2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.05.27 (Fri)

わんこビール ガッフェル・ケルシュ

おばんでございます


ちょっとここ数日、ヤボ用でケルンへ行っておりました

ケルンといえば…ビール好きな方には一発でわかりますよね?


ではご一緒に! はい、せーの



ケルシュ



ですね。うん。間違いないッス



んん?大聖堂?


見本市(メッセ)??



いやいやいやいや、ケルシュには勝てないでしょう(キッパリ)


今回の滞在は道中イロイロあったんで事細かに描写仕りたいトコなんですが
ま、あんまりビール以外の事をダラダラと書いてしまうのもアレなので・・・
今回は大人しくビール関連の描写をさせて頂こうかと思います。ハイ


さて。
親愛なるブログ読者の皆様には

ケルシュって一体何なんじゃゴルァ(゚Д゚)

って方もいらっしゃるかと思います…


ケルシュとは、ケルンでのみ醸造されるビールで
上面発酵ながら、とーってもラガービールに近い味わいを持つビールです

以前このブログでも、ケルシュの瓶ビールはご紹介しましたが(北ドイツに行った際
スーパーで瓶を見つけて、大人なのに大はしゃぎしてしまったものです…
だって飲んでみたかったんだもん。。。)

一応、そこで割と細かくケルシュについて触れておいた気がしなくもないので
細かいケルシュの説明は割愛しますねー


ま、瓶のケルシュもなかなか美味しかったんですが
今回!遂に本場のお店で樽から飲む機会を得た訳でして。。。ムフフ

ケルシュの一番の特徴は、200mlの小さな長細いグラス「のみ」で提供される事。
そして飲み干すちょい手前のタイミングで、新しいグラスが運ばれてきます。


そう、気分は正に「わんこそば」ならぬ「わんこビール」


…これが、イイ!


200mlなんてほーんとに一飲みですが、その分常に冷たい新鮮なビールが出てくるので
気分はもう、最高ですよ!奥さん!




でもですね

飲み口割と軽目、そして「わんこ」状態
スイスイ飲んでしまった結果

ベロベロになりながら結局お店を3軒ハシゴし、


3軒目の店で飲んだ銘柄に関してはなーーーんにも覚えていない始末


(相席したおっちゃん2人とずーーっと喋ってた事だけは覚えてるんですが…
でも一体、何話したんだろう。。。)


でででででででも、3軒目のお店は以前ブログでも紹介した
フリューって店だったんですよ

ええ、そそそりゃもももモチロン意図的、です、よ。。。



言い訳はさておき、頭が充分に働いていた1軒目・2軒目のケルシュを
2日にわたって紹介させて頂きます!



まずは一杯目で、今日のビールです。


ガッフェル・ケルシュ
Gaffel Kölsch

Gaffel-Brauereiausschankにて一杯1,5ユーロ(≒174円)也

Gaffel01.jpg


このガッフェルという醸造所は、ケルシュ・ブランドの最大手です。
今回はそれに敬意を表して、醸造所直営のビアハウスにまず、行ってみました

Gaffel.jpg


ご覧の様に、本当にちっちゃなグラスです

Gaffel02.jpg


キリリと冷えてて新鮮そのもの!


新しいグラスが来る度に、こうやってコースターに一本ずつ線を書いていきます

Gaffel03.jpg


スタイル:ケルシュ

原材料:

アルコール度数: ,%

比重:

色:美しい黄金色

香り:恐らくホップ由来の、甘い香り。
ひょーっとすると麦芽由来かもしれませんが。上面発酵だから、麦芽の香りが
こういう方向に向かってるのかもしれないですね

炭酸&泡: 弱め/やや弱

味:少し甘め。でも非常に「締まっている」甘さ。
恐らくホップ(品種はわからないですけれど)がとても効果的に使われて
いるんだと思います。美味!

ボディ:ミドル

後味: 味や香りとカブってしまうのですが、麦の香りがほんのり甘く残るのを
ホップの苦味が引き締めていると思います。


何に合わせる?:
味もボディもしっかりしているので、とりあえずは間違いなく肉、でしょうか
…しかも重ためがいいですね
でもスパイシーな料理、というよりは正統派なステーキとか、そういった類の…

全体評価:★★★★+ (満点は★5つ)

とても美味しいです。上面発酵のビール(ケルシュなど)は
下面発酵のビール(普通のラガービールと思ってください)に慣れている人は
面食らう事が多いでしょうが、これだとそれはないですね!
上面発酵と下面発酵のイイとこ取りって感じですかね?先人の知恵に感服です



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
19:44  |  ビール・ドイツDE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kyounobeer.blog137.fc2.com/tb.php/92-d5f53b14

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |