2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.02.15 (Tue)

樽生神話、崩れる ディー・ヴァイセ・オリギナール

おばんでございます

久々の2日連続更新です

いやね、決して、

ドラクエ5を一通りクリアしてしまったから

なーんて訳ではないです、はい。全くもって恐らく。ややもすると。事によっては…


ま、その流れですね、適宜更新を怠ったのもありまして
ネタは一応、溜まっているんです

なので今日はそこからのご紹介
昨日はドイツの居酒屋でしたんで、今日はおらが村オーストリア・ザルツブルクより
ディー・ヴァイセ醸造所Die Weisse Brauereiのビールを

die weisse
お店のカンバンの一つで、コースターにもなっています。
ちょっとカワイイ・・・

お店の広告もなかなかオシャレなんですよ

weisse_guckloch_web.jpg

2~4月の催し物です。


この醸造所は、ザルツブルク市街に居酒屋を経営していて
そこのゴハンがなかなか美味しいもので(ザルツブルクにしては珍しく…
何か事ある度に、足を運んでいたのですが。

殊に日本からのお客さんで、ここに強制連こ…もとい和気あいあいと
僕と一緒に訪れた方は少なくないハズです


で、今日のビールです。


ディー・ヴァイセ・オリギナール
Die Weisse Original

Die Weisse Wirtshausにて3,8ユーロ(≒431円)也

いつ頃からでしょうか、人が「樽生がいかなる時も一番」と言う様になったのは・・・

ここの醸造所は、名前をヴァイセ(Weisse:独 『白』)というだけあって
ほぼ白ビールのみを作っていらっしゃるんですが。

んで、当然「樽生」がメニューに載ってる訳ですよ。
そして「瓶」てのもある。しかもその方が20セント高い。

それなら樽生を頼むに決まってるだろ(゚Д゚)ゴルァ!

って、いーーっつも思ってたんです。はい、前回までは。。。

で、思いつきで頼んでみたんです、瓶の方。

Die Weisse original

これが、もうーー!

ぜぜぜぜ全然違う(゚Д゚)

いやー、ホントに。20セント高級なのはダテではないのね…
そういえば、地元のおっちゃん達はいーーーっつも、瓶から飲んでたし

どうやら樽生に比べ、瓶詰めされてから数日間瓶の中で熟成が進むために
ふくよかで味わい深い、幅広いものに仕上がるそうなんだそうですが


みみみみんな、騙されちゃダメだ!「樽生神話」に・・・(笑)


スタイル: 白ビール

原材料:

アルコール度数: 5,2%

比重: 11,9%

色: 黄金色。ちょっとオレンジ寄りかな?泡もオレンジがかってます

香り: とてもフルーティ。でもよくある「バナナ」でなく

桃!桃!!桃!!!

いや、ついつい「桃桃」騒いじゃう桃々しさ本当にそうなんですよー!!
コレは、本当に珍しい!!!そして本当にいい香り

炭酸&泡: やや強め/中庸

味: 香りでガツンとフルーティな割に、そこまで甘ったるくありません。
むしろホップの苦味でよく引き締められている感じ。乳酸菌の味も、なかなかです

ボディ: ライトミドル

後味: 基本的にドライで、少なめ。
桃ではないけど、フルーティな香りが残る。

何に合わせる?: 普通にゴハンのお供に(洋食がいいかな?)食前酒でもOK


全体評価:★★★★★ (満点は★5つ)

またやっちまいました、星5つです…

だって桃、好きなんですもの(涙)

「樽生神話」も崩れた事ですし。。。

でも次回からはちょーっと、引き締めて参ります!!



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
18:12  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■フェラガモ 靴

今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^
フェラガモ 靴 |  2013.07.26(金) 08:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/75-7fa8f7b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |