2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.02.24 (Thu)

これがビールの真髄 アウグスティーナーブロイ・メルツェン・ホントの樽生

おばんでございます

最近「ここぞ!」という銘柄の紹介が続いておりますが
みなさまいかがお過ごしでしょうか??


前回の更新「ついにめぐりあえたもの」に続き、今回も

こここここれは! (゚Д゚)

という物をご紹介できるのを嬉しく思っておりますです…


てのはですね


ずっと前に紹介させていただいた(なんともう4ヶ月も前の話

「おらが国」・「おらが街」でもない、

「おらが通り」ビール

僕の住んでいる通りにあるビアホール、もう数え切れない位通っている
このビアホール&醸造所のビールを、今日は

カメラマン付き

という贅沢な条件の下、襟を正して(!?)潜入取材してきました


今回は写真の質・量ともに良いだけに

ビール購入のチュートリアル

というテーマでお送りしたいと思います



で、今日のビールです。

アウグスティーナーブロイ・メルツェン
Augustinerbraeu Maerzen

Braeusteublにて500ml: 2,9ユーロ(≒328円)也

logo_solo4c.jpg


1621年創業のアウグスティーナーブロイ・クロスター・ミュルン・ザルツブルクは
その「クロスター」という言葉通り、元を辿ると修道院になります。

古くからお坊さんがビールを醸造する、というのはメジャーな事だったんですが
ここもその例にもれず、古くからビールを醸造していた様で…

修道院の一角でビール販売を始めたのがキッカケで、それが口コミでどんどん広まり
現在は1500人収容可能な大ビアホールが鎮座しています


と!カタい事は抜きにしてですね…
先述の通り、今日はこのビアホール・ビール入手の流れをご紹介します


まず、エントランスを入ってホールを進むと
IMGP3589.jpg
こーんな感じで食べもの屋さんが並びます

ココの素晴らしいところは、なんと

「食べ物持込み可」(゚Д゚)

ってトコです 本当に、すっばらすぅぃぃ
(ここで売られている物も、とても美味しいんですけどね)
今日も当然のごとく、手作りピザにソーセージを持ち込んで豪遊しました

豪遊の図(あくまで一例)
IMGP3561.jpg


そしてここがビールを飲む、ホール。いいフンイキです
IMGP3584.jpg


ココは基本、セルフサービス!まずはジョッキを取りに行きます
ジョッキはこういう感じで雑然と並べてあります
IMGP3581.jpg

選択肢は500mlか1リットルのみ
潔いというか、なんというか。。。
初めて訪れたカメラマンの彼は、思わず面食らってました…(笑)

このジョッキをひっつかんで、に向かいます。
…とは言ってもビール湧く泉ではなく、ジョッキを軽く洗って冷やすためのもの
IMGP3568.jpg
※注:筆者です。2杯目なので若干酔っ払っています


そしてお次はレジへ。
IMGP3580.jpg

ココで代金を払って、クーポンを受け取ります

そしていよいよ、樽からついでくれるおっちゃんの所へGO
IMGP3559.jpg

おっちゃんいい味だしてます
注いでもらったらお互い「セアヴァス!Servus!」(ほなねー)と言って別れます。

そしてこれが珠玉の一杯
IMGP3560.jpg

これがマズい訳があろうか。いや、ない!
思わず優雅な反語を用いてしまう、この味わい。。。

伝統の中に生きる素晴らしいビールを、こんなにも身近に感じる事ができる
本当に素晴らしいビアホールだと思います

みなさんももし、ザルツブルクを訪れる機会がありましたら
行ってみてくださいね~満足すること請け合い、です




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
22:22  |  ビール・オーストリアAT  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/79-17b9fb5e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |