語の聖書を作ってくれてなければ

バッハのカンタータだってなかったかも

なんて恐ろしい事まで想像できてしまう訳です


ま、そういう意味でも、このビールには星4,5あげましょう!

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
17:46  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/68-328487d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |