2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.02.17 (Thu)

電車の座席論 ヴァールシュタイナー・プレミアム・ヴェールム

おばんでございます


ここ1・2ヶ月、ミュンヘンまで日帰りで行く事が増えてきたんですが

ザルツブルク⇔ミュンヘンは電車で片道2時間。
日帰りで往復となると4時間程度、電車の中で過ごす訳です

で、行きは用事がありますんで昼間っから酒かっ食らったりはNGですけど
当然、帰りは…ムフフな訳です。


何が言いたいのかと言うと

酒飲んでると時間過ぎるのが早い

…とかそんな事を言おうとしているのではなく(もちろんそれもあるけど)

座席の選択が快適に過ごすネック

って事なんですよ。

僕は個人的に電車の中では向かい合った人とかと仲良くなる、とかあんまりなくて
できればそっとしておいて派なんですが
(話しかけられたらまぁ、愛想笑いをしつつ無理して世間話しますけど…)

でも日本人が1人、長距離電車に座って、楽譜なんか読みながら
その上ビールまで飲んでたら、そりゃー話しかけられる率が
飛躍的に上がってしまう訳です。。。


で、どうするかといいますと


まず、電車は2階建ての、新型車両を選択する。(時刻表を見ましょう

んでもって、2階に行く。

座席は2・2配置でズラーーっと並んでいます

zug01.jpg

その中、例外的にある、列の始まりと終わりの

1人掛けの座席をゲットする(←ここ重要なので赤文字にしました)

zug03.jpg

このボケボケの写真で、わかりますかね?
2・2、2・2、2・2…と来た座席が車両の終わりの方になると1・1になるんです

ただポイントとして、この電車は日本の電車のよーに
都合よく座席が回転したりしないので

進行方向を向ける座席を選ぶ
1人掛けの内1つは優先席なので、それは外す

そして最後は自分の城を完成させる

zug02.jpg

これで2時間の旅もなんのその!です


実はこれら全ての条件に該当する席は、1つの車両に1つか2つです
なかなかの競争率でしょ?

実際、この席は「お一人様」に人気のある座席のようでして、通勤時間帯ともなると


お父さん達の熾烈な1人掛け席争奪戦が行われます


出発15分前には、間違いなくこの1人掛けは埋まります
後から来たお父さんはこの席が埋まっているのをみて「チッ」と舌打ちし
前の車両へと、1人掛けを求めて彷徨います

この座席のために僕は20~30分は時間をみていきます…

フフフ、ビールを快適に飲むためにはこの位の苦労など厭わないさ

・・・という感じで、今日は電車の座席論、でした


で、(忘れてた…)今日のビールです。

Warsteiner premium verum
ヴァールシュタイナー・プレミアム・ヴェールム

ミュンヘン中央駅キオスクにて1,20ユーロ(≒円)也

ドイツのやや北西に位置するヴァールシュタイナー社は、1753年創業。
スポーツのスポンサーとして、またルフトハンザ航空に乗ると出てくるビールです


Warsteiner.jpg

色は前回と同じく、ビンから直接飲んだため不明
炭酸は少し強目、泡もちは上記の理由により同じく不明(ごめんなさい)

香りはモルティー、加えてホップの香りが少し。

味はちょっと甘めのピルスナーといった感じで、
ミュンヘンのヘレスとはちょーっと違いますね。
軽目のミドルボディ、日本でもよくありそうなビールの味だと思います。

後味は麦の味がタップリと残ります。
ただ、キオスクの冷蔵庫の冷え具合がイマイチで
「冷たくはないかなー」位の温度で飲んだので
ちょっとだけ重た目に感じたのはそこにも原因があるかもしれません。

うん、これといって必要以上に褒め称えたりこき下ろしたりする必要のない、
このブログでお馴染み「優等生ビール」ってトコでしょうか…


とっても美味しいですしね、ルフトハンザが「顔」として選択したのも頷ける気がします。

全体評価:★★★★ (満点は★5つ)





人気ブログランキングへ






スポンサーサイト
18:48  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■へ~!

ルフトハンザ、ってこのビールだっけ!?
こんなのウチで見たことない瓶だなぁ~とおもったら、
電車で一人でコッソリ飲んだのねv-17
電車特集、オモシロかったよv-235
mayumi |  2011.02.18(金) 00:08 |  URL |  【コメント編集】

■つ

LH、このビールですv-275
でも「こっそり」でなく「堂々と」飲んでますのでご心配なくv-398エッヘン

近い将来、常磐線中距離列車のお父さん達の仲間入りも可能か…?v-404
TTT |  2011.02.18(金) 11:58 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/77-ce3cb906

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |